So-net無料ブログ作成
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

切削機に相性の良いワックス(オレンジ) [ワックス]

11月も最後ですね、 いよいよ12月~[雪]
1年も終わるかと思うとちょっと寂しい気分になります、、、(^^;)

さて、今回ご紹介はオレンジのワックスです[exclamation×2] でかいでしょう(笑)
切削機に相性の良いワックス(オレンジ)01
海外から直接ワックスを購入してる方から、頂きました~(^^)/

このままだとデカすぎるのでカットします
切削機に相性の良いワックス(オレンジ)02
切るのもひと苦労でした[あせあせ(飛び散る汗)]

万力に固定して、さらにカットして、、、
切削機に相性の良いワックス(オレンジ)03

3本の角材に[exclamation×2] ウチだとこの3本の角材でリング50~60本くらい切削できます
切削機に相性の良いワックス(オレンジ)04
なので、全体で600本以上のリングは作れると思う[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
あ、ありがとう~I さん、感謝、感謝であります(´。✪ω✪。`) 

さらにリング幅に合わせてカットして、、、
切削機に相性の良いワックス(オレンジ)05

中央に穴を開けて、、、  穴を必要なサイズまで大きくします。
切削機に相性の良いワックス(オレンジ)06
工具は左から順に使って大きくしていきました。
あっ[手(パー)] 最終的にはリュターと一番右のリーマーという工具のみでサイズ出しが可能に[晴れ]
改善されました~[exclamation×2]

そして、一番大事なことですが、、、、 このオレンジワックスの強みは
切削機に相性の良いワックス(オレンジ)07
こんな感じに切削時にでるカスがつき難いことです[手(グー)]
グリーンのワックスだと、このカスを針状もので丁寧に取っていかなくてはならないのですが
オレンジワックスは超音波洗浄機に入れるだけで、かなりカスが取れます。
特にミル打ちのところのカスがだいぶ違います[パンチ]

あと、カスを取る際にグリーンワックスはカスが少し溶けているので、粘ついてるというか
取りにくいんです。 オレンジワックスはサクサク取れる感じです。
細かい柄などを彫刻したジュエリーには相性が良いと思います。


そ、そして、今さら気づいたのですが穴開けって、電動ドリルであければよかったんですね[あせあせ(飛び散る汗)]
切削機に相性の良いワックス(オレンジ)08
今まで一個づづカットしてから穴を開けてましたが、万力に挟んで一気に穴あけです[exclamation×2]

最後に仕上がったワックス~[晴れ]
切削機に相性の良いワックス(オレンジ)09
アンティーク調の結婚指輪ですが、オレンジワックスは写真にすると柄が見難い(^^;)

もうひとつ、こちらもオーダーメイドのアンティーク調の結婚指輪
切削機に相性の良いワックス(オレンジ)10
という感じに今回は切削機に相性の良いワックスのご紹介でした(^^)
細かい柄の時にだけ、このオレンジのワックスを使えば2~3年くらいは持ちそうな気がする
I さま~、ありがとうございます[exclamation×2] 大事に使わせてもらいますね[るんるん]

さぁ、製作に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)] 今月納品分仕上げないと[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]



ティファニーのオープンハート サイズ直し [サイズ直し]

最近サイズ直しや新品加工といった修理のご紹介が多いのです[あせあせ(飛び散る汗)]
元々はウチでご購入されたお客様だけに対応していたのですが、、、、
ブログでご紹介すると意外にお問い合わせが増えてきました。

そんなんで、さらにブログで修理のご紹介していると、、、、
なんと検索順位で「結婚指輪 修理」 「結婚指輪 サイズ直し」が1ページ目に[exclamation&question]
さらに「カルティエ サイズ直し」 「ラブリング サイズ直し」なんかも1ページ目[exclamation×2]
コツコツ続けるのは大事なんだ~、と思う職人さんでした。。。(^^;)
あっ[手(パー)] 検索順位が上がるとお仕事増えるか というと、そうでもないです(ToT)

さて、今回もコツコツいきますよ~[手(グー)]
サイズ直しのご紹介[exclamation×2] 初めてのティファニーです~[晴れ]ティファニーのオープンハート サイズ直しと新品加工01
すいません、た、たぶん、ティファニーのオープンハートだと思います、、、(^^;)

というのもリング裏側の刻印が、かなりダレているんです[あせあせ(飛び散る汗)]
ティファニーのオープンハート サイズ直しと新品加工02
でも、正面のハートのデザインと裏側の刻印の長さからティファニーのはずです[手(グー)]

今回も結構なサイズUPです[たらーっ(汗)]
ティファニーのオープンハート サイズ直しと新品加工03

これだけ大きくサイズUPする場合は差し込むパーツも曲げておきます。
ティファニーのオープンハート サイズ直しと新品加工04

ロー付け~[晴れ]
ティファニーのオープンハート サイズ直しと新品加工05

そして、形を整えていきます。 差し込んだパーツをドンドン削っていきますが、、、
ティファニーのオープンハート サイズ直しと新品加工06
お客様よりお預かりしたリング本体は出来るだけ削らないように仕上げていきます。
なので、時間が掛かかってしまいます[あせあせ(飛び散る汗)]

側面、差し込んだパーツとリング本体の段差がなくなってるけど
リング本体はほとんど削られてないの分かりますかね[目]

ヤスリ掛けも終了[exclamation×2]
ティファニーのオープンハート サイズ直しと新品加工07

ヤスリの跡を消しながら地金を締めていきます。
ティファニーのオープンハート サイズ直しと新品加工08

さらに研磨をしていき、、、

完成~[晴れ]
ティファニーのオープンハート サイズ直しと新品加工09
深い傷は残しましたが、取れそうなキズは全部とりました[手(グー)]

横から見ると、、、 けっこう厚みが薄いです
ティファニーのオープンハート サイズ直しと新品加工10

最後はサイズ伸ばし部分です。 今回は メッキを掛けてあります。
ティファニーのオープンハート サイズ直しと新品加工11
ふぅ~、少しづつですが、苦手なシルバーのサイズ直しも慣れてきました(^^)
あっ、そういう時にどツボにはまるんですよね(><) 気をつけないと[exclamation×2]

アトリエエッグでは他のブレンドのサイズ直しや新品加工もしています。
ホームページでご紹介しているので、ぜひご覧ください。
         指輪のサイズ直しや新品加工

さぁ~ もうすぐ週末、がんばって製作です[手(グー)]


ハーフエタニティの結婚指輪(ミル打ち) [オーダーメイド]

今回はオーダーメイドで製作した、、、、
ハーフエタニティの結婚指輪(ミル打ち)のご紹介[exclamation×2]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ)
ダイヤの形が見難いですが、ラウンドのダイヤを彫り留めで留めてあります。

ミル打ちはぷっくり、まん丸で仕上げて、、、
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 09
メンズはダイヤの留まってる面とミル打ちの間につや消しのラインを作っています。
なのでダイヤとミル打ちが光っていて、その間につや消しラインがあるという感じです。
グレー色(つや消し)のラインが落ち着いた感じにさせてメンズにはいい感じでした (^^)

シンプルなハーフエテニティですが、細かい点でいろいろ確認しながら製作していきました
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 02
正面のデザインはほぼ決まっていたので、細かい部分での詰めるための画像です
A、B、どちらがお好みか確認しました。 Bを好まれる方が多いと思うのですが、
CADで追うと厚みが意外に薄い、、、、 
ミル打ちがあるのでパッと見は厚みがあるように見えるんです[目]
今回はAをお勧めし、Aで製作することに[exclamation×2]

そしてメンズは幅違い、2種類のハーフエテニティをご提案[晴れ]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 04
もうほとんど同じ見えますが、Aはミル打ちとダイヤの留まる面の間に
つや消しのラインを入れるため、一段落ちた面があります。

大きめのダイヤを彫り留めで留めていくので、リングの厚みも2mm、、、、
リング幅も5mm近くいくので、重さがちょっと心配でした[あせあせ(飛び散る汗)]

お客さまとのデザインの詰めをして、ワックス製作、そしてキャスト上がりです~[exclamation×2]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 03
欠損もなく綺麗にプラチナが流れていました~[晴れ] ホッとします(^^)

サンドブラストを当てて、つや消しのラインを作り、その後はテーピング。
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 05
磨きの研磨材が当たって、光らないようにするためです[ぴかぴか(新しい)]

リングを固定して、、、、
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 06

玉グリという ↓ 彫金工具でミルを抑えて光らせます。
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 11

先端はこんな感じ[目]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 12
こいつでグルグリとミルを抑えて、均一の丸みにして、磨いていきます[手(グー)]

そして研磨~[ぴかぴか(新しい)] ひたすら研磨して面を綺麗にします[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 07

レディスも綺麗に仕上げていきます。 面に丸みが付かないように研磨です[手(グー)]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 08
ここからは彫り留めの職人さんにお願いして、ダイヤを留めてもらいます。

そしてハーフエテニティの結婚指輪、完成~[晴れ]
ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 09
玉グリで抑えたミル打ちが均一でぷっくりしてる感じが分かると思います(^^)

ミル打ちのハーフエタニティ (プラチナ) 10
最初と同じ画像ですが、話の流れ上、、、必要なので[あせあせ(飛び散る汗)]

両端にミル打ちがしてあるため、こちらの指輪はサイズ直しが厳しいです。
なので、サイズ合わせの際はシルバーでサンプルリングを作成してサイズ確認と
付け心地等の確認して製作していきました[手(グー)]

そして、前撮りの日程にもギリギリ間にあって無事納品~[晴れ] 
今月はお急ぎの結婚指輪が続きますが、、、 がんばって製作していきます[手(グー)]

それでは製作に戻ります[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]



グッチの結婚指輪(LINK TO LOVE)  新品加工 [修理]

なんでだろう、、、最近グッチのご依頼が立て続けに、、、[exclamation&question]
そして、いつも手こずってます。。。(><)

今回のご紹介はグッチの結婚指輪(LINK TO LOVE) の新品加工[exclamation×2]
デザインも面で構成されたデザインなので、またしても強敵でありました[あせあせ(飛び散る汗)]
面は研磨しにくいんです[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)] 

コチラはメンズです。 シンプルな八角形のリングです。
グッチの結婚指輪 新品加工01
ただ、以前サイズ直し(UP)をしたということなので、どうやってサイズUPしたのか、、、
興味津々でした(^^)

レディスは多面のリングなので、角を落とさないように新品加工していきます[手(グー)]
グッチの結婚指輪 新品加工02
うす~くグッチの刻印が表面に入っています。 分かりますかね?[目]

別のカットも[カメラ]
グッチの結婚指輪 新品加工

側面も小キズや汚れが付いていましたが、綺麗に磨けるかちょっと不安、、、
グッチの結婚指輪 新品加工03
凹凸の凹み部分を磨くというのは工具の関係で大変なんです[あせあせ(飛び散る汗)]

研磨をしていくとメッキを落ちて、元々のホワイトゴールドの色が出てきました。
グッチの結婚指輪 新品加工04
色が違うのはホワイトゴールドを付け足したからです。
同じホワイトゴールドという名称でも、含まれてる金属によって色が変わってくるためです。
もちろん18Kなので、75%純金というのは変わりません[手(パー)]

そして、な、なんと同じように4箇所サイズ伸ばしされてました。
年配の職人さんにサイズ直しを依頼したということですが、いい職人さんです(^^)
今は辞められたということでした。。。

そして研磨していき、新品加工後メッキをして完成~[晴れ]
グッチの結婚指輪 新品加工05
サイズ直し箇所のラインが見えてしまっているのですが、、、
ヘラで抑えると凹みそうな雰囲気があったので、そこでストップ。
凹んでしまうと、そこまで研磨しないといけないためです。
これ以上、追うのか、、、職人さんによって判断が分かれると思いますが

厚みがあまりない結婚指輪だったので、できるだけ薄くしたくないという判断でした。
グッチの結婚指輪 新品加工06
見れば見るほど、、、 よくサイズ直ししたなぁ、、、(^^;)


レディスのほうも新品加工完了~[晴れ]
グッチの結婚指輪 新品加工07
だいぶ小キズが取れて、グッチの刻印も見えてきました[目]
顕微鏡で見ながら、取れそうな傷のみ取って深いキズは残したままです[exclamation×2]

ここからは手に持って撮影[カメラ]
グッチの結婚指輪 新品加工08

グッチの結婚指輪 新品加工09

なぜ? かというとカメラが写りこんで黒くなってしまうから
グッチの結婚指輪 新品加工10
こうやってブランドさんの指輪を見てると勉強になります。
今回は石留めをよ~く見させてもらい、これなら応用ができる[exclamation×2] と思いました。
綺麗な平らな面をキープしながら、綺麗に石留めをするのは難しいんです[手(パー)]

最後は側面[カメラ]
グッチの結婚指輪 新品加工11
面を崩さないように丁寧に研磨しました[手(グー)]

最近、新品加工やサイズ直しのお仕事が多いのですが、勉強になります。 ほんとに(^^)
いろんなブランド品を顕微鏡で見ることなんて、できないですから。
お仕事をもらいながら、少しずつ勉強してる感じですm(_ _)m

さぁ~、エンゲージの石留めしよう[ダッシュ(走り出すさま)]

※ アトリエエッグではいろんなブランドさまのサイズ直しや新品加工をしています。
  技術的に出来ない修理もありますが、ホームページでは今までにした修理を
  ご紹介しています。 ぜひご覧ください☆   結婚指輪の修理やサイズ直し

  また、今までにエッグで製作した結婚指輪やオーダージュエリーなんかもご紹介
  しているので、そちらもぜひ見てください(^^)
   アトリエエッグ| 京都西陣で結婚指輪やオーダージュエリー作ってます!!




シンプルだけどシャープ感のある結婚指輪 [結婚指輪]

天気がいい週末ですね~[晴れ]
これから接客なので、それまでブログUP中(^^)

今回ご紹介はシンプルだけどシャープ感のある結婚指輪[exclamation×2]
アトリエエッグのオリジナル結婚指輪をアレンジで製作しました[手(グー)]
シンプルだけどシャープ感のある結婚指輪04
四角が繰り返し並んだタイプですが、こういったデザインは角や面がまるまると
デザインが台無しになってしまうんですよね[あせあせ(飛び散る汗)] なので丁寧に製作しました(^^)

元々のデザインはレディスはリング一周にダイヤが留めてありますが
今回は後々サイズ直しができるように正面側のみダイヤを留めてあります。

製作途中のワックスもUPしちゃいます[手(パー)]
シンプルだけどシャープ感のある結婚指輪01
リング表面の凹みは機械で入れていきますが、指輪の側面の凹みはワックスで
入れていきます。 なので機械と手の両方で製作したワックスです[パンチ]

東京の工場に出して、鋳造をしてもらいました。
鋳造の工程と彫り留めはアトリエエッグではできないので、外注さんにお願いしています。

そして、鋳造から綺麗に戻ってきました~[晴れ] 欠損等もなくいい感じです[るんるん]
シンプルだけどシャープ感のある結婚指輪02
ここから、ヤスリ掛けをして形を整えていきます。
面をきちんと平らにするって、けっこう難しいです[あせあせ(飛び散る汗)] 
上手くやらないと一つの面の中に小さな面が何個かできてしまうのです

そんな、こんなんで無事仕上がりました~[晴れ]
シンプルだけどシャープ感のある結婚指輪03
お客様からのご希望で一番右端にはアイスブルーダイヤを留めてあります[目]

こちらのベースとなった指輪はホームページでもご紹介しています。
またアトリエエッグのオリジナル結婚指輪の一覧も見れるので、ぜひご覧ください☆
          アトリエエッグの結婚指輪 一覧へ

ダイヤの入っていない部分で並べてみました(^^) カッチリ感が出てると思います。
でも角が出すぎてると着けた時に痛いので適度に角を落としています。
シンプルだけどシャープ感のある結婚指輪05

そして、側面[目] ココから見るのが一番好きかな、、、シャープ感があって(^^)
シンプルだけどシャープ感のある結婚指輪06
無事の納品も済んで、気に入ってもらえたとのメールも頂き、よかった~[晴れ]
こんな感じにエッグではちょっとしたアレンジにも対応していきますので
気になることがあればお気軽にお問い合わせくださいm(_ _)m

また、この指輪は兵庫県在住のお客さまからのご注文でした。
最近は京都のお客様からのご注文があまりないので、もう少し宣伝を
がんばろうと思います、、、(^^:)

さぁ、製作に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)]


ちょっとした結婚指輪のアレンジ [結婚指輪]

京都も寒くなってきました~(><)
夜は帰りが遅いので、結構つらいです[あせあせ(飛び散る汗)]
ただ、絶対に風邪はひけないので体調管理を気をつけないと[手(パー)]

さて、今日は結婚指輪のアレンジのご紹介[るんるん]
アトリエエッグにはシンプルから個性的なデザインまで、いろいろな結婚指輪あります[exclamation×2]
そして僕が作るのでアレンジも いろいろ できてしまうんです[手(グー)] 
多いのはリング幅を変えたり、お持込ちのダイヤ等の石を留める、などです。
おばあさまのジュエリーから石を外して、結婚指輪に留めるなどもあるんですよ(^^)

アトリエエッグの結婚指輪 一覧 ←こちらから一覧が見れます☆

そして今回はコチラの個性的な結婚指輪のアレンジです[exclamation×2] 
結婚指輪のアレンジ
こちらのコンビの結婚指輪はサイズのお直しが出来ないんです、、、[雨]
デザイン重視で製作した指輪だったんです[あせあせ(飛び散る汗)] それでも遠くからご注文してもらえる
エッグでは人気の指輪になりました(^^)/

今回納品した結婚指輪は正面側はいつもどうりですが、、、、[目]
結婚指輪のアレンジ01

裏側はサイズ直しが出来るようにゴールドのみにしてあります。
結婚指輪のアレンジ02
リング全体の1/4ぐらいがゴールドのみになっていて、
こうすることでサイズ直しができるようになります[exclamation×2]

このようにエッグではお客様のご希望に合わせて、アレンジ対応できるようにしています。
小さな工房ですが、こういった小回りのきくところは強みだと思います。
こんなことの出来るの? などあればお気軽にお尋ねください(^^)

さぁ~、今日は祝日ですね~[晴れ] エッグはワックス製作です[あせあせ(飛び散る汗)]
今月もがんばっていきます~[手(グー)]


グッチのGリング サイズ直し(4番アップ) [サイズ直し]

今回のご紹介はグッチのGリングのサイズ伸ばし[exclamation×2]
01.jpg
表面にある横線のテクスチャーは一度崩してしまうと修正ができなくて[あせあせ(飛び散る汗)]
透かしがあるため、強度の弱い箇所もあり、、、

リング幅は太くて、リング幅が均一、厚みが均一、表面が平ら、、、
そして材質がシルバーというのはサイズ直しするにはほんとに厳しいリングでした(><)
02.jpg

4番UPということで、まずはパーツ作りです[exclamation×2] 板材を溶かします。
03.jpg

溶かすと真ん丸くなります
04.jpg

必要な寸法の板材を作って、リングもカットして少しづつ広げていきます。
05.jpg
今回はサイズ直し部分にグッチの刻印があったため、刻印が消えることに[たらーっ(汗)]
横線のテクスチャーや正面側に強度の弱い箇所があるので、ココでしか
サイズ直しはできないと判断しました。。。。

板材をリングに合うように丸めていきます。 うん、ここまでは順調(^^)
06.jpg

溶接(ロー付け)完了~[晴れ]   ただ、見ての通り、楕円になります[あせあせ(飛び散る汗)]
07.jpg

できるだけ真円をだしていきますが、正面の細い線部分が変形しないように、、、、
08.jpg
慎重に楕円を修正していきました[exclamation×2]

ここからは必死に仕上げ作業でした[あせあせ(飛び散る汗)] というのも分かりやすいシンプルな
形状は一般の方が見ても、上手くいかなかった所が簡単に分かってしまうんです、、、

そして、なんとか完成~[晴れ]  今回はメッキを掛けています。
09.jpg

サイズ直し部分[目] 今回はアーク溶接機も使ったので、、、
10.jpg
サイズ直し部分によく出る、点々というサイズ直し箇所の跡もありません[目]
ただ、シルバーという素材とアーク溶接機の相性はよくなかったです(><)
サイズ直し箇所を整えるのにほんとに時間が掛かりました[あせあせ(飛び散る汗)]

上から見ると真円は出ていません。 あらかじめお客様にも確認済みでした m(_ _)m
11.jpg
リングにボリュームがあるため、真円を出そうとすると正面の細い箇所が
変形する可能性があると思ったからです。

そして無事納品~[晴れ]  途中、、かなり焦りましたが、よかったです(^^)
今回の思ったのは、このグッチのGリングのサイズ直しは厳しいです、、、[あせあせ(飛び散る汗)]
時間が掛かるため、工賃が上がってしまうんです。

なのでGリングのお値段に比べるとサイズ直し代が高くて、新しく購入し直す
というほうがいいかもしれません。 もちろん想い入れがあって、このリングを
直して使いたい、ということであれば やれる範囲で対応していきます。

ふぅ~、それでは製作に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)]

アトリエエッグのホームページでは今までにやったサイズ直しや修理を
ご紹介しています。 ぜひそちらもご覧ください☆
         指輪のサイズ直しや修理