So-net無料ブログ作成
検索選択
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

切削機 ブログトップ

ローランドMDX-15 [切削機]

今年もあと2週間~[あせあせ(飛び散る汗)]
今年中にキャストしたいワックスをまだ作ってます[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
間に合うかな~、イヤ、間に合うようにがんばらないと[手(グー)]

なので、ブログも画像多めで、サクッ、サクッとUPしていきます(^^)
今回はローランドMDX15のモーターを交換しました~[exclamation×2] のご紹介[手(パー)]
00.jpg
ステッピングモーターといって切削機のX、Y、Z軸の制御のためのモーターです。
なので、よく見る早く回転するモーターとは違います。
このモーターのおかげで0.03mmピッチでワックスに細かい柄を彫刻できるのです[手(グー)]
い、いつもお世話になっております、、、m(_ _)m

そして、なぜ交換したかというとギヤが磨耗したからです
02.jpg

よく分からないのでアップにして見てみると、、、[目]
01.jpg
ギヤの歯がペラペラになってるの分かりますか? すごーい!!と思いました。
あと、もっと早く交換しないと(><)

ちなみにかみ合うギヤはプラスチックでできているのに
真鍮とはいえ、金属がここまで磨り減ったのにちょっと感動[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

たぶん、ワックス切削で12年くらい使ってると思うので、リングのサンプル切削など
含めると5000本くらい(?)は削ってます。
その間、メーカーにはワイヤーのテンション確認で送った気がするけど、それ以外故障なし[exclamation×2]

ほんとにタフな機械です。 これで割引有りで本体価格が25万くらいだったと思うので
信じられないコストパフォーマンスなんです[手(チョキ)]
※ 今は生産中止です(><) さらに性能のUPしたタイプで販売されています。


そんな切削機くん、今日も元気に平面切削しております[手(グー)]
03.jpg

両面切削が終わったところ
04.jpg

外すとこんな感じに固定するための石膏がついています。
05.jpg

石膏を外すと、、、、 両面切削で刃が入らない箇所があるので、、、
06.jpg

そこを整えて、ワックス完成~[晴れ]  
07.jpg
オーダーメイドで製作している、パールのピンブローチのパーツになります[exclamation×2]

切削機は制約がいろいろあって、不便なところもありますが
維持費が安かったり、故障がなかったり、CADデータの作成が難しくなかったり
いい点もいっぱいあるんですよね(^^)

う~ん、切削機の良さをアピールしたいんだけど書き足りない[exclamation×2]
なので、今度は石枠のCADデータ作り、切削機でワックス切削、そして最後に石留めもして
最後の完成までご紹介しようと思います。 あっ、でもまだ先になります(^^;)

では製作にもどります~[ダッシュ(走り出すさま)]


アトリエエッグのホームページでは上の切削機を使って製作したオーダーメイドジュエリーを
一覧で見ることができます。 ぜひご覧ください。
        オーダーメイド ジュエリーの一覧へ|アトリエエッグ


MDX-15,20 両面加工の際の「穴あけ加工」設定の仕方  [切削機]

以前、「MDX-15、20の両面加工の仕方」 ← コチラで移動できます[ダッシュ(走り出すさま)]
というのをブログでアップしましたが、モデラープレイヤー4(MP4)の
「穴あけ加工」の設定の仕方を説明していませんでした。

なので、今回はその設定の仕方をご紹介しようと思います。
慣れれば簡単です [手(グー)]

と、その前に[手(パー)] 前回のブログはよく読まれています。。。[あせあせ(飛び散る汗)]
が、あくまでも参考、自己責任ということでお願いします。 m(_ _)m

それでは「穴あけ加工」の設定の仕方を☆
まずサンプルということで、下の画面のような「A」の立体を両面切削する場合で説明していきますね。
このAは表も裏も縁が凸になっているので両面加工が必要になります。

表側の「荒削り」、「仕上げ加工」のデータを順調に作成したとして、、、
そのあと「位置決めピン」のさす穴のために「穴あけ加工」のデータ作成です[exclamation×2]
両面加工の際の「穴あけ加工」設定

まず、矢印の部分をクリックして、全体の寸法をチェックします。
両面加工の際の「穴あけ加工」設定09

幅20mm、高さ30mm、厚み4mmなので、、、 
両面加工の際の「穴あけ加工」設定03

ミスが起きないようにこんな感じに紙に控えています。
両面加工の際の「穴あけ加工」設定04
僕は穴あけ加工を「本体のワックス」(Aを彫ってるワックス)と
「捨て板ワックス(下に敷いているワックス)」で別々に開けています。

理由は以前のブログ「両面加工の仕方」を見てください ← クリックすると移動[ダッシュ(走り出すさま)]
画像の右上「新規工程」ボタンをクリックして、「穴あけ」にチェックを入れます。
両面加工の際の「穴あけ加工」設定05

穴あけ加工では刃径3.0mm、刃長10mmのエンドミルを使用しているので、、、
「 3mm Drill 」を選択した後、「次へ」
両面加工の際の「穴あけ加工」設定06

「新規作成」ボタンをクリックすると数字が記入できるようになります。
両面加工の際の「穴あけ加工」設定07

穴の位置の考え方は下のような感じ、、、2箇所穴あけします。 手書きですいません[あせあせ(飛び散る汗)]
両面加工の際の「穴あけ加工」設定10
まずは一つ目の穴の位置を記入します。
・ X座標 : 横幅寸法20mmの半分、「10mm 」を記入。
・ Y座標 : 「 A 」から下に4mmの位置なので「-4mm」と記入
        (3mm径のドリルを使用する場合は4mm、経験から)
・ Z座標 : 「0 」のまま

・ 穴の深さに4.2mm。 「A 」の厚みに+0.2mm 記入。(+0.2mmも経験から)
両面加工の際の「穴あけ加工」設定08

一つ目の記入が終わったら、もう一度「新規作成」をクリックして、2つ目の穴の位置を記入。
両面加工の際の「穴あけ加工」設定11
これで後は「次へ」を連打すると、「穴あけ加工」の設定終了。
切削ボタンを押して、本体ワックスに貫通穴が2箇所開きます。
ココで本体ワックスを取っ払います。

2回に分けて、穴あけ加工をする理由は過去ブログ「MDX-15、20の両面加工の仕方
を見てください。  クリックすると移動できます[ダッシュ(走り出すさま)]

次に捨て板ワックス(下に敷いているワックス)にも穴を開けます。
両面加工の際の「穴あけ加工」設定12
「穴あけ1」をクリックするとその下に項目が表れます。

両面加工の際の「穴あけ加工」設定13
その中の「2箇所」をクリックすると上のように窓が開きます。

両面加工の際の「穴あけ加工」設定14
同じ位置に穴を開けるのでX、Y はそのまま。 Zには-4.2と記入。
本体ワックス(厚さ4mm)をとっぱらった状態なので-4.2mmから穴あけスタートします。

そして深さのところには5mmと記入。 経験から5mmとしています。
記入したら、2つ目の穴をクリック。 (「A 」の上のほうにある〇をクリック
両面加工の際の「穴あけ加工」設定15
一つ目の穴と同じように記入。
あとは「OK 」を押していけば、穴あけ加工の設定は終了です。

以前、「MDX-15、20の両面加工の仕方」 とあわせて見てもらえればと思います。

また、両面加工や回転切削などで製作したワックス画像集を載せています。
ジュエリー用のロストワックス画像  ← こちらをクリックすると移動します[ダッシュ(走り出すさま)]
その他、MDX-15の分解と修理!! なんかもあるので興味のある方はぜひ (^^)

ふぅ~、長い説明になりましたが、慣れると簡単です。
両面加工、挑戦してみてください[exclamation×2]


アトリエエッグ【京都】は結婚指輪や婚約指輪をアレンジやオーダーメイドで作っている工房です。
作り手さんが直接お客様の対応をするので、気になることがあればお気軽にお問い合わせください。


MDX-15,20 の両面加工の仕方(画像掲載) [切削機]

工房で使っている切削機はローランド製のMDX-15というマシンです。
メジャーな切削機ですが、両面加工の方法が画像多めで紹介されていません[あせあせ(飛び散る汗)]
なので、今回は両面加工の仕方を紹介しようと思います[exclamation×2]

ウチの両面加工の仕方はとてもアナログというか、ほんとに基本的なやり方です。
逆に言えば、MDX-15だけでなく、いろんな3D加工機で通じる方法だとも思います。
説明が長いですが[あせあせ(飛び散る汗)] 最後まで見て参考にしてもらえればと思います。[晴れ]

最初に出来上がりをUPしますね[手(パー)]
画像でも分かるようにかなり細かいジュエリーパーツになります。
MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 19
切削後にワックス修正など出来ないので、正確な両面加工が必要[exclamation×2]
説明のサンプルにはちょうど良いです (^^)

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 04
まずはCADで作ったデータをstlデータで保存してモデラープレイヤー4(MP4)で開きます。
MP4はエンドミル(ドリル)の動きを計算してくれるソフトです。

 
MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 05
今回は表側は5個の切削データを用意して、「仕上げ」切削は2回します。
エンドミルの刃径と刃長の関係で2回仕上げ加工をします。

エンドミルは①刃径1.0mm 刃長5.0mmで全体を「荒削り加工」と「仕上げ加工」して
次に②刃径0.5mm 刃長2.5mmで中央の爪と爪の間を部分的に「仕上げ加工」。

全体をエンドミル②刃径0.5mmで切削できればいいのですが、刃長が足りないので2回に分けました[あせあせ(飛び散る汗)]

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 01
材料出し~[exclamation×2] 今までの余りのワックスの中から使えそうな物を選んできて
「面だし」作業で必要な厚みのワックス作ります

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 02
「荒削り」、そして「仕上げ」の切削をしていきます。
ちょっと見てもらいたいのが両面テープの使い方[手(パー)]
センターラインを避けるように両面テープ2枚でワックスを固定しています。
理由は後で分かります (^^)

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 03
表側の切削完了~[exclamation×2]

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 06
位置決めのピンをさす穴を開けます。 エンドミルは刃径3.0mm 刃長10.0mm なので
使用するピンの太さも3.0mmの真鍮棒です。

僕は「穴あけ加工」は2回に分けてやります。 
一回目はワックスの厚み+0.2mmでワックスに貫通穴を開けます。  その後、、、
ワックスをとっぱらってから捨て板ワックスに同じ位置で5mmの深さで穴を開けます。

あと、ここで両面テープのセンター部分を避けた意味が出てきます。
エンドミルに両面テープが触れてしまうと粘着性のカスが刃に付いて穴の径が
大きくなってしまう可能性があるためです。

位置決めのピンをここにさしたときにスカスカで挿せるようではダメです[exclamation×2]

「穴あけ加工」の設定の仕方は別ページで説明しています
↑ コチラをクリックで移動できます。

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 07
ワックスをとっぱらって、捨て板ワックスに5mmの深さで穴を開けています。

なぜ、2回に分けて「穴あけ加工」をするかというと、、、
この切削機は深さ1mm彫るごとにエンドミルが上に上がって、
また下がってきて1mm深く掘るの繰り返しになります。

例えば今回の場合だとワックスの厚みが3.0mm+捨て板ワックスに深さ5mmの穴で
計8mmの深さの穴あけにあるので8回上下運動を繰り返します。

その間にワックスの貫通穴が少し広がるかも、、、かもです。(^^;)
でも、それほど手間も掛からないし、それなら2回に分けたほうがいいですよね (^^)

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 17
ワックスの中央で切削したつもりだけど、少し右側に寄ってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 08
石膏を流し込みながら、机の上でトントンぶつけて振動を与えます。
そうすると少し柔らかくなって、端まで流れてくれます。
あと、石膏の流し込む量も注意してください。 多すぎると後が大変です[あせあせ(飛び散る汗)]

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 09
表面が平らになるようにペーパーを掛けます。

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 11
両面テープを貼ります。 その際、さきに位置決めのピンを挿しておいて、
それを避けるように両面テープを貼っています。

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 24
お勧めの両面テープです[exclamation×2]
いろいろ試しましたが、これが適度に粘着力もあって、適度に剥がしやすい[手(パー)]

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 12
ワックスを差し込みます。 その際、向き(上下左右など)が正しいか、よく確認してください。

あと、、、、、
表側の「あら削り」 「仕上げ加工」に突入したら
VIEWボタン(一時停止ボタン)を押さないでほしいんです。

気のせいか、表と裏側の切削でズレがでやすくなるよな気がします。
そんなこと言ったら、ワックス外したり、ピン抜いたり、やりにくいじゃないか[爆弾]
と、思われますが、がんばって、工夫して[あせあせ(飛び散る汗)]
最初から最後までVIEWボタン押さずに両面加工です[パンチ]

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 13
ピンを抜く時は慎重に[exclamation×2]
ここでワックスの位置がずれると切削後のワックスも表側と裏側でずれてしまいます。
僕はワックスを手で押さえながら、ラジオペンチで慎重に抜いています[パンチ]

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 14
裏側切削[exclamation×2]

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 15
裏側切削完了[exclamation×2]
慎重に石膏を落としていきます。 ただ今、石膏の種類を調べ中。。。。
水に浸けたら、さくっと石膏が落ちてくれたらいいのですが (^^;)

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 16
完成~[exclamation×2]

MDX-15 (3D切削機) の両面加工の仕方 18
以前は右側のように柱をつけて固定していたのですが、切削時にワックスが微妙に震えるようです。
なので切削されたワックスに荒い刃の跡が残ったりしていました。
また柱をつけることで切削に制約が入ることが多くなってきたので石膏で固定することに。。。
手間は掛かりますがワックスの完成度からこの方法に変更しました。

前回のブログで両面切削や回転切削で仕上げたワックス画像集を載せています。
ジュエリー用のロストワックス画像  ← こちらをクリックすると移動します[ダッシュ(走り出すさま)]


※ アトリエエッグ【京都】は結婚指輪や婚約指輪をオーダーメイドで作っている工房です。
  ホームページでは過去に製作した結婚指輪やオーダージュエリーをたくさん載せている
  ので ぜひご覧ください☆ ⇒  京都西陣で製作する結婚指輪|アトリエ エッグ

MDX-15の分解と修理!! [切削機]

暖かいです~、京都は[晴れ]
なので、お昼は御所でまったりしようかと思っています (^^)

ただ、その前に、、、、
最近切削機の調子がイマイチなので、思い切ってMDX-15を分解して、
中の様子を見てみようかと、、、

イマイチというのは、、、
MDX-15 分解 修理 01
写真でいうと碁盤の目のような板が前後に移動して切削するのですが、
時々ガガガ、っといって動かなくなる時があるんです[あせあせ(飛び散る汗)]

たまにスピンドル(切削用のモーター部分)が左右に動かなくなる時もあったので
その場合はスピンドルを支える2本の支柱にグリスをつけると直りました。
(写真でいうと2本の支柱がむき出しなのがわかるでしょうか?)

ただ、碁盤の目の板を支えている支柱はmdx-15の本体下部の中にあるためグリスを
直接塗ることができません、、、、

なので、mdx-15を分解して中を見てみることに[目]
MDX-15 分解 修理 03
まずはドライバーを差し込んでいる箇所にあるネジ(×4)をはずして、、、、
スピンドルが宙吊りにならないように下のほうに移動させてあります

MDX-15 分解 修理 04
ご覧の通りワックスのカスが残っていました[たらーっ(汗)]

MDX-15 分解 修理 05
次にこの板を六角レンチではずして、、、

MDX-15 分解 修理 06
支柱が出てきました[exclamation×2]
触れてみるとまったく潤滑油らしきものはついていないです。

MDX-15 分解 修理 07
ここにグリスをつけてみました。
茶色の板は他の箇所にグリスがつかないように型紙を折り曲げたもの。

そして電源をOFFの状態で
MDX-15 分解 修理 08
碁盤の板を前後に動かすと滑らかに移動します。
その他、この碁盤の目の板を制御しているワイヤーもチェックしてみました[目]
うん、問題なさそうです、たぶん[あせあせ(飛び散る汗)] [あせあせ(飛び散る汗)]

そして、閉じて、反対側も、、、、 (この時もスピンドルが下のほうに移動させています。)
MDX-15 分解 修理 09
こちらはこんな感じ[あせあせ(飛び散る汗)]
制御版が邪魔で先ほどの板が外せない、、、

なので、、、
MDX-15 分解 修理 11
このネジと(×2)と
MDX-15 分解 修理 12
こちらのネジも(×2)も外して、、、

電源ON、OFF、UP、DOWN の制御板をはずすと
MDX-15 分解 修理 13
板が外せる状態に[晴れ]

※ 板を戻す際に向きが決まっています。 
写真の中央下側ネジの左側に凸ポッチがあります。
ココを本体の凹みにはめてからネジを閉めてください。
あ、それと下側のねじ3つを留めてから上側の3つをネジを締めたほうがいいです。

ココから写真をとり忘れました、、、 m(_ _)m

こちらも先ほど同様にグリスを塗りましたが、、、
中の構造を見てみるとこちらはグリスを塗る必要がないかな、と後で思いました (^^;)

ま、こんな感じにいじってみましたが、修理はローランドさんに持ち込んだほうがいいです[exclamation×2]
僕の場合は8年以上バリバリに仕事で使っているので、駄目もとでいいかな、、、
と思いながら分解してみました。

ここまでの内容を見ると完全に工作機のマニアックなブログですが
アトリエエッグは結婚指輪やオーダージュエリーを製作している工房です。
ぜひ、ホームページもご覧ください。
京都の結婚指輪の専門店 ← こちらから移動できます


そして、調子が戻った回転切削機(MDX-15を改造)で削ったワックスは、、、
唐草模様のリング ワックス
唐草模様のリング[exclamation×2]   細かい部分を彫刻刀で整えて神奈川へ発送[ダッシュ(走り出すさま)]
その他、今までに仕上げた ジュエリー用のロストワックス画像 なんかもご覧ください (^^)
                        ↑ クリックで移動 [ダッシュ(走り出すさま)]

と、いう今日はマニアックなネタですが、MDX-15の分解と修理のお話でした~[exclamation×2]


MDX-15,20 の両面加工の仕方  興味のある方はぜひご覧ください。
       ↑ クリックすると移動します[ダッシュ(走り出すさま)]


とてもたくさんの方が見てくれているようなので、、、[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
この分解はあくまでも自己責任でお願いします。
基本はローランドさんにお持込みください m(_ _)m




ジュエリー リフォームから、婚約指輪、結婚指輪までオーダーメイドの専門店
<< アトリエ エッグ >>
〒602-8452 京都市上京区元中之町500 宮崎屋ビル M号室


アトリエエッグではオーダージュエリー、結婚指輪を京都、大阪、滋賀、奈良近郊の
お客様はもちろん遠方の方もWEBでご注文を受けています。


切削機 ブログトップ