So-net無料ブログ作成
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

細かい部分を切削する刃(最研磨) [道具]

梅雨もあけましたね~[晴れ] 夏本番です[exclamation×2]
学生さんはもう夏休みなのか、通勤時も道に人が少なくなります。
そんなことでも夏を感じます(^^)

今回ご紹介は、、、 工具です[手(パー)]
03.jpg
切削機で使う刃で再研磨をして東京から戻ってきました[ダッシュ(走り出すさま)]

どんな形状かというと、、、
05.jpg
こんな感じに尖っていて、細かい柄なんかを彫刻する際に使います。
これを機械にセッティングして高速回転でワックスを切削していくんです[exclamation×2]

刃先は0.1mmということですが、、、 実際に切削すると結構太い線になったりします[あせあせ(飛び散る汗)]
まぁ、刃の形状を見ると分かりますが、だんだん太くなってますから、、、(^^;)
なので、細かい部分は顕微鏡で見ながら、手で柄を彫刻していきます[手(グー)]

シャンク径は4mmで、最研磨は1900円[exclamation×2]
新品で購入すると6000円(税込み)くらいだったと思います。
今回は5本再研磨したので、これで2~3年は大丈夫かな(^^)

ちなみにこの刃は購入も再研磨も下の会社でできます。
株式会社 シノダ   http://www.shinoda-es.com/
最近はジュエリーとは関係のない方からも切削機のお問い合わせメールを
頂くので、ご紹介しますね


最後はこの刃を使って切削&手で彫刻したワックスをご紹介[るんるん]
ミル打ちの柄を入れた結婚指輪
ミル打ちの柄を入れた結婚指輪

鴨川を表現したペンダント  空いたスペースに亀くんが入ります(^^)
鴨川を表現したペンダント

シンプルなカレッジリング
カレッジリング
という感じのものが彫刻できる刃です[exclamation×2] 青字に部分をクリックすると完成品が見れます。

さぁ~、製作に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)] よい週末を~[晴れ]



アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介です [道具]

さぁ~、今回はアーク溶接機(PUK05)の性能面のご紹介です[るんるん]
えっと、、、別に営業ブログでもないので、個人的にコレはできるの?
みたいなことを試してながらデータ取り、そしてブログにしてみました[exclamation×2]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介
文章少なめ、画像多めでご紹介です。 参考にしてもらえればと思います(^^)
今日のブログは長いです、ハイ[たらーっ(汗)]

ということで、キャストしちゃいました[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)] リング幅6.8mm 厚み1.75mm
カルティエのラブリングの一回り大きめを意識して製作した指輪です。
平打ちリングはリング幅や厚みムラが分かりやすいので、練習には最適だと思いました。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介01
ピンクゴールドとホワイトゴールド平打ちリングです[手(グー)]
素材の選択理由は個人的に扱いにくいイメージがあるので、、、それだけの理由です(^^;)

ザックリ、仕上げてあります。  これ以上研磨して磨り減るのがもったいないので[手(パー)]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介03

まずはピンクゴールドから[exclamation×2] 角を落として、そこを盛ってみます。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介04

盛ってみる材料は、、、 ローラで薄くしたピンクゴールドの板です。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介05

アーク溶接機(PUK05)の電源入れるとライトがついて明るくなります。 
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介06
あと、この場所自体が窓に近いので明るくやりやすい場所なんです。
ストレスなく、やりやすい場所、やりやすい姿勢で作業するって大事ですよね[晴れ]

リングをコード付クリップで掴みます。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介07

んで、コードの行き先は、、、 画像の本体左側に差し込みます。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介08
銀色のコネクターを差し込んでるコードはアルゴンガスやら電極への電線が通ってます。
す、すごい[目]

話を戻して、盛ってみました[手(グー)]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介09

別角度から[目]  3箇所盛ってみました。 一番左は角を削ったところ
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介10
真ん中は角があった箇所ですが、少しだけ盛れるかのチェック。
さらに一番右端はもっとちょっとだけ盛ったところです。

もった箇所の両隣の角がほとんど丸まっていないのが分かりますかね?
このデータ取りをしたかったです。(^^)/
角を盛ったいいけど、その周りの角を溶かして丸めていたら作業の意味がないので[あせあせ(飛び散る汗)]

盛った箇所を軽く削ってから、、、 こちらの先端工具の登場~[exclamation×2]
甲府の彫金工具屋さん 野沢製作所というところで購入
http://www.nozawass.com/item/F9-28/
僕はSTP-20:超硬部の直径が2mm というのを購入しましたが、
STP-15:超硬部の直径が1.5mmのほうを買い直すか検討中です(ToT)
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介11
盛った地金って、スが多いんです[あせあせ(飛び散る汗)]
盛った箇所を板バフかけてルーペで見ると大きめの巣がはっきり見えます。
なので、この工具でバチバチに地金を締めて巣を押し潰すイメージです[手(グー)]

板バフで仕上げていきます。 常に巣がないかルーペーでチェックしてます[目]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介12
ふくらみの残ってる時に巣が見つかるなら、上の先端工具で潰していけるので[手(パー)]

ちょっと角がでない場所もあるので、もう一度盛ります[ダッシュ(走り出すさま)]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介13

最終的な仕上がり~[晴れ] スはルーペで確認してもほとんどない状態でした。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介14
画像でいうと角に黒い点っぽい箇所が直したところです、 少し角が落ちてますが
面取りする工程でなくなるほどだったので、これ以上追いません。


続いては、、、 小さなスだけど、ちょっとだけ盛りたい。 のデータ取り。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介15
一番真上の白い点を盛ります。

一度、スを埋めてから盛りたいので、弱い出力で打ち込んで凹んだ箇所を盛ってみました。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介16
蚊に吸われた跡みたいに少し膨らんでる感じに盛れました
蚊は嫌いだけど、地金でこの盛り方は好きです。 あとの工程がしやすそうです(^^)

こちらも先端工具で締めた後、研磨するとスは出ませんでした。
その際当てる必要の無い箇所まで先端工具は当ててしまい、凹ませて
しまったので、そこが今後の課題です[あせあせ(飛び散る汗)]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介17

最後は大き目の穴を開けてみました。
入り口より中で空洞が広がってる感じにしてみました、湯口跡の空洞のように[手(パー)]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介18

何発か出力を上げながら打ち込んでいくと突然穴が埋まりました。
画像では分かりにくいですが、打ち込んだ箇所は凹んでます。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介19
その後も同じ箇所を打ち込みましたが、破裂等の症状はでませんでした。
破裂というのは、何回か同じ箇所を打ち込んでるときにパンッって穴が開くときが
あるんです[雨][雨][雨]

そして、ピンクゴールドを盛ります。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介20
ポンポン進んでますが、けっこう時間が掛かります。
思ったように上手く盛れないんですよね(><)

地金を締めて、ヤスリを掛けるのではなく板バフを掛けてみました。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介21
巣が見えないと思います。 先端工具かける前の巣が出る状態も撮ればよかった[あせあせ(飛び散る汗)]

整えていくと、凹みがあるのでもう一度盛りました。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介22

そして、整えた後に研磨した状態[目] 顕微鏡で見ると小さなスはありますが、、、
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介23
肉眼ではほぼ分からない状態だと思います。

ふぅ~、疲れた~、ブログ長すぎました[あせあせ(飛び散る汗)] 今日はここまで[手(パー)]
次はピンクゴールドのサイズ延ばしなどをやってみます[手(グー)]




アーク溶接機(Puk05) [道具]

ほんとうに久しぶりの更新になります[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
製作が忙しすぎて、ブログ更新ができませんでした~[exclamation×2]
[手(パー)] 言いたいところですが、その逆でちょっと製作少なめでした[たらーっ(汗)]

ただ、やることはたくさん溜まっていたのでそちらに全力投球[パンチ]
そんな中、きました~(^^)/ アーク溶接機[exclamation×2]
アーク溶接機(Puk05)01
ちょっと意外[exclamation&question] 一個のダンボールで来ました。

さぁ~、配置ですが、、、、 場所がないのでとりあえずココに、、、、
アーク溶接機(Puk05)02
使用するときだけ、引っ張り出してくればいいかなぁ、と思っていたのですが、、、、
ムリです[爆弾] アルゴンガスのボンベが重くて[あせあせ(飛び散る汗)]


といって、置く場所が、、、、 と見回してみると


おっ、キミ暇そうだね(☆Д☆)キラリーン♪  使うのプリンターだけだし(^^)
アーク溶接機(Puk05)03

さっそく ノコギリで切ってしまいます[exclamation×2]
アーク溶接機(Puk05)04

上にのせる板もカット[exclamation×2]
アーク溶接機(Puk05)05

あっさり完成~[晴れ]  プリンター君にはのけてもらいました、ゴメン[たらーっ(汗)]
アーク溶接機(Puk05)06

専門のスコープもゴムバンドで固定。 倒れません、落ちません[パンチ]
アーク溶接機(Puk05)07
もちろん、移動式の棚も固定してあるので地震がきても倒れません[パンチ][パンチ]

以前、製作したこの移動式棚がとても役に立ってて
狭いところでは有効だなぁ、と思ってました[ひらめき] なので、今回も同じ方法を採用~[晴れ]
アーク溶接機(Puk05)08
小さな工房なので、限られたスペースでやりくりしないといけません。
必要な時に必要なものを引っ張りだしてくる。 今後は移動式棚が増えると思います(^^)

話を戻して、、、 地金製作に突入すると引っ張り出してきます。
アーク溶接機(Puk05)09
写ってるゴムバンドで、机に移動式棚を固定。

そしてスコープのみ机に移動[ダッシュ(走り出すさま)] あとはコンセントをさしてガスの根元を開ければ
アーク溶接機(Puk05)10
溶接機が使用可能に[exclamation×2] う~ん、コレはいい(自画自賛モード突入中・・・)
接客の時にはまた元の場所に帰ってもらえるし。。。

実は最初に溶接機のテストをしていた際、この机の上がやりやすかったんです。
なので、この場所でやるために移動式棚を採用したのが理由でもあるんです、ハイ(^^)

って、こんなことより新型のアーク溶接機(Puk05)の性能を知りたいですよね[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
こちらも良い面、悪い面、自分なりの考えをUPしていことうと思います。

それでは、お昼ごはんに行ってまいります~[ダッシュ(走り出すさま)]

アトリエエッグの新しい機器 [道具]


友人の職人さんから、ぼくが喜ぶものを送りましたよ~[exclamation×2] との連絡~[晴れ]
半年から1年はもつというので、、、 なに、なに、、、 きっと おつまみ だよね~(^^)/
きっとすごい量だ~!! と本気で思ってました(^^)

ダンボールが届いてみると、、、、 かなり重い。
きっと おつまみ の缶詰だ~と、もう確信[パンチ] 開けてみると、、、、


んっ、、、、


ワックスだ~~[exclamation×2]
彫金ワックス02
しかも、かなりデカイ[exclamation×2]  外国から輸入しているということなので
日本の販売されてるワックスとは大きさが違います[パンチ]


通常、日本の彫金工具屋さんから購入すると、、、[目]
彫金ワックス
こんなにも大きさが違うんです[exclamation×2] 1年くらいもちそうです(^^)
ありがとう~[るんるん]


そして、もう一つ[目]
04.jpg
ガスの調整器が[exclamation×2]

何に使うかというと、、、
05.jpg
アルゴンガスの調整器です[exclamation×2]
アトリエ エッグについに最新の溶接機が入ります~(^^)/
サイズ直しの際にネックだったロー目が完全に出なくなります[パンチ]
そして、今までお断りしていたダイヤなどの石が全周付いたものも直せるかもです。
かもですが・・・(^^;)

今まで以上にきわどい修理や難易度の高いジュエリーを製作していこうと思います
今後もアトリエエッグをよろしくお願いいたします。m(_ _)m

なお、あたらしい溶接機は訓練期間も含めて、9月末からの導入になりそうです (^^)

さぁ~、製作、製作[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]

彫金工具(彫金ワックス) [道具]

今回はワックス加工の工具のご紹介です[晴れ]
長年愛用してきた工具で、、、 以前は東急ハンズで購入していました。
でも、今は売っていないんです(心斎橋店の話)
なので、ハンズで注文して購入してみたら、、、
刃先の形状は同じだけど、材質が違う工具が届き、それは使えない工具でした[雨]

ということで、ネットで探していたところ、ようやく発見 (^^)/
彫金工具 彫金ワックス 01

自分的にはほんとに使いやすい工具なので、それぞれをご紹介[手(パー)]
彫金工具 彫金ワックス 02
まずは先端が針。
柄を彫ったりする時に使ってます。 グリップが木なので軽いのもいい感じです[手(グー)]
その他、切削機で製作するワックスの溝に詰まってるカスなんかもこれで取ってます。

そして、、、 コレを一番よく使用します[パンチ]
彫金工具 彫金ワックス 03
使用するのは3角のヘラのほうですが、カンナようにハードワックスをサクッ、サクッと削れます。
それでいて、引っ掛かって溝を作るみたいたことはないんですよ。 

刃を顕微鏡で見てみると刃先の研磨が荒いので、ノコギリのように細かいガタガタというか
バリが付いてるんです。
それがいい感じに滑りながら削れるのかなぁ、、、 適当な見解です(^^;)

最後は、、、コチラ
彫金工具 彫金ワックス 04
これも今は必需品[exclamation×2]
コレ、購入してから1年ぐらいは使いにくくて使用してなかったですが、透かし部分で使い始めてから
重宝するようになりました。 刃先がしっかりしてるので弾かないというかバネ性がないんです。
なので、透かし柄の部分でイメージ通りに加工ができます。

上の3本は「陶芸ショップコム」で購入できます。
https://www.tougeishop.com/
名前の通り、陶芸用の材料や道具を販売してるお店です。
今回の刃先の拡大画像は陶芸ショップコムさまの許可をもらって使わせてもらっています。

そうそう、お値段ですが、、、300円~450円くらいです。
お財布にもやさしい工具です(^^)
工具は人ぞれぞれ好みがありますが、このお値段なら「はずれ」でも許せるかなぁ、と思います
あっ、ご購入は自己責任でお願いしますね[手(パー)]


そして、その他にも気になるものをいっぱい購入してしまいました(^^)
彫金工具 彫金ワックス 05
買いすぎたかな、、、 でもコレは11本セットで2000円ちょっとでした
使えそうだったら、またブログでUPします[exclamation×2]

最後はお勧めではないけれど、、、
彫金工具 彫金ワックス 06
ついに購入しました[手(グー)]  最近、サイズ直しが多くてパーツ作りで苦労していました。
これで大きめのサイズUPのパーツを作ります。

あとはこんな感じにハンドプレスとの相性も良さそうです(^^)
彫金工具 彫金ワックス 07

寒い日が続きますが、がんばって製作です。
今月はたくさん納品がありますから[手(パー)]

作業の改善のために棚を作ってみました [道具]

5月納品の結婚指輪を製作中[ダッシュ(走り出すさま)]
工房の改善01
この後にキャストから上がってくるのも今月中[あせあせ(飛び散る汗)]
月末はバタバタ状態になりそうな予感が。。。。[たらーっ(汗)]

さて、今日ブログは
以前から机とバフの間の隙間が気になっていたのですが、、、
工房の改善02
なので、、、


こんな感じにキャスターの付いた作業棚を作ってみました~[ひらめき]
工房の改善03
棚には彫刻台が2つ[exclamation×2]
工房の改善09
右側はリングを固定して石留めをしたり、ミルを玉グリで押さえたりに使用。

左側は昔使っていたもので、ホコリの被っているの引っ張り出してきました[あせあせ(飛び散る汗)]
刻印を手押ししたり、キャラ目を打ったり、文字入れのほんの少しの修正の時に使用。
主にリングの裏側をいじる時に使ってる感じです(^^)
  
そして、コイツのいいところは、、、 作業机の下に潜り込むこと[手(グー)]
ステレスの柱の棒をカットして、高さを低くしました。
工房の改善04
作業中は両足で固定しています、ハイ (^^;)

そして、作業机の下に潜り込ませることで、、、
工房の改善05
スコープが使用可能になりました~[exclamation×2]
乱視のひどい 自分にとってはキャラ目打ちや、薄くなった刻印の入れなおし、
文字入れの修正、リング裏の石留めなどがつらかったんです[あせあせ(飛び散る汗)]
それがかなり改善した感じです。 今のところですが、、、、

工房の改善06
二段目にはキャラ目や彫刻台のオプションを置いてあります。

製作中はこんな感じにいつでも使えるように作業机の横に。
工房の改善07
こうして動かないおっさんになってしまうんですね、、、 (^^;)

工房の改善08
ちなみに以前はこんな感じで使っていました。

これも良かったのですが、
・彫刻台の下の板を出してくる
・スコープの位置を大きく上にずらさないとピントがあわない
 それに合わせて椅子の高さもずらす必要があった。
・重い彫刻台を運んでくる
というのが難点でした。  それが改善されたという感じです[パンチ]

今回の改善は集めたポイントで購入したのでタダです☆
「節約して、その分工具を買おう~[exclamation×2]」 企画はがんばっております(^^)

それでは仕事に~[ダッシュ(走り出すさま)]
よい週末を~[晴れ]



タグ:作業の改善

大阪の彫金工具屋さん [道具]

 2日前まで暖かかったのに一気に寒くなりましたね~[雪]
 予報でそのことは知っていたので、暖かい日のうちに大阪へ行ってきました[ダッシュ(走り出すさま)]

 彫り留めを石留め職人さんに出したり、ダイヤを購入しに行ったり、、、
 彫金工具を買いに行ってきました[exclamation×2]

 僕がよく行く大阪の彫金工具屋さんって、路面店ではなくマンションのような建物の
 一室で販売しています。 なので、一般の方が目にすることはないと思います。

 ということで、ちょっと店内のご紹介、、、、
 大阪の彫金工具屋
 こんな感じ[exclamation×2]  所狭しと工具が並んでいます。
 こちらの壁にはリューターの先端工具やヤットコなどの彫金工具がずらりと並んでいます

 大阪の彫金工具屋 02
 こちらの棚には最後の仕上げで使用するバフの道具やピンセットなどが並んでいます。

 大阪の彫金工具屋 03
 そして、色石なんかも販売されてます[exclamation×2]
 一般的な大きさや形状の石なら、だいたい揃っています。

 こちらの彫金工具のお店、大阪心斎橋にあります。
 ナンリ http://www.nanli.jp/
 場所はかなり分かりにくい[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)] ホームページでよく確認してください(^^)

 ちなみに以前の記事で 京都の彫金工具屋さん もあります。 
                   ↑ クリックするとページに移動


 そして、最後に寄ったところは以前の同僚のところへ、、、
 01.jpg
 会社員時代はジュエリーのデザインや販促物のデザインをされていましたが、、、
 今は独立してジュエリーではなく、ホームページのデザインと制作、その他DMなどの
 デザイン、印刷物の製作もしています[exclamation×2]

 なので、事務所もシンプルでオシャレです[るんるん]
 02.jpg
  がんばっている人と話していると刺激を受けます[手(グー)]
  気がつけば2時間半ほど話していたので、急いで京都へ~[ダッシュ(走り出すさま)]

  そうそう、こちらの会社のご紹介
  ホームページやDMなどの印刷物などの製作会社
  株式会社VERONICA  http://viaveronica.com/

  ジュエリー関係で独立されてホームページなどを作る際にはお試しあれ~[るんるん]
  指輪の撮影は難しいので[あせあせ(飛び散る汗)] 慣れてる方にお願いするのもいいと思います。
  また、小回りがきいて、細かいご要望にも対応してしてくれますよ (^^)

  それでは仕事に戻ります~ [ダッシュ(走り出すさま)]



テクスチャーを入れる彫金工具 [道具]

 今日で9月も終わりですね~ (^^;)
 一年の早さを感じますが、この時期の気候が一番好きです[晴れ]
 通勤時の自転車も、そして御所でまったりも気持ちがいいです[るんるん] 

 前回は身近なもので指輪を仕上げています、というご紹介でしたが
 今回はジュエリー用の彫金工具のご紹介[exclamation×2]
 01.gif
 針金のようなものが何本も付いていますが、、、

 これをリューターに取り付けて、指輪にバチバチと当てます
 02.gif
 なので工具名は「バチバチ」と勝手に名づけています[手(パー)]

 これがどんな仕上げになるかというと、、、、
 03.gif
 少しテカリのあるつや消しで、微妙に線も入る仕上げになります [目]
 ( 言葉で表現するとまったく意味不明です、、、 (^^;)  )

 ちょっとクセのある仕上げになるので、購入後しばらく出番がありませんでしたが
 この樹木柄の結婚指輪で使用してから大活躍の工具です[手(チョキ)]

 最後に石留めをして、、、
 04.gif
 かなりぷっくりとした太い爪なので留め難いんです[あせあせ(飛び散る汗)] [あせあせ(飛び散る汗)]

 最後に爪先を整えます、、、、
 05.gif
 (すいません、ピンボケしてます。。。。)

 そして、仕上がりは、、、
 06.gif
 樹木が連なったような結婚指輪で、リング1周にこの柄が入っています。
 女性用にはアクセントにぷっくりとした爪でダイヤを留めてあり、かわいらしさも
 出しています。

 気になる方はぜひ工房に見に来てくださいね[晴れ]
 今日はジュエリーにテクスチャーを入れるための工具のご紹介でした~[exclamation×2]

 それでは10月もがんばっていきます [ダッシュ(走り出すさま)]



リング 文字入れ機の工夫 [道具]

   今月は3回目の更新!!

   1ヶ月に3回も更新するのはほんとに久々です (^^;)

   今回はリングの裏側に入れる文字入れ機のことを、、、
 リング 文字入れ機 02
          この文字入れ機はドイツ製です、カッコいいでしょう~ [ぴかぴか(新しい)]
     それだけの理由でこれを購入しました[パンチ]   というのは冗談です (^^)

     以前、勤めていた会社で日本製文字入れ機とこのタイプ、両方使いましたが
     こちらのほうが使いやすかったので、このタイプに[手(パー)]

     写真の下側に文字の入ったプレートがあるのが分かるでしょうか

     このプレートを、、、
 文字入れ機
                 ペンのようなものでナゾると、、、  

 文字入れ機 01
          リングを固定している チャック部分が連動して動くんです

         例えて言えば、手に鉛筆を持って紙に「2 」を書くとします。
         普通は手を動かして「2 」を書きますが、文字入れ機の場合は
         鉛筆は固定されて、紙の方が動いて「2 」を描くという感じです。

                ほんとによく出来ていますね~[exclamation×2]

         ただ、この文字入れ機、ちょっと弱点がありまして、、、 (^^;)
         それはサイズが#1番とか#2番のような小さなリングの場合
         小さすぎてチャックで固定できなくて、リングが動いてしまうんです。

                    なので、そんな時は、、、
 リング 文字入れ機 .jpg
             こんな感じに両面テープで革を貼り付けます[exclamation×2]

            革はペンチなどでクイッと曲げておけば、型がついて
            貼り付けやすくなります。

            多分、この方法は他の文字入れ機でもできると思います
                    ぜひ、試してみてください~ [晴れ]


                   それでは仕事に[ダッシュ(走り出すさま)]
 刻印打ち
             今月納期分[exclamation×2]  今週中に仕上げます [パンチ]




タグ:文字入れ機

リングワックスのサイズ出しのための彫金工具 [道具]

  今回は工具のご紹介。

  リングのワックス製作でチューブワックスというのを使用しますが・・・
  チューブワックス
           こんな感じに緑色のワックスです。

  穴あり、穴なしの2種類を使用し、お客様のサイズにより使い分けします。

  まずは指定の幅にワックスを・・・・
  04.gif
                 のこぎりでカット[exclamation×2]

  そして、そのお客様のサイズを出す際に使うのが・・・・
  01.gif
                   この5点セット [exclamation]

   穴あきのワックスを使う場合は右側の2本のリーマーを使い分けしています。

   この2本同じように見えますが、ワックスの削る感触がぜんぜん違って
   銀色のほうはサクサク削れます。 逆に黒いほうはワックスが粘土のように
   ねちっこく削れる感じです。     大げさに言うと。(^^;)  

   サイズが大きく、結構削る場合は銀色で一気に削っていき
   その後、微調整は黒でサイズ0.25単位でサイズ出ししています。

   最後は芯金にペーパーを巻いて整えます。


   サイズが小さいときはまずはドリルで貫通穴をあけて
   先端工具で穴を広げます。

   そのあと、チビリーマー ( 勝手に名前付けています (^^;) )
   で通常のリーマーがさせる大きさまで穴を整えます。 

   最後はリーマーでサイズ調整。

   チビリーマーは電気工具屋さんで販売していたと思います。
   確か配線の穴を広げるための工具で600円くらいだったような気が・・・


   そんな工具で製作したワックス・・・・・
   03.gif
      今回はまったく同じデザインで7型 + オーダー3型 製作しました。

      数を売るブランドさんではサイズ#1番違いでワックス製作が[あせあせ(飛び散る汗)]
      ( すいません、デザインはご勘弁を・・・・  )

      ということで#6~#12まで原型用ワックスの製作。


      こんなこともあって、今日はサイズ出し工具の紹介でした~ [晴れ]


      では、これからお得意様の対応です [ダッシュ(走り出すさま)]

     同じような内容のブログもご紹介 [るんるん]  ぜひこちらも読んでみてください (^^)
     指のサイズ を測るサイズゲージとリングサイズを出すリーマー
               ↑ クリックすると移動 [ダッシュ(走り出すさま)]