So-net無料ブログ作成
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

オーダーメイド ブログトップ
前の10件 | 次の10件

アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) [オーダーメイド]

12月も中旬になってきました~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
何とか今年中に仕上げたいジュエリーがいくつかあるので、製作に奮闘中、、、
ま、間に合うかな、、、(^^;)


さて、今回のご紹介はオーダーメイドで製作したアンティーク調の結婚指輪[exclamation×2]
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 01
メンズをイエローゴールド、レディスをピンクゴールドで製作しました。
お客さまのほうよりご希望のデザインサンプル画を頂いて、リングという限られた
スペースに彫刻できるようにアレンジを加えてあります。

その頂いたアンティーク調のデザイン画より、最初にご提案したのがコチラ、、、
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 02
唐草柄と紋章が連続しているデザインでした

そこから紋章のほうを選ばれて、紋章と紋章の間の唐草柄を修正して、再びご提案[exclamation×2]
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 03

アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 04
お客様のOKがいただけました~[晴れ]
ベースのデザインが決まるとひと安心(^^)
ここからは実際にワックスを作って、デザイン修正しながら細かい箇所を詰めていきます。

ちょっと見てもらいたいのが、CAD画像の唐草[exclamation×2]
太くて、ぼってり、した感じがありませんか?
完成品の指輪の唐草柄は悪くないバランスですよね (自分で言うな[あせあせ(飛び散る汗)]
大きなCAD画像で見てると、実際の大きさや仕上げによる研磨で
雰囲気が変わってくることがあるんです[手(パー)]

ワックスを何個も作って見比べてるのは、デザイン確認だけでなく、
そんなことも見極めるためでもあるんです(^^)

それでも分からない時は、、、 素材の安価なシルバーで製作しています[あせあせ(飛び散る汗)]
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 13
今回の指輪は柄が一周入っているため、後々サイズ確認ができません[手(パー)]
なので、デザイン確認と正確なサイズ出しのためにサンプルを作製しました[exclamation×2]


そんな修正を繰り返して最終的に仕上がった、本番用のワックスです。
唐草柄が見難い、、、(^^;)
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 05
細かい箇所は切削機では柄が入らないので、彫金工具や彫刻刀で柄を作ります。

オレンジ色のワックスなのでキャストが綺麗にいくか心配だったけど、、、
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 06
綺麗に流れてました~[晴れ]  ここまで来るとひと安心です(^^)

キャスト肌はこんな感じなんです。
これを研磨するとキラキラするとは、、、見えないでしょ[目]

さぁ~、仕上げ、仕上げ、ということで表面を研磨して、、、、
以前、ご紹介した ↓ こんな彫金工具でミルを抑えて、まん丸なミル打ちを入れていきます。
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 07

先端をドUPにすると、、、
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 08
これで一個一個、ミルを抑えていきます[手(グー)]


そして、仕上がりました~[晴れ]
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 09
ウン、こうやって見ると唐草、いい感じにまとめられたと思います[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
 ・・・自画自賛モード中・・・(^^;)  

アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 10
ミル打ちのとなりの凸ラインがいい感じなんです[るんるん]
あっ、これはお客様にもミル打ちと凸ラインはそのまま使いたい、
と言われたりするんですよ(^^)

アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 11
このカットが一番ミルの丸みが分かるかなぁ、、、[目]

アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 12

今回のお客様は大阪在住の方からでした。
メールとワックス、そしてシルバーサンプルのやり取りで仕上げていきました。
エッグでは近郊の大阪や滋賀だけでなく、関東からのご注文を数多く対応しています。
何か気になることがあれば、お気軽のでお問い合わせください(^^)

それでは製作に戻ります~[あせあせ(飛び散る汗)]







アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 [オーダーメイド]

さ、さむい・・・(><)
突然寒くなってきました、京都~[雪]
工房内は加湿器全開[手(グー)] 風邪なんて絶対ひけませんから[手(パー)]

さて、アンティーク調の結婚指輪、仕上がりました~[exclamation×2]
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪
エッグでは人気の唐草柄がリング一周に途切れることなく入っています[パンチ]

唐草って、デザイン的にも好きですが、、、、
蔓草(つるくさ)の生命力の強さから、「繁栄・長寿」といった縁起の良い柄なので
ずっと身につける結婚指輪にはぴったりな文様なんです[exclamation×2]

今回のお客様は過去に製作した、こちらのアンティーク調の結婚指輪を、、、
アンティーク調の結婚指輪
気に入られてのご注文だったので、ミル打ちとその横の凸のストレートラインは残して
中央の柄のデザインご提案し製作していきました[exclamation×2]

工房でサンプルリングを見ながら、お話をさせていただき3パターンをご提案[晴れ]
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 01
兵庫県からのご来店だったので、デザイン確認はメールでやりとりしました。
中央のデザインを選択されたので、ここからは仮ワックスを製作しながら
細かい部分を詰めていきます[手(グー)]

最終的なデザインも ↓ で決定して、、、
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 02
CAD上では表現できても、切削機では細かすぎて表現できない部分もあります。
そこは手で彫金工具を使って修正していきます[あせあせ(飛び散る汗)]

アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 10
シルバーサンプル製作して最終的なデザインとサイズ確認しました。
この指輪は柄がリング一周入ってるため、あとでサイズ調整ができないので
正確なサイズを出す必要がありました[exclamation×2]


サンプルでOKが出たら、本番用のワックス製作[ダッシュ(走り出すさま)] 
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 03
今回のお客様はお急ぎでした~[あせあせ(飛び散る汗)]  もう止まりません、ドンドン進みます[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]


キャストも綺麗に上がってきたので、ひと安心(^^)
キャスト上がりはこんな感じに表面ザラザラしてるんです[目]
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 04
そして、一気に仕上げです[パンチ]

完成~[晴れ]
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 05
ミルはまん丸、ぷっくりで仕上ています(^^) 

アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 07
唐草柄はリング一周途切れなく繋がっているので、、、、
一部分だけ柄がぴったり合うように修正してあります。  もちろん、分からないように[手(パー)]

アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 08
この結婚指輪は時が経つにつれて徐々に黄土色になっていくので
ヴィンテージ感もまた出てくると思います(^^)

また、この結婚指輪はアンティーク調の柄がリング一周に入っているため
サイズ直しができません[手(パー)] 体系維持をがんばってもらう指輪でもありますm(_ _)m


最後は、、、 作ったワックスやシルバーサンプルです[あせあせ(飛び散る汗)]
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 09
エッグではワックスやシルバーサンプルの間はデザイン修正が可能です[パンチ]
僕自身もCAD画像で判断できない時はどんどんワックスにして見比べて
デザインを絞り込んでいきます。

さぁ、製作に戻ります[ダッシュ(走り出すさま)] イヤリングのデザインしないと[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]











ハーフエタニティの結婚指輪(ミル打ち) [オーダーメイド]

今回はオーダーメイドで製作した、、、、
ハーフエタニティの結婚指輪(ミル打ち)のご紹介[exclamation×2]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ)
ダイヤの形が見難いですが、ラウンドのダイヤを彫り留めで留めてあります。

ミル打ちはぷっくり、まん丸で仕上げて、、、
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 09
メンズはダイヤの留まってる面とミル打ちの間につや消しのラインを作っています。
なのでダイヤとミル打ちが光っていて、その間につや消しラインがあるという感じです。
グレー色(つや消し)のラインが落ち着いた感じにさせてメンズにはいい感じでした (^^)

シンプルなハーフエテニティですが、細かい点でいろいろ確認しながら製作していきました
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 02
正面のデザインはほぼ決まっていたので、細かい部分での詰めるための画像です
A、B、どちらがお好みか確認しました。 Bを好まれる方が多いと思うのですが、
CADで追うと厚みが意外に薄い、、、、 
ミル打ちがあるのでパッと見は厚みがあるように見えるんです[目]
今回はAをお勧めし、Aで製作することに[exclamation×2]

そしてメンズは幅違い、2種類のハーフエテニティをご提案[晴れ]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 04
もうほとんど同じ見えますが、Aはミル打ちとダイヤの留まる面の間に
つや消しのラインを入れるため、一段落ちた面があります。

大きめのダイヤを彫り留めで留めていくので、リングの厚みも2mm、、、、
リング幅も5mm近くいくので、重さがちょっと心配でした[あせあせ(飛び散る汗)]

お客さまとのデザインの詰めをして、ワックス製作、そしてキャスト上がりです~[exclamation×2]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 03
欠損もなく綺麗にプラチナが流れていました~[晴れ] ホッとします(^^)

サンドブラストを当てて、つや消しのラインを作り、その後はテーピング。
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 05
磨きの研磨材が当たって、光らないようにするためです[ぴかぴか(新しい)]

リングを固定して、、、、
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 06

玉グリという ↓ 彫金工具でミルを抑えて光らせます。
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 11

先端はこんな感じ[目]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 12
こいつでグルグリとミルを抑えて、均一の丸みにして、磨いていきます[手(グー)]

そして研磨~[ぴかぴか(新しい)] ひたすら研磨して面を綺麗にします[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 07

レディスも綺麗に仕上げていきます。 面に丸みが付かないように研磨です[手(グー)]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 08
ここからは彫り留めの職人さんにお願いして、ダイヤを留めてもらいます。

そしてハーフエテニティの結婚指輪、完成~[晴れ]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 09
玉グリで抑えたミル打ちが均一でぷっくりしてる感じが分かると思います(^^)

ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 10
最初と同じ画像ですが、話の流れ上、、、必要なので[あせあせ(飛び散る汗)]

両端にミル打ちがしてあるため、こちらの指輪はサイズ直しが厳しいです。
なので、サイズ合わせの際はシルバーでサンプルリングを作成してサイズ確認と
付け心地等の確認して製作していきました[手(グー)]

そして、前撮りの日程にもギリギリ間にあって無事納品~[晴れ] 
今月はお急ぎの結婚指輪が続きますが、、、 がんばって製作していきます[手(グー)]

それでは製作に戻ります[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]



和風の結婚指輪(梅、千鳥) [オーダーメイド]

少しづつ朝晩が涼しくなってきて、気持ちのいい季節になってきました(^^)/
工房の窓を開けながら製作できるので、

オーダーメイドの和風の結婚指輪(梅、千鳥)が仕上がりました~[晴れ]
和風の結婚指輪(梅、千鳥)
最初に完成品をUPです[exclamation×2]


以前、エッグで製作した和風の結婚指輪(鶴、松)を気に入られてご注文でした。
和風の結婚指輪(鶴、松)
な、なつかしい~、、、神奈川在住のお客様からのご注文でした(^^)

ということで、今回は梅と千鳥を使って、和風の柄をデザイン展開[手(パー)]
和風の結婚指輪(梅、千鳥)01
青色の部分が一段落ちた凹み部分になります。
上のデザインをベースにワックスを何個か製作して、デザインを絞り込みうとしたのですが
ワックスでは僕自身もどれがオススメか判断できませんでした、、、

柄の彫刻するリングは上のデザインでいうと青色と白色のバランスが大事なのですが
これがワックスでは判断しにくくて[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

なので、シルバーサンプルを製作しました[手(グー)]
和風の結婚指輪(梅、千鳥)07
僕の中では一番右端がよいと判断。 お客様にもこのシルバーサンプルを見てもらい
最終版デザインに決定~[exclamation×2]  一番作り難いですぐが[たらーっ(汗)]

上のデザインに比べて最終版は青色(凹み部分)の割合が多くなっています。
シルバーサンプルで気になる箇所があったので、その部分を修正して
和風の結婚指輪(梅、千鳥)02
最終デザインも完成~[晴れ]  梅の中のめしべが大きい感じもしますが
キャストのことを考慮して大きめにしています。
小さすぎるとキャスト不良が心配なので、、、
大きい分にはキャスト後に削ればいいという考え方です[手(パー)]

キャスト上がり~[exclamation×2]
和風の結婚指輪(梅、千鳥)08
一部欠損もありましたが、新型の機器、アーク溶接機でピンポイントで穴を埋めました。
いきなりアーク溶接機も活躍しております(^^)/

仕上げ途中、、、
和風の結婚指輪(梅、千鳥)09


そして完成~[晴れ]
和風の結婚指輪(梅、千鳥)03

こだわったのは梅の中の おしべ と めしべ です。 大きすぎるとボテッとした雰囲気になるし
和風の結婚指輪(梅、千鳥)04
小さすぎると強度的に不安になるし、、、とバランスをみながら製作しました。

メンズの両端は磨き。 つや消しと磨きライン、、、 コントラストがあって好きなデザイン[るんるん]
和風の結婚指輪(梅、千鳥)05

最後はまた同じ画像[exclamation×2]  これが一番好きなカットなので(^^)
和風の結婚指輪(梅、千鳥)06
Aさま、Sさま、この度はおめでとうございます[ぴかぴか(新しい)]
お二人の末永いお幸せをお祈りしております。
指輪の千鳥くんのような仲良しな ご家庭を作ってくださいね[晴れ]

ホームページでは今までに製作した結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーを
たくさんご紹介しています。 よければそちらもご覧ください(^^)
    オーダーメイドで作る結婚指輪 一覧へ

さぁ~、製作に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)]





マーキスカット ピンクダイヤの婚約指輪 [オーダーメイド]

今回のお客さま、なんと北海道から来られました~[exclamation×2]
お姉さまの結婚式が関西であるということで、その際にエッグに寄られて
オーダーメイドで婚約指輪を製作することに[手(パー)]

お手持ちのマーキスカットのピンクダイヤを使ってほしいとのご依頼。
マーキスカット ピンクダイヤの婚約指輪01
こちらが持ち込まれたダイヤ[ぴかぴか(新しい)]  大きさは0.147ct  縦4.3mm 横2.7mmです。

小さなメレダイヤを取り巻きで使って、正面のボリューム感をつけるというご提案もしましたが、
一粒ダイヤでシンプルなデザインがよいということでこちらのデザインに決定[exclamation×2]
マーキスカット ピンクダイヤの婚約指輪04
丸いダイヤに比べマーキスカットのダイヤは石座をキチンとフィットするように製作
する必要があるので手間がかかります[あせあせ(飛び散る汗)]

ワックスが完成したら北海道にお送りして、形状の確認をしてもらいました。
そして、、、 OK [exclamation×2] が頂けたので、本番の製作に突入です[手(グー)]

仕上がり~[晴れ]
マーキスカット ピンクダイヤの婚約指輪02
ピンクダイヤが少しでも目立つように腕は極力細く、また石枠もダイヤより
少し大きめにして正面のポイントが大きく見えるようにしました。

またピンクダイヤを留める爪もぷっくり大きめにしてみました。
デザイン的にそのほうが可愛らしく見えると思ったので[exclamation×2]

マーキスカット ピンクダイヤの婚約指輪03
腕の幅が細い分、厚みをつけて補強してあります。 また腕も綺麗なラインが
出るように気を付けながら仕上げました[ぴかぴか(新しい)]

T さま この度は遠方からのご注文ありがとうございました~[晴れ]
京都に旅行で来る際には、また工房にも寄ってくださいね(^^)
そして、お二人の末永い幸せを心よりお祈りいたしております。

さぁ~、7月も最終日[exclamation×2] 今日は製作、製作、がんばらないと[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]



無くしたイヤリングを再製作(パール付) [オーダーメイド]

御祖母様から譲ってもらったイヤリングを片方なくされた、ということで
オーダーメイドで無くしたイヤリングを再製作(パール付)しました。 
無くしたイヤリングを再製作 オーダーメイド01
↑こちらのイヤリングと同じものを製作します[手(グー)]

こういった同じものを製作するって、けっこう大変なんです[あせあせ(飛び散る汗)]
同じような色合いのパールを探したり、金具もおそらく50年くらい前の物なので
同じ型のものがあるのかが心配でしたが、、、、 ありませんでした[たらーっ(汗)]

ということで、金具が決まらないと仕事自体請けられないので、、、
同じ金具ではありませんが、近い形状のものをご提案しました。
それがOKだったので、製作開始[exclamation×2]

ぶら下がるパーツですが、2個に分けて製作して、、、、
無くしたイヤリングを再製作 オーダーメイド02

組み合わせます[exclamation×2]
無くしたイヤリングを再製作 オーダーメイド03
かなりシャープ感がありますが、見本に合わせて後で角を丸めていきます。

ロー付け(溶接)~[晴れ]
無くしたイヤリングを再製作 オーダーメイド04
いい感じにできました(^^) 
最後に磨き[exclamation×2] もう片方に合わせるように角を落として丸みを少しつけました。

左が今回オーダーメイドで製作したイヤリング、右が御祖母様のイヤリングです[目]
無くしたイヤリングを再製作 オーダーメイド05
見本のイヤリングをもう一度磨き直そうかと思いましたが、凹みが多すぎて断念。。。
なので、新品の10Kゴールドと時間が経った10Kとでは微妙に色が違います。

また丸管が付いたイヤリングの金具がなかったため、ロー付けして付けましたが、、、
金具に炎を当てたことがなかったので、ちょっと焦りました[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

正面から見ると[目]  (左が今回製作したイヤリング、右が御祖母様のイヤリング)
無くしたイヤリングを再製作 オーダーメイド06
無事納品も済み、喜んでもらえてよかったです~[晴れ]
そして大変お待たせして(半年以上)、すいませんでした m(_ _)m
Tさま、また何かありましたら よろしくお願い致します。

という感じに想い入れのイヤリング、片方無くされてオーダーメイドで作り直す[exclamation×2]
というのはいかかがでしょう、、、 お気軽にお問い合わせしてください(^^)

さぁ~、これから納品、工房を掃除してお迎えモードの工房にします~[ダッシュ(走り出すさま)]



槌目風 ダイヤ付き結婚指輪 [オーダーメイド]

今回のご紹介はオーダーメイドで製作した槌目風 ダイヤ付き結婚指輪です[晴れ]
槌目風 ダイヤ付き結婚指輪

エッグの【NO.23 】凹凸柄の結婚指輪を気に入られて、これをアレンジして製作しました[ひらめき]
※ ↑ 青色の文字部分から リングの詳細ページに移動できます。
槌目風 ダイヤ付き結婚指輪02


メンズはリング幅4.5mmにアップ、レディスは見た目はシンプルなレール留めの指輪ですが、、、
槌目風 ダイヤ付き結婚指輪03

でも、レディスの裏側は槌目風の凹凸柄が入れてあり、メンズと合わせています。
槌目風 ダイヤ付き結婚指輪04
画像だとちょっと分かりにくいですけど[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

最初にワックスを製作した時に比べるとだいぶデザインの修正が入っています。
槌目風 ダイヤ付き結婚指輪05
やはり、大きめのCAD画像では分かりづらい所も実寸のワックスだと好みと違う箇所が
見えてくるのかなぁ、と思います。 今回はリング幅が彼女さまのイメージと違ったようで
出来るだけ細くしてほしい とのことでした。 
なので、強度面を考えるとリング幅2mmはほしかったので、最終的には2.3mmで製作。

エッグではオリジナルの結婚指輪にちょっとしたアレンジから、大きく変更(オーダーメイド)
も可能です。 小さい工房の強みを生かしてこれからも製作していこうと思います[手(グー)]



思いを込めたメンズリング(シルバー) [オーダーメイド]

今回はご自分の会社のロゴや思いを込めたメンズリングをご紹介[exclamation×2]  まずは完成品を[晴れ]
思いを込めたメンズリング01
デザインはお客様よりいただいた案をコチラでバランスよく配置していきました。

CAD画像で何度も修正をして、確認を取っていきます(^^)
思いを込めたメンズリング CAD画像

CADでデータを作っても、実物の大きさで見ると印象が変わります[目]
思いを込めたメンズリング07
なので、正面のみ何度も切削機で削りだしては修正、修正、、、[あせあせ(飛び散る汗)]

正面の柄が決まったら、全体のワックス製作。
思いを込めたメンズリング05
今回のお客様は群馬よりのご注文だったので、仮ワックスをお送りして形状確認です。
そして腕の厚みと幅を落としてほしい、とのご依頼だったので対応していきました。

キャストあがり[るんるん]  こんな感じに真っ白なつや消しで上がってきます[目]
思いを込めたメンズリング06
正面の柄の部分に燻しのテクスチャーを入れずに仕上げていきました。
なので、凹み部分は白い状態になります。

そして、他の分は研磨をして、完成~[晴れ]
思いを込めたメンズリング02
いつもは燻して白と黒のコントラストですが、感じが違います(^^)

思いを込めたメンズリング03
お客様のご希望より、腕の幅と厚みをいつものタイプより落として製作してあります。
オーダーメイドで製作するので、そういったことにも対応できます。

思いを込めたメンズリング04
面ムラできないように研磨して、仕上げていきました[手(グー)]

群馬からのご注文ということで、サイズ確認や形状確認のために何度も郵送をして
製作を進めていきました。  完成までに時間は掛かってしまいますが、お客さまの
ご希望のイメージに出来るだけ対応していきたいと思っています。

さて、今月も もうおしまい。。。。 今年の前半戦が今週でお仕舞いです[あせあせ(飛び散る汗)]
がんばって、お店からのご注文分を仕上げていきます[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]


シンプルなダイヤの高さを抑えたエンゲージ [オーダーメイド]

今回のご紹介はオーダーメイドで製作したシンプルなエンゲージです[晴れ]
一見するとオーダーメイドで作る必要が無いんじゃないかと思われますが、、、
前回ブログの結婚指輪とセットになるように製作してあります[手(パー)]
シンプルなダイヤの高さを抑えたエンゲージ01
王道的なデザインの婚約指輪なので流行などに左右されず、永くご使用できると思います。

いい感じに撮れたので、この画像も使っちゃいます(^^)
シンプルなダイヤの高さを抑えたエンゲージ02

結婚指輪とセットにするとこんな感じ[るんるん] ダイヤの大きさは0.318ct(4.5mm)
シンプルなダイヤの高さを抑えたエンゲージ03

ウチで製作する婚約指輪は高さを抑えてほしい、というお客様が多いです[exclamation×2]
シンプルなダイヤの高さを抑えたエンゲージ04
最近は石枠を高くして、そこに特徴的なデザインを加えるものが多いので
ウチはその流れに逆になってるかもしれませんね(^^;)

最後は石留め。 UPで見てもらうとしっかり留めてるのは分かってもらえると思います[目]
シンプルなダイヤの高さを抑えたエンゲージ05
爪の位置、大きさを同じなるように留めてあります。 また爪の厚みもしっかりとしています[手(グー)]

そして、今回は石留めに時間が掛かりました~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
でも、デザインが決まった時からこの爪の形状で留めたい、と考えていたので納得のデキです[パンチ]
実際には小さくてほとんど分からないんですけどね、、、 (^^;)

エッグでは定番的なデザインの指輪でも、あと少しこうしたい、などの細かいご希望にも
対応していくことができます。 気になることがあれば お気軽にお問い合わせください[晴れ]

また、今回のお客様はお姉さまご夫婦がエッグのオーダーメイドで結婚指輪を製作致しました。
エッグは広告等をうてない小さな工房です。 なので、こういった繋がりを大切にし、これからも
ご注文いただけるように製作していきたいです[手(グー)]  

さぁ~、製作、製作[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]




エンゲージとセットになる結婚指輪 [オーダーメイド]

オーダーメイドで製作したエンゲージとセットになる結婚指輪のご紹介です[晴れ]
一緒に製作したエンゲージとセットになるように製作してあります。

デザインはほぼお客さまのほうで決めていたので、、、、
エンゲージとセットになる結婚指輪
なので、エッグではエンゲージとセットになるように形状を詰めるのと
正面を絞ったデザインなので強度を保てるように他の箇所をどうするか
を検討しながら製作していきました[パンチ]

エンゲージとセットになる結婚指輪02
レディスはダイヤとダイヤが離れていると間が空いた印象になってしまうので
できるだけダイヤ同士を近づけ、ダイヤを敷き詰めるようなイメージで製作しました。
なので、一度サイズ確認用にシルバーサンプルを作って、正確なダイヤの大きさを
出してから本番のプラチナで製作[手(グー)]  ダイヤは共有爪で留めています。

エンゲージとセットになる結婚指輪03
メンズは仕上げがやり難かったです。。。[雨]
甲丸状凸部分がジャマで磨きにくい、、、 でも平らに綺麗に磨かかないといけない[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
スコープで見ながら凸部分に工具が当たらないように磨いていきました。


最後はエンゲージとセットにした状態[exclamation×2]
エンゲージとセットになる結婚指輪04
エンゲージは次回ご紹介します[るんるん]
ブログネタは大事にひっぱらないと[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
文章を書くというのはいろいろ大変なんです(><)

では、仕事に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)]


前の10件 | 次の10件 オーダーメイド ブログトップ