So-net無料ブログ作成
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

結婚指輪の修理と加工 (画像掲載) [製作]

 今回は指輪の修理と加工を画像多めでご紹介[exclamation×2]
 画像が多いと文章が少なくていいので、助かります、、、 (^^;)

 さて、お客さまのお持ちになった指輪は、、、
 指輪の修理と加工 01
 今は使用していない2本の結婚指輪です。 
 この2本の結婚指輪を2連風の1本の指輪に加工して、また身につけたいとのご依頼でした。

 まず修理と加工の前に指輪の確認です。。。[目]
 指輪の修理と加工 03
 2本とも唐草の彫りが入れられたそうですが、、、
 小キズが多くてほとんど面影がありませぬ、、、[たらーっ(汗)]

 
 指輪の修理と加工 04
 こちらはサイズ直し箇所が少し割れかけています[あせあせ(飛び散る汗)]
 なので、まずはここの修理です。 ロー材を流して補強します[手(グー)]

 その後、そんな小キズの多い指輪を、、、
 指輪の修理と加工 05
 とても硬い素材でできた先端工具で小キズを取って修理します。 
 これはリング表面を削って小キズを取るというよりは地金のねばりを
 利用して表面を滑らかにしてキズを取るという感じです[手(グー)]


 この工具を使って結婚指輪の表面をなぞると、、、、
 指輪の修理と加工 06
 どうでしょう、、、 キズと細かい凹凸が取れているのがわかるでしょうか。。。
 これで取れないキズは地金を盛って修理するつもりでしたが、大丈夫でした (^^)/

 この後、形を整えながら慎重に研磨です。
 甲丸リングは面ムラがあると一般の方でも分かってしまいます。
 なので、表面の丸みにムラが出ないように丁寧に研磨です。
 指輪の修理と加工 07
 キレイに研磨をして、輝きが出てきました~[ぴかぴか(新しい)]

 さらに2本を溶接するために面をつけて、、、
 指輪の修理と加工 08
 できるだけ地金を削りたくないので、側面をコンコン叩いて面をつくって
 最後にヤスリで加工して整えます[exclamation×2]

 そして、溶接~ [パンチ]
 指輪の修理と加工 09
 いつものことですが、ここが一番不安でした [あせあせ(飛び散る汗)]
 地金に炎を当てるとプラチナと金の収縮率の違いで変形が生じることがあるので[手(パー)]
 ただ、なんとか無事にロー付け(溶接)終了~ [晴れ]  ふぅ~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

 真円とサイズの確認をしてから、 ロー付け部分を整えながら、もう一度磨きをすると
 指輪の修理と加工 10
 こんな感じに[るんるん] 最終研磨(バフ掛け)の前の状態です。

 そして、最後にバフがけと文字入れをして、、、
 指輪の修理と加工 11
 完成~[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

 指輪の修理と加工 12
 リングの裏側には元々刻印されていた内容を入れ直してあります。
 裏側にはロー剤の後が残っています、、、 が[手(パー)]
 これは元々は1本づつだった指輪を加工したため、どうしょうもないんです。。。
 なので、お客様には事前に了承済みでした。

 というのも指輪にはつけ心地を良くするため指なじみといって内側の角を
 ゆるやかに落としているため、指輪の内側の接合部分にはどうしても
 凹みが出来てしまいます。

 地金を一度溶かして、一から2連のリングを作る方法もありましたが、
 それだと無駄な地金が出てしまう可能性があったので、今の指輪を
 そのまま使って製作することを選択しました。

 あとはお客さまに喜んで使ってもらえればいいのですが、、、

 今回は指輪の修理と加工のお話でした~[晴れ] 

 それでは仕事に戻ります [ダッシュ(走り出すさま)]


  エッグのホームページでは今までのアフターケアの内容を見ることができます。
  結婚指輪のサイズ直し、修理 ← こちらから移動できます。



指輪 変形 と サイズ直しの工程(画像掲載) [製作]

 今月ももう終わりです。  ほんとに早いです[あせあせ(飛び散る汗)]

 さて、今回のご紹介は
 ウチで結婚指輪をご購入されたお母様からのご依頼、、、、
 指輪 変形 と サイズ直し 01
 指輪の変形直しです。 
 ごらんの通り、結構な変形とちぎれています[たらーっ(汗)] 

 まずは、、、

 現状のサイズが何番か確認するため、軽~く変形直しをして真円出します[exclamation×2]

 すると
 指輪 変形 と サイズ直し 02
 キレイにちぎれています[目]
 これは以前サイズ直しした箇所に負荷が掛かりすぎて ちぎれたのが分かります。

 ということで、次に仮のロー付け(溶接)です
 指輪 変形 と サイズ直し 03
 正面側にはダイヤが3個留まっているので、濡れたティッシュで包んで、、、
 一気に1500℃近くまで上げて、ロー付け完了[手(グー)]

 指輪 変形 と サイズ直しの 04
 芯金棒にさして、やさしくコンコン叩いて真円を出します。
 これで正確な現状のリングサイズが分かります。

 今回は最終的にサイズ10番で仕上げるため、1番ほど縮めるサイズ直しが必要でした。
 再度、濡れティッシュで包んで、、、 ロー付け~[るんるん]


 ここからは、、、 

 写真撮り忘れました~~ m(_ _)m  なので、文章で[手(パー)]

 まずはサイズ直しの後、ヤスリで形を整えていきます。
 もともとサイズ直し箇所は幅も厚みも薄かったので慎重にヤスリ掛けをしました。[パンチ]
 そして、ひどい変形を直したので、ダイヤも再度留め直しました。

 その後は研磨の作業。。。。
 指輪 変形 と サイズ直し05
 少しづつ細かい工具で研磨していきます[ダッシュ(走り出すさま)]

 こうして手間を掛けて指輪の変形とサイズ直しの完成~[るんるん]

 の前に最初の状態は、、、
 指輪 変形 と サイズ直し 06
 ダイヤも曇っています。 小キズも目立ちます[目]


 これが、、、
 指輪 変形 と サイズ直し 07
 こんなに綺麗に~[ぴかぴか(新しい)] ダイヤも輝きを取り戻しています[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

 サイズ直し箇所も、、、
 指輪 変形 と サイズ直し 08
 うぁ~ ピカピカ~[ぴかぴか(新しい)]  いつもの自画自賛モードが止まりません~[exclamation×2] (^^;)

 指輪 変形 と サイズ直し 09
 サイズ直し箇所は元々薄かったので、極力触らないように仕上げました。
 これなら変形直しせず売却して新しいの指輪を購入したほうがいいよ、
 という考え方もあるでしょうが、思い入れがあり、それができない指輪だってありますよね。

 この変形の工賃は安くはないです[exclamation×2]
 それでも変形直しをする、ということでだったので、ぼくができる範囲でがんばりました [パンチ]

 お母様にも喜んでもらえて、本当によかったです[晴れ]


 今回は指輪の変形とサイズ直しのお話でした。。。

 それでは仕事にもどります~ [ダッシュ(走り出すさま)]


  エッグのホームページでは今までのアフターケアの内容を見ることができます。
  結婚指輪のサイズ直し、修理 ← こちらから移動できます。

仕上げに使う彫金工具 [製作]

 今回は仕上げの時に使う彫金工具のご紹介(^^)
 ジュエリーの製作の時に使う工具って、専門の彫金工具で仕上げるって思われるかも
 しれませんが、、、、 身近なものを使って仕上げてもいます[手(パー)]

 たとえば、、、、 厚紙[晴れ]
 04.gif
 黒い円柱の道具は皮用の工具で、これを厚紙の上でポカポカたたくと[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

 05.gif
 こんな感じの丸い厚紙の出来上がり[ひらめき]
 かなり分厚い紙も切断できるので通常の厚紙なら、まったく問題ないと思います。

 これをどんな時に使うかというと、、、、
 06.gif
 こんな感じの凸の柄の磨きに使用します。
 といっても最後の仕上げの工程で使用するだけなんですけどね、、、(^^;)

 07.gif
 そして、、、 この厚紙の微妙なボソボソ感がいい感じで、これに研磨剤を
 塗りつけてから磨くといい感じなんです[exclamation×2]
 平らな部分を使ったり、角の部分を使って細かい部分を磨いたりと
 いろんなところに使用できる先端工具です[パンチ]

 と、いうふうに 今回は身近なものも彫金工具にして指輪を仕上げているというお話でした (^^)


 先日、今年最後の甲子園に行ってきました~[晴れ]
 08.gif

 そして、、、 甲子園といえば、、、
 09.gif
                     ビール~[晴れ]

 3連休は仕事だったけど、いい息抜きができました (^^)

 それでは月末、がんばりまっす[exclamation×2]


 

彫りの結婚指輪 (ミル打ち) [製作]

  今回のブログはサンプルのご紹介[exclamation×2]

             まずはシルバーの2本リングを用意して、、、
 彫り 結婚指輪 01
               なんの味もない指輪です[あせあせ(飛び散る汗)]


           もちろん、これでお仕舞いではありません[手(パー)]


              ここに彫りでアクセントを入れて、、、
 彫り 結婚指輪 03
                おっ、なんかいい感じに[晴れ]

                  さらにミル打ちで、、、

             味を、、、イヤ[あせあせ(飛び散る汗)] 雰囲気を整えます[exclamation×2]
 彫り 結婚指輪 02

                最後にメッキをかけて、、、
           (サンプルなので、メッキでいいんです[手(パー)]

              プラチナとゴールドの指輪 に[ぴかぴか(新しい)]
 彫り 結婚指輪 04
           どうでしょう、、、 彫りの入った結婚指輪[exclamation×2]
         ちょっと雰囲気のある指輪になったと思いませんか

         手で彫った部分には色々な角度の面ができるので、
       キラキラと輝いた個性的な結婚指輪に仕上がっています。

       自分の中ではかなり納得の指輪になったと思っています[パンチ]

          残りのリングは石留め職人さんのところへ [ダッシュ(走り出すさま)]
           そちらも仕上がり次第、ご紹介しますね [手(パー)]



2色の婚約指輪  [製作]

  1月もあっという間に後半に[あせあせ(飛び散る汗)]
  こんな感じに今年もあっという間に1年経ってしまうんですよね~ [たらーっ(汗)]

   ちょっとだけ工房をいじったので、久しぶりに工房の写真を
 結婚指輪 工房 工具

   何が変わったかというと、、、
 結婚指輪 工房 工具 01
            コンプレッサーが新型になりました[exclamation×2]
        以前よりタンクが大きくなって、音も静かになりました [手(チョキ)]
        しかも、お値段も約2万円とお財布にもやさしかったです。 (^^)

  そして、もう一箇所、、、
 結婚指輪 工房 工具 02
       バフの下をスッキリさせて、モノを置けるスペースを作りました。
       これはかなりいい感じ、、、(^^)  また棚が入れられます[exclamation×2]

       工房内もだいぶスペースがなくなってきたので有効に使わないと[あせあせ(飛び散る汗)]



                 そして、仕事の方は、、、
 婚約指輪 02
          ピンクゴールドとイエローゴールドのリングが一つずつ

 婚約指輪 01
             このリングたちの側面の角を落として、、、




       片方のリングに押し込んで、リング側面を木槌で叩いて、叩いて[あせあせ(飛び散る汗)]




               完全に押し込んでこんな感じに[ダッシュ(走り出すさま)]
 婚約指輪 03
          ほんとにぴったりでした (^^) しかもサイズも[exclamation×2]

                 そして溶接して、整えると、、、、
 婚約指輪 05
                 なんとか無事溶接も終了[あせあせ(飛び散る汗)]
 
 婚約指輪 04
    薄いリング同士の溶接は熱の影響で変形などもあり、正直怖かったです、、、 が、
    以前の製作で気をつける点は分かっていたので、今回は問題なく製作できました[exclamation×2]


             少しづつレベルアップはできてるようです (^^)
                さぁ~、残りは石留めです[exclamation×2]

             今月も残り頑張って製作していきます [晴れ]


              コチラの指輪はエッグのHPでご紹介しています
      ピンクゴールドとイエローゴールドの婚約指輪  ← こちらから移動 [ダッシュ(走り出すさま)]



指輪 ミル打ち [製作]

 秋ですね~、京都は快晴で気持ちがいいです [晴れ]

 ただ、仕事ほうはかなり行き詰ってます。。。 [雨]

 婚約指輪に写真の画像を彫りたいとのご希望。

 写真の画像をリングに彫る場合、画像を省略化して白黒画像に置き換えなくては
 ならないのですが、そこが思ったようにうまくいかない[あせあせ(飛び散る汗)]

 ということで、、、  いつものように
 京都 御所
                        御所に[ダッシュ(走り出すさま)]

      キンモクセイのいい香りもして、頭をリフレッシュするのには御所は最高です。  

 京都 御所 02
     どういう訳か、最近はこのベンチがお気に入り。 ここで頭を冷やしてます (^^)
 


 そして、今日のおやつは、、、
 京都 御所 03
               マショマロを焼いたようなおやつ[exclamation×2]

    ビルに新しく入ってきたマッサージ屋さんからいただきました。 美味しかった (^^)

    こうして、いつものようにまた工房に戻ってがんばりまっす [パンチ]


  その他、仕事のほうは、、、、
 時計のバンド風のシャープ感のあるリング
                   リフォーム分のリングワックス [exclamation×2]

          時計のバンド風のデザインにお客さまのお手持ちのエメラルドと
          ダイヤを留めます。

          この指輪はエッグのHPでもご紹介しています。
          時計のバンド風の指輪 ← コチラから移動します。


  もう一つは、、、
 指輪 ミル打ち
              こんなシンプルな極細の指輪に、、、

 指輪 ミル打ち 02
                  ミル打ちです[exclamation×2]

     いつもはワックスの指輪にミル打ちの柄を入れていたのですが、今回は
     ミルが小さいため地金になってからミル打ちをしました。  

     何回か失敗もしましたが、コツもだいぶ分かったきました。 本番では綺麗に
     入れられるようにしたいです。

   ちなみにアトリエエッグではワックスのときにミル打ちの柄を入れるときがあります。
  ミル打ち リング ワックス

   そして、キャストして仕上げるとこんな感じ[るんるん]
  ミル打ち リング
   ワックスで入れたほうがぷっくり可愛いらしい印象で、地金入れると細かく
   繊細なミル打ちの印象になると思います[ぴかぴか(新しい)]


           10月も後半、今年もほんと早いですね~
           年末までがんばっていきます [exclamation×2]  (^^)



今年も美味しいビールでした (^^) [製作]

         今週、今年最後の床に行ってきました~[晴れ]
 京都 河床 
         床は9月末までなのでほんとに今年最後になります。
         最後のほうはお客様もほとんどいなかったので貸しきり状態、、、、(^^)/
         それにしても外で飲むビール美味しすぎる~[exclamation×2]


          そして、今年から新たに行き始めたのが、、、、
 甲子園
                      野球観戦[exclamation×2]

          野球観戦しながら、、、、   こちらも外で飲む~ [ビール]
          京都からは少し遠いけど、熱烈な応援歌を聴きながら
          飲むのもいいものです (^^)

          今年の夏はありがたいことに仕事がほんとに多かったです、、、
          が、少ないお休みもうまく使えて、充実した夏でした~ [晴れ]

          そして、これだけ働いても この仕事が嫌いにならないと
          いうことはやっぱりこの仕事が合ってるのかなぁ~、 とも
          思いました、、、  ほんとありがたいことです 

          さぁ~、10月に入るともう少し秋らしくなるのでしょうか、、、

                  来月もがんばっていきます [ダッシュ(走り出すさま)]




ドッツ風の結婚指輪 [製作]

 久々の更新[あせあせ(飛び散る汗)]
 仕事のほうはかなり混雑していましたが、手持ちの指輪は全部納品できました~[exclamation×2]
 気分的には、、、  [晴れ] [晴れ] [晴れ]   こんな気分 (^^)

 で、でも [手(パー)]
 次回のキャスト分のワックスたちが・・・
 結婚指輪 ワックス
                 ・・・・・・ [たらーっ(汗)]

                来月もがんばります [あせあせ(飛び散る汗)] 


  今日、ご紹介の指輪は、、、
 ドッツ風 ダイヤ数付と幅広の結婚指輪
           ドッツ風 ダイヤ数付と幅広の結婚指輪[exclamation×2]

     この指輪のお話をもらった時にすぐに思ったこと、、、

     それは このて のデザインはダイヤの周りで地金がくぼんでしまうことと
     そしてダイヤの周りが綺麗な円で留められるか、、、ということでした。
  
     もちろんダイヤの大きさと配置のバランスも大事ですが、シンプルな
     デザインなだけにその2点がくずれたら台無しになってしまいます。

     ということで、最終的な完成形をイメージしながら、作りに工夫を加えて
     製作していきました。  

     甲丸リングにランダムにダイヤを留めているリング、、、  シンプルな
     指輪なんですが、、、、 こだわりをもって製作をすると手強かったです[あせあせ(飛び散る汗)]

     ただ、自分的には納得の出来で仕上がり、お客様にもとても喜んで
     もらえて、本当によかったです [晴れ]

     Dさま、Mさま 仲良しのお二人さん、これからもずっ~と仲良しさんで
     暖かいご家庭を作ってくださいね~ [ぴかぴか(新しい)]


               それでは仕事に[ダッシュ(走り出すさま)]



ジュエリー サイズ直し の仕方 (画像掲載) [製作]

  今日から7月!!

  後半戦もがんばっていこうと思います [ダッシュ(走り出すさま)]

  さて、今日はジュエリーのサイズ直しのお話。
 ジュエリー サイズ直し
  ゴールドのリングは+2番に。  プラチナのリングは-7番にするサイズ直しです。

  石がたくさん留まってますね・・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

  側面に透かし柄が入っているのに-7番って・・・・[たらーっ(汗)]

  そうです、職人だって びびる 時はあります


  そして、サイズ直しへ、、、 いつもの通りにまずは延ばしに使うパーツ作りです。
 ジュエリー サイズ直し 02
  18金は微妙に色味が違うので、同じ色味のゴールドを購入してから溶かして
  ローラーかけて断面正方形の角材にします。

  その後、その角材をまたローラーにかけて 必要な寸法出しをします
 ジュエリー サイズ直し 03
  ローラーをかけると厚みは薄くなりますが、その分幅が広がります。
  それを考慮しながら寸法出しします。

  そしてリング本体とパーツに隙間が出来ないように丁寧に下準備します。
  (隙間があると後でサイズ直し箇所が分かってしまうからです)
    
 ジュエリー サイズ直し 04
                ロー付け(溶接)です。 [パンチ]  

    石に火を当てられないので正面側は水につけながらロー付けします。

    ということは正面側は水で冷やして、溶接箇所は高温にということで
    とても不安定な作業になります、、、  [あせあせ(飛び散る汗)]

             溶接が終わるとヤスリで形を整えて、、、
 ジュエリー サイズ直し 05
        腕の峰がウネウネしないかチェックしながら整えます。 

          石ガタのチェックをして、最後に綺麗に磨くと、、、
 ジュエリー サイズ直し 06
                仕上がりました~[exclamation×2]
      プラチナのリングはスコープで見ながら透かしの柄を修正しました

 ジュエリー サイズ直し 07
     どうでしょう、、、  サイズ直しの箇所がわかるでしょうか、、、、

     ジュエリーのサイズ直しで、もう一つ大事なことはもともとの形状を
     できるだけキープするということです。

     サイズ直しした箇所が極端に薄くなったり、幅が細くなってたりしたら
     変ですよね。  そういうことにならないように仕上げていきます [パンチ]

     今日は職人だってちょぴり びびり ながら、そしてこだわり持って
     製作をしているというお話でした。。。


    エッグのホームページでは今までのアフターケアの内容を見ることができます。
    結婚指輪のサイズ直し、修理 ← こちらから移動できます。



  最後は新しい結婚指輪のサンプル
 04.jpg
            クセがありすぎるので、一度はボツにしていましたが
                 お得意様の鶴の一言で復活[exclamation×2]

 03.jpg
    サイズ直しは出来ないので、体形維持ができるご夫婦のみの販売になります (^^)


彫金工具 [ ホーニング サンドブラスト ] [製作]

 
  あっという間にGWも終わりですね~ [晴れ]

  ウチは昨日の夕方から仕事だったので本当に早いGWでした[あせあせ(飛び散る汗)]


  今回ご紹介するのは彫金工具のホーニング[exclamation×2]
 彫金工具 ホーニング サンドブラスト
        塗装に失敗したのであまり外箱はお見せしたくないのですが・・・・ [たらーっ(汗)]

   ホーニングはエアーと一緒にガラスビーズを当てて、つや消しのテクスチャーを
   付ける機器です。 ウチにはサンドブラストもありますが、それより粒子の細かい
   ビーズを使用することで柔らかいつや消しになります。

  例えば、、、
 彫金工具 ホーニング サンドブラスト 02
               こんな磨きのリングを・・・・


 彫金工具 ホーニング サンドブラスト 03
             こんな感じにビーズを当てると・・・

    後ろに見える白い粉がビーズです、、、  入れすぎで溢れています (^^;)


 彫金工具 ホーニング サンドブラスト 04
                こんな感じに[exclamation×2]


   彫金工具サンドブラストと比べてみると
 彫金工具 ホーニング サンドブラスト 05
            このぐらい違います[パンチ]  (左上がサンドです。)

            少しづつですが、工具がそろってきました [手(チョキ)]

    最近はこういったテクスチャーの上からさらに別のテクスチャーつけて
    おもしろい味が出せないか、試しています。

    小さい工房だけど設備がそろっていて、細かいご要望にも対応できる。
          そんな小回りのきく工房を目指しています[exclamation×2]

                それでは 仕事に[ダッシュ(走り出すさま)]