So-net無料ブログ作成
検索選択
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

CADでエンゲージの石枠データを作ってみました!! [CAD]

CADと切削機でエンゲージの石枠作ってみました[exclamation×2] のご紹介です[手(グー)]

はじめに言っとくと、ぼくのCADは独学です[手(パー)]
なので、おかしかな作り方かもしれませんが、CADで石枠ってこんな感じに作れるんだ[exclamation&question]
とか、これなら自分でも作れるかも[exclamation×2] と思ってもらえたら書いた甲斐があります(^^)

あと切削機でしか対応できないデータだと思います[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
逆に言えば[手(パー)] 比較的安い切削機を手に入れれば、こんな石枠が手軽に作れてしまうんです。
とポジティブにいきましょう~[晴れ] (今は販売されてませんが25万くらいの切削機を使ってます)


今回はこんな5本爪のエンゲージ用の石枠を作ります[るんるん]
CAD 石枠データ作成 01
ちなみに素材はプラチナ。 本番で使う石枠です[exclamation×2]

最初に簡単に作り方を言ってしまうと、石枠は5本爪。 なので石枠の5分の1を作って
あとはコピーをして全体を製作していきます[手(グー)]
もっと簡単に作る方法もあるのでしょうが、卸先からの石枠の寸法や形状を指定されると
この作りかたが狙った形状に持っていけるので、段々とこの方法で作るようになりました。


さぁ~、それでは4.4mmのダイヤのエンゲージ石枠作り[ダッシュ(走り出すさま)]
CAD 石枠データ作成 26
直径が4.4mmのダイヤデータを準備します。
とってもシンプルですが、ダイヤのラウンド・ブリリアント・カットと同じ比率の形状です。
なので、いつも使いまわしています(^^;)


ダイヤの位置をテーブル面で4mm前後の位置に持っていきます。
CAD 石枠データ作成 02
あっ、もちろんダイヤの大きさで位置を変えますが、
ダイヤが4.4mmならテーブル面の高さは3.8mm~4.0mmくらいかなぁ、という判断。
後で修正も可能なのでサクサク進みます(^^)

石枠の断面を作ります。
CAD 石枠データ作成 03

寸法を見てみるとこんな感じ[目]
CAD 石枠データ作成 04
これはあまり見せたくないのですが、、、 まぁ、つっこみ はなしでお願いします(^^;)

ちょっとUPで見ると、、、 ダイヤが断面に食い込んでます。
CAD 石枠データ作成 05
製作の時に内側を削って微調整するので、こうしてます。
そして、断面完成~[exclamation×2]

上で作った断面の線はそのまま使わず、下みたいにちょっとシンプルな形状に直します。
CAD 石枠データ作成 06
最初からこの断面つくれば[exclamation&question] と思われるかもしれませんが
自分で石留めをするので、感じが分からないと困ります(><)
なので、いつもこの工程は入れています。

この断面をクルリと回わして、立体を作るコマンドを利用すると、、、
CAD 石枠データ作成 07
こんな立体が出来てしまいます(^^)/

5分の1を作ればいいので、こんな感じに目印の点を10個つけてみます。
CAD 石枠データ作成 08
4本爪なら8個、6本爪なら12個の点を入れています。

色を消して見てみると、、、
CAD 石枠データ作成 09
このV字の紫の部分(72度の中)を作れば、5分の1が完成です。

ちなみに、、、、 爪の本数が変わると こんな感じ
CAD 石枠データ作成 10
6本ツメのときは60度、4本爪のときは90度の中を作ります。

こんな感じに紫のV字線を引っ張ると面ができるコマンドを使って、、、
CAD 石枠データ作成 11
面を作ってしまいます[exclamation×2]


そして、V字の紫色の面で石枠をカット[パンチ]
CAD 石枠データ作成 12
このパーツを使って、5分の1の石枠を仕上げていきます。

今回は爪の幅0.7mmにしたいので、幅0.8mmの四角をつくります。 
CAD 石枠データ作成 13
切削機で石枠を作る際はデータ寸法よりワックス仕上がりが細くなる傾向があります。
なので0.7mmのツメに対して、データでは0.8mmで制作。

コピーと回転のコマンドで、、、 赤い四角を移動。 なんとなく分かってきますよね(^^)
CAD 石枠データ作成 14

面を赤い四角でカット[exclamation×2]
CAD 石枠データ作成 15
爪の先の面が出来上がります。

そのあと、緑色の線をひいて、、、制御点という「線を変形できる点」を出します。
CAD 石枠データ作成 16

下方向に引っ張ると、、、 こんな感じに直線が曲線に変形していきます。
CAD 石枠データ作成 17
この線の形状はとても大事です[exclamation×2]
なので実際には右の青い線のように制御点を増やして微調整しています。
(ココではデータ作成の流れを知ってもらうために緑線で進みます。)

微調整が終わったら、内側の面を内側の線でカット[exclamation×2]
CAD 石枠データ作成 18

次に外側の面を外側の線でカッ~ト[exclamation×2]
CAD 石枠データ作成 19
えっ、なんで[exclamation&question] 面に触れていない曲線でカットできるの?
と思われるかもしれませんが、ぼくにも分かりません[たらーっ(汗)] できるのです[手(グー)]

※ 3枚上の画像の緑線の位置と上の画像の緑線の位置がずれています。
  制御点をいじり易いように手前に(Y軸方向のみ)移動しています。
  それでもカットは問題ないです[手(チョキ)]

カットがし終わって裏から見ると[目]
CAD 石枠データ作成 20

あとは面を張ります
CAD 石枠データ作成 21


5分の1の完成~[晴れ]
CAD 石枠データ作成 22

ちょっと話がさかのぼるのですが、、、、
断面の赤い線をシンプルにする。 という工程がありました。
CAD 石枠データ作成 28
あのまま断面をシンプルにしないでデータ作成していくと、このツメの側面に面を貼ると
面が滑らかにならないというか、ちょっとした段差が出てしまうんです[手(パー)]


話を戻して、、、
5分の1のデータをコピーと回転でこんな感じ(^^) 左が緑曲線、右は青線でカットした石枠。
CAD 石枠データ作成 23
ちょっと注目してもらいたいのが、緑曲線と青曲線でカットした石枠ですが、
ツメの根元の辺り形状が違いますよね。 

この石枠の作成方法では赤色の断面の線、緑曲線、青曲線の調整の仕方で
狙った形状の石枠が作りやすいので、この方法になってきました。

最初のダイヤデータと円柱を足したようなデータを作って、こんな感じにします。
CAD 石枠データ作成 24
大きさは4.3mm。 少し小さめにして、あとは地金で微調整です

「ダイヤ+円柱データ」 と 「石枠データ」でお互いにカットしあうと、石枠の完成です(^^)/
CAD 石枠データ作成 25
ちょっとゴツイ感じがしますが、切削の跡を取ったり研磨していくと小さくなっていきます。



ど、どうでしょう、、、 ちょっとCADで石枠を作ってみたくなりませんか?(^^)
次回は切削機で両面切削をしていこうと思います。
最後はもう一度、キャスト上がり。 データより華奢に見えると思います。
01.jpg
データと少し違う感じなるのは切削機であろうと造型機であろうと変わらないと思います。
なので切削してから、またデータ修正、そして切削の繰り返しで狙った形状に持って行きます。

ふぅ~、書き終わった[exclamation×2] たぶん、今回のブログは修正が少しづつ入ると思います(^^;)
また、エッグのブログではこういったCADデータを使って、たくさんのオーダージュエリーの
ワックスを製作しています。 ご紹介しているので ご覧ください、切削機と手で作成しています。
          今までに製作したジュエリー用のロストワックス


最後に、、、
ライノセラスにはヒストリー機能(作成の履歴)というがあります。
ぼくはこの機能を使っていないのですが (正確には使えないのですが、、、 )
このヒストリー機能やグラスポッパーというプラグインを学べば
断面の赤線、ツメの間の曲線(青線、緑線)などを修正すれば、すぐに石枠として完成する!!
なんてもこともあるかもしれません。。。 あるかもです(^^;)
す、すいません、そこは検索すると詳しい方がUPしていると思います[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]


それでは仕事に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]




ローランドMDX-15 [切削機]

今年もあと2週間~[あせあせ(飛び散る汗)]
今年中にキャストしたいワックスをまだ作ってます[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
間に合うかな~、イヤ、間に合うようにがんばらないと[手(グー)]

なので、ブログも画像多めで、サクッ、サクッとUPしていきます(^^)
今回はローランドMDX15のモーターを交換しました~[exclamation×2] のご紹介[手(パー)]
00.jpg
ステッピングモーターといって切削機のX、Y、Z軸の制御のためのモーターです。
なので、よく見る早く回転するモーターとは違います。
このモーターのおかげで0.03mmピッチでワックスに細かい柄を彫刻できるのです[手(グー)]
い、いつもお世話になっております、、、m(_ _)m

そして、なぜ交換したかというとギヤが磨耗したからです
02.jpg

よく分からないのでアップにして見てみると、、、[目]
ローランド MDX-15
ギヤの歯がペラペラになってるの分かりますか? すごーい!!と思いました。
あと、もっと早く交換しないと(><)

ちなみにかみ合うギヤはプラスチックでできているのに
真鍮とはいえ、金属がここまで磨り減ったのにちょっと感動[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

たぶん、ワックス切削で12年くらい使ってると思うので、リングのサンプル切削など
含めると5000本くらい(?)は削ってます。
その間、メーカーにはワイヤーのテンション確認で送った気がするけど、それ以外故障なし[exclamation×2]

ほんとにタフな機械です。 これで割引有りで本体価格が25万くらいだったと思うので
信じられないコストパフォーマンスなんです[手(チョキ)]
※ 今は生産中止です(><) さらに性能のUPしたタイプで販売されています。


そんな切削機くん、今日も元気に平面切削しております[手(グー)]
ローランド MDX-15 03

両面切削が終わったところ
ローランド MDX-15 04

外すとこんな感じに固定するための石膏がついています。
ローランド MDX-15 05

石膏を外すと、、、、 両面切削で刃が入らない箇所があるので、、、
ローランド MDX-15 06

そこを整えて、ワックス完成~[晴れ]  
ローランド MDX-15 07
オーダーメイドで製作している、パールのピンブローチのパーツになります[exclamation×2]

切削機は制約がいろいろあって、不便なところもありますが
維持費が安かったり、故障がなかったり、CADデータの作成が難しくなかったり
いい点もいっぱいあるんですよね(^^)

う~ん、切削機の良さをアピールしたいんだけど書き足りない[exclamation×2]
なので、今度は石枠のCADデータ作り、切削機でワックス切削、そして最後に石留めもして
最後の完成までご紹介しようと思います。 あっ、でもまだ先になります(^^;)

では製作にもどります~[ダッシュ(走り出すさま)]



アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) [オーダーメイド]

12月も中旬になってきました~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
何とか今年中に仕上げたいジュエリーがいくつかあるので、製作に奮闘中、、、
ま、間に合うかな、、、(^^;)


さて、今回のご紹介はオーダーメイドで製作したアンティーク調の結婚指輪[exclamation×2]
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 01
メンズをイエローゴールド、レディスをピンクゴールドで製作しました。
お客さまのほうよりご希望のデザインサンプル画を頂いて、リングという限られた
スペースに彫刻できるようにアレンジを加えてあります。

その頂いたアンティーク調のデザイン画より、最初にご提案したのがコチラ、、、
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 02
唐草柄と紋章が連続しているデザインでした

そこから紋章のほうを選ばれて、紋章と紋章の間の唐草柄を修正して、再びご提案[exclamation×2]
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 03

アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 04
お客様のOKがいただけました~[晴れ]
ベースのデザインが決まるとひと安心(^^)
ここからは実際にワックスを作って、デザイン修正しながら細かい箇所を詰めていきます。

ちょっと見てもらいたいのが、CAD画像の唐草[exclamation×2]
太くて、ぼってり、した感じがありませんか?
完成品の指輪の唐草柄は悪くないバランスですよね (自分で言うな[あせあせ(飛び散る汗)]
大きなCAD画像で見てると、実際の大きさや仕上げによる研磨で
雰囲気が変わってくることがあるんです[手(パー)]

ワックスを何個も作って見比べてるのは、デザイン確認だけでなく、
そんなことも見極めるためでもあるんです(^^)

それでも分からない時は、、、 素材の安価なシルバーで製作しています[あせあせ(飛び散る汗)]
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 13
今回の指輪は柄が一周入っているため、後々サイズ確認ができません[手(パー)]
なので、デザイン確認と正確なサイズ出しのためにサンプルを作製しました[exclamation×2]


そんな修正を繰り返して最終的に仕上がった、本番用のワックスです。
唐草柄が見難い、、、(^^;)
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 05
細かい箇所は切削機では柄が入らないので、彫金工具や彫刻刀で柄を作ります。

オレンジ色のワックスなのでキャストが綺麗にいくか心配だったけど、、、
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 06
綺麗に流れてました~[晴れ]  ここまで来るとひと安心です(^^)

キャスト肌はこんな感じなんです。
これを研磨するとキラキラするとは、、、見えないでしょ[目]

さぁ~、仕上げ、仕上げ、ということで表面を研磨して、、、、
以前、ご紹介した ↓ こんな彫金工具でミルを抑えて、まん丸なミル打ちを入れていきます。
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 07

先端をドUPにすると、、、
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 08
これで一個一個、ミルを抑えていきます[手(グー)]


そして、仕上がりました~[晴れ]
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 09
ウン、こうやって見ると唐草、いい感じにまとめられたと思います[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
 ・・・自画自賛モード中・・・(^^;)  

アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 10
ミル打ちのとなりの凸ラインがいい感じなんです[るんるん]
あっ、これはお客様にもミル打ちと凸ラインはそのまま使いたい、
と言われたりするんですよ(^^)

アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 11
このカットが一番ミルの丸みが分かるかなぁ、、、[目]

アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 12

今回のお客様は大阪在住の方からでした。
メールとワックス、そしてシルバーサンプルのやり取りで仕上げていきました。
エッグでは近郊の大阪や滋賀だけでなく、関東からのご注文を数多く対応しています。
何か気になることがあれば、お気軽のでお問い合わせください(^^)

それでは製作に戻ります~[あせあせ(飛び散る汗)]







アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 [オーダーメイド]

さ、さむい・・・(><)
突然寒くなってきました、京都~[雪]
工房内は加湿器全開[手(グー)] 風邪なんて絶対ひけませんから[手(パー)]

さて、アンティーク調の結婚指輪、仕上がりました~[exclamation×2]
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪
エッグでは人気の唐草柄がリング一周に途切れることなく入っています[パンチ]

唐草って、デザイン的にも好きですが、、、、
蔓草(つるくさ)の生命力の強さから、「繁栄・長寿」といった縁起の良い柄なので
ずっと身につける結婚指輪にはぴったりな文様なんです[exclamation×2]

今回のお客様は過去に製作した、こちらのアンティーク調の結婚指輪を、、、
アンティーク調の結婚指輪
気に入られてのご注文だったので、ミル打ちとその横の凸のストレートラインは残して
中央の柄のデザインご提案し製作していきました[exclamation×2]

工房でサンプルリングを見ながら、お話をさせていただき3パターンをご提案[晴れ]
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 01
兵庫県からのご来店だったので、デザイン確認はメールでやりとりしました。
中央のデザインを選択されたので、ここからは仮ワックスを製作しながら
細かい部分を詰めていきます[手(グー)]

最終的なデザインも ↓ で決定して、、、
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 02
CAD上では表現できても、切削機では細かすぎて表現できない部分もあります。
そこは手で彫金工具を使って修正していきます[あせあせ(飛び散る汗)]

アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 10
シルバーサンプル製作して最終的なデザインとサイズ確認しました。
この指輪は柄がリング一周入ってるため、あとでサイズ調整ができないので
正確なサイズを出す必要がありました[exclamation×2]


サンプルでOKが出たら、本番用のワックス製作[ダッシュ(走り出すさま)] 
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 03
今回のお客様はお急ぎでした~[あせあせ(飛び散る汗)]  もう止まりません、ドンドン進みます[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]


キャストも綺麗に上がってきたので、ひと安心(^^)
キャスト上がりはこんな感じに表面ザラザラしてるんです[目]
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 04
そして、一気に仕上げです[パンチ]

完成~[晴れ]
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 05
ミルはまん丸、ぷっくりで仕上ています(^^) 

アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 07
唐草柄はリング一周途切れなく繋がっているので、、、、
一部分だけ柄がぴったり合うように修正してあります。  もちろん、分からないように[手(パー)]

アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 08
この結婚指輪は時が経つにつれて徐々に黄土色になっていくので
ヴィンテージ感もまた出てくると思います(^^)

また、この結婚指輪はアンティーク調の柄がリング一周に入っているため
サイズ直しができません[手(パー)] 体系維持をがんばってもらう指輪でもありますm(_ _)m


最後は、、、 作ったワックスやシルバーサンプルです[あせあせ(飛び散る汗)]
アンティーク調(唐草、ミル打ち)の結婚指輪 09
エッグではワックスやシルバーサンプルの間はデザイン修正が可能です[パンチ]
僕自身もCAD画像で判断できない時はどんどんワックスにして見比べて
デザインを絞り込んでいきます。

さぁ、製作に戻ります[ダッシュ(走り出すさま)] イヤリングのデザインしないと[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]











切削機に相性の良いワックス(オレンジ)  続き☆ [ワックス]

先日のオレンジワックス、キャストから上がってきました~[exclamation×2]
アンティーク調の結婚指輪で縁起の良い唐草とミル打ちが入れてあります。
オーダーメイドのアンティーク調の結婚指輪01
柄に欠損等はなく、綺麗にキャストされてました[晴れ]

もう1組もオーダーメイドのアンティーク調の結婚指輪[exclamation×2]
オーダーメイドのアンティーク調の結婚指輪02
ピンクゴールドとイエローゴールドですが、こちらもいい感じにキャストされてます。
お客さまのからこのデザインで!! というご指定があり、それをリングに入れられるように
デザインのアレンジを加えて仕上げました。

リング一周にアンティークの柄やミル打ちが入っているため、リング内側に湯口がついています。
オーダーメイドのアンティーク調の結婚指輪03
最初は湯口のカットが面倒でしたが、もう今は慣れて普通(^^)
カットされた湯口は固めてからサイズ直し用のパーツに使います[手(グー)]

ただ今、結婚指輪を仕上げ中です。 リング表面は綺麗でしたが側面とリング内側に
欠損が多い気がします。 うちはアーク溶接機があるので問題なかったですが
ロー材で埋めるのは手間が掛かってたいへんだと思う。

これが今回だけなのか、オレンジワックスの特徴なのかは何回かキャストにだして
判断しようと思います。

さぁ~、製作、製作[ダッシュ(走り出すさま)]