So-net無料ブログ作成
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

マーキスカット ピンクダイヤの婚約指輪 [オーダーメイド]

今回のお客さま、なんと北海道から来られました~[exclamation×2]
お姉さまの結婚式が関西であるということで、その際にエッグに寄られて
オーダーメイドで婚約指輪を製作することに[手(パー)]

お手持ちのマーキスカットのピンクダイヤを使ってほしいとのご依頼。
マーキスカット ピンクダイヤの婚約指輪01
こちらが持ち込まれたダイヤ[ぴかぴか(新しい)]  大きさは0.147ct  縦4.3mm 横2.7mmです。

小さなメレダイヤを取り巻きで使って、正面のボリューム感をつけるというご提案もしましたが、
一粒ダイヤでシンプルなデザインがよいということでこちらのデザインに決定[exclamation×2]
マーキスカット ピンクダイヤの婚約指輪04
丸いダイヤに比べマーキスカットのダイヤは石座をキチンとフィットするように製作
する必要があるので手間がかかります[あせあせ(飛び散る汗)]

ワックスが完成したら北海道にお送りして、形状の確認をしてもらいました。
そして、、、 OK [exclamation×2] が頂けたので、本番の製作に突入です[手(グー)]

仕上がり~[晴れ]
マーキスカット ピンクダイヤの婚約指輪02
ピンクダイヤが少しでも目立つように腕は極力細く、また石枠もダイヤより
少し大きめにして正面のポイントが大きく見えるようにしました。

またピンクダイヤを留める爪もぷっくり大きめにしてみました。
デザイン的にそのほうが可愛らしく見えると思ったので[exclamation×2]

マーキスカット ピンクダイヤの婚約指輪03
腕の幅が細い分、厚みをつけて補強してあります。 また腕も綺麗なラインが
出るように気を付けながら仕上げました[ぴかぴか(新しい)]

T さま この度は遠方からのご注文ありがとうございました~[晴れ]
京都に旅行で来る際には、また工房にも寄ってくださいね(^^)
そして、お二人の末永い幸せを心よりお祈りいたしております。

さぁ~、7月も最終日[exclamation×2] 今日は製作、製作、がんばらないと[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]



個性的な婚約指輪(アレンジ) [婚約指輪]

今回はエッグのオリジナル婚約指輪のアレンジをご紹介[exclamation×2]
以前より、アトリエエッグの指輪をチェックしてくれていたとのことで、、、
東京からのご来店でした~(^^)/
fo_img_r171LB.jpg
エッグのオリジナル婚約指輪、結婚指輪はいろいろなアレンジを入れらえます。
例えば、今回のリングは球が連なってるので通常はサイズ直しができません[手(パー)]
強引にすることもできますが、そうすると小さい球ができてしまったりするので
今回はあらかじめサイズ直し部分をつけるというアレンジです[手(グー)]

fo_img_r171LC.jpg
こうすることで縮めでも延ばしても対応できます[exclamation×2]
エッグではお客様に合わせて、いろいろなアレンジに対応できるので
お気軽に気になることはお尋ねください。

Fさま、この度は東京から来店くださり、ありがとうございました。
京都に遊びに来る際には工房に寄ってくださいね。 お待ちしています~(^^)/

※アトリエエッグのホームページでは今までに製作した婚約指輪のアレンジや
 オーダージュエリーを一覧で見ることができます。 ぜひご覧ください(^^)
      アトリエエッグのオーダージュエリー 一覧


クロムハーツ(キーパーリング)のサイズ直し [サイズ直し]

最近、サイズ直しのご紹介が多いのでのですが、、、、
またサイズ直し[exclamation×2]  クロムハーツのサイズ直しです[手(パー)]
お暇な時にでも読んでください(^^)
クロムハーツ(キーパーリング)のサイズ直し01
エッグに持ち込まれたのはキーパーリングです[exclamation×2]
クロムハーツのサイズ直しは初めてだと思います。 たぶん、、、(^^;)

中古で購入されたというこで、2番縮めのサイズ直しです。
クロムハーツ(キーパーリング)のサイズ直し02
カットする箇所にマジックで印を入れて、両側1mmづつ計2mmカットします

2mmカットした状態。 
クロムハーツ(キーパーリング)のサイズ直し03
平行にカットして地金を寄せてピッタリ合わせます[exclamation×2]
これだけボリュームがあると地金を寄せるのもひと苦労でした[あせあせ(飛び散る汗)]

ロー付け(溶接)の状態があまり綺麗ではなかったので、正面のみの撮影[カメラ]
クロムハーツ(キーパーリング)のサイズ直し04
溶接のために炎を当ててから、希硫酸に浸けると真っ白になります。

サイズ直し部分を綺麗に整えます。 サイズ直しした箇所が薄くなったり、
クロムハーツ(キーパーリング)のサイズ直し05
幅が極端に細くなったりしないように整えていきます[手(グー)]

そして、リング裏の刻印が消えないように注意しながら真円出し、研磨と進みます。
クロムハーツ(キーパーリング)のサイズ直し06
しっかり刻印が残っているので、安心します~[晴れ](刻印は薄くはなります)

真っ白になった表面を一度黒くするため、燻し用の液体に浸けます。
クロムハーツ(キーパーリング)のサイズ直し07
工房内には温泉の香りが充満~[いい気分(温泉)]

そして、取り出してみると真っ黒になってます[手(パー)]
クロムハーツ(キーパーリング)のサイズ直し08

あとは軽く研磨して、クロムハーツのサイズ直し完了です[パンチ]
クロムハーツ(キーパーリング)のサイズ直し09
磨き残しの部分は黒くなって、磨ける箇所はシルバーの色が出てきます。

リング裏の刻印もこの通り[exclamation×2]
クロムハーツ(キーパーリング)のサイズ直し10

表面は形状を整えた後、軽く小キズをつけて馴染ませました。
クロムハーツ(キーパーリング)のサイズ直し11

サイズ直し部分[exclamation×2]
クロムハーツ(キーパーリング)のサイズ直し12
こちらも小キズをつけてヴィンテージ感を崩さないように仕上げました。
お客様の指輪をお預かりしてのサイズ直しは何度やっても怖いです、、、
そして無事納品できるとホッとします~(^^)

さぁ、今月も追い込みです[ダッシュ(走り出すさま)] 

※今までのアフターケアをエッグのホームページで見ることができます。
指輪の修理やサイズ直し ← こちらから移動できます。 ぜひご覧ください[晴れ]


使っていないペンダントをリングにリフォーム [リフォ-ム]

4日連続でブログUPははじめてかも(^^)
画像だけは準備が出来ていたので、一気に書き上げています[晴れ]

さて今回は、、、使っていないペンダントをリングにリフォームのご紹介です[exclamation×2]
ペンダトントはこちら、、、 全長60mm近くあるので、かなりごっついです[パンチ]
使っていないペンダントをリングにリフォーム01

そんなペンダントを甲丸3連風にリフォーム[exclamation×2]
使っていないペンダントをリングにリフォーム

ペンダントには18Kの刻印は打ってあるので、大丈夫だとは思いますが、、、
念のためX線分析装置で調べてもらいました。

18Kで間違いないのですが、担当の方曰くボリュームのある割には重量が軽いということで
張り合わせで中空になってる、とのことでした。 気づかなかった、、、[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

そして、お見積もりもOKだったので、ニッパーで切ってみると、、、
使っていないペンダントをリングにリフォーム02
おぉ~!! 中央に黒いラインが入っているのがわかるでしょうか[目]
ニッパーで切ったので押し潰されてますが、元は空洞があったということです。

ということで、張り合わせの際に使われたロー材を削り落として、溶かして、、、
板にします[exclamation×2]
使っていないペンダントをリングにリフォーム03

必要な幅、厚みがでるようにローラで延ばします。。。。
使っていないペンダントをリングにリフォーム04

端から丸めていきます。 なぜか、、、 両端は丸めにくいので先に丸めておくのです。。。
と先輩から習ったので今もそうしています(^^;)
使っていないペンダントをリングにリフォーム05
そしてココから画像の撮り忘れ[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

イメージでこんな感じにリングにして、、、  過去の画像ですm(_ _)m
使っていないペンダントをリングにリフォーム06
継ぎ目の隙間がなくなるように糸ノコを入れてからロー付けです[exclamation×2]


そして、3連風にするため溝を入れて、、、
使っていないペンダントをリングにリフォーム07
さらにヤスリで形状を整えていきます。

そして磨いて完成~[晴れ]
使っていないペンダントをリングにリフォーム08
甲丸の丸みが一定になるように、そして甲丸と溝が真っ直ぐになるように仕上げました[exclamation×2]
そして無事納品できました~[晴れ] お客様にもとても喜んでもらえて、よかったです(^^)/

今回のお客様は東京からのお客様。
エッグを気に入ってもらえたみたいで、何本もサイズ直しのお仕事を頂きました。
ほんとに目の前の仕事に集中することが大事だなぁ、と思う。
そうすることで、また次のお仕事に繋がるので、、、 教科書みたいなこと書いてるけど
小さな工房で、こうやってコツコツやっていくのが自分にはあってるみたいです(^^)

さてさて、7月もアッという間終わりです[あせあせ(飛び散る汗)]
今月納期のお仕事、がんばって仕上げます~[手(グー)]



無くしたイヤリングを再製作(パール付) [オーダーメイド]

御祖母様から譲ってもらったイヤリングを片方なくされた、ということで
オーダーメイドで無くしたイヤリングを再製作(パール付)しました。 
無くしたイヤリングを再製作 オーダーメイド01
↑こちらのイヤリングと同じものを製作します[手(グー)]

こういった同じものを製作するって、けっこう大変なんです[あせあせ(飛び散る汗)]
同じような色合いのパールを探したり、金具もおそらく50年くらい前の物なので
同じ型のものがあるのかが心配でしたが、、、、 ありませんでした[たらーっ(汗)]

ということで、金具が決まらないと仕事自体請けられないので、、、
同じ金具ではありませんが、近い形状のものをご提案しました。
それがOKだったので、製作開始[exclamation×2]

ぶら下がるパーツですが、2個に分けて製作して、、、、
無くしたイヤリングを再製作 オーダーメイド02

組み合わせます[exclamation×2]
無くしたイヤリングを再製作 オーダーメイド03
かなりシャープ感がありますが、見本に合わせて後で角を丸めていきます。

ロー付け(溶接)~[晴れ]
無くしたイヤリングを再製作 オーダーメイド04
いい感じにできました(^^) 
最後に磨き[exclamation×2] もう片方に合わせるように角を落として丸みを少しつけました。

左が今回オーダーメイドで製作したイヤリング、右が御祖母様のイヤリングです[目]
無くしたイヤリングを再製作 オーダーメイド05
見本のイヤリングをもう一度磨き直そうかと思いましたが、凹みが多すぎて断念。。。
なので、新品の10Kゴールドと時間が経った10Kとでは微妙に色が違います。

また丸管が付いたイヤリングの金具がなかったため、ロー付けして付けましたが、、、
金具に炎を当てたことがなかったので、ちょっと焦りました[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

正面から見ると[目]  (左が今回製作したイヤリング、右が御祖母様のイヤリング)
無くしたイヤリングを再製作 オーダーメイド06
無事納品も済み、喜んでもらえてよかったです~[晴れ]
そして大変お待たせして(半年以上)、すいませんでした m(_ _)m
Tさま、また何かありましたら よろしくお願い致します。

という感じに想い入れのイヤリング、片方無くされてオーダーメイドで作り直す[exclamation×2]
というのはいかかがでしょう、、、 お気軽にお問い合わせしてください(^^)

さぁ~、これから納品、工房を掃除してお迎えモードの工房にします~[ダッシュ(走り出すさま)]



ラブリング [ カルティエ ] の変形直し [修理]

今回はカルティエ ラブリングの変形直しのご紹介です。
最初に持ち込まれた時の状態です。。。
ラブリング カルティエ 変形直し01
顕微鏡で指輪を確認しながら、、、正直、これは無理と思いました[あせあせ(飛び散る汗)]
仮に直せても強度的にかなり落ちてしまうし、リングの内側のカルティエ刻印や
文字入れも完全に消えてしまいます。
また、リングを広げる過程でリング側面にキズも入ると思いました。

ただ、お客さま的にはこのラブリングにかなり強い想い入れがあるようだったので、、、
ラブリング カルティエ 変形直し02
修理に取り掛かって無理そうならそこでストップを掛けて、工賃もいただかないです[手(パー)]
いけそうなら お見積もりを出し、それがご予算内であれば進めていく。
という、スタンスでお引き受けしました。 そのぐらい自信がなかったので[あせあせ(飛び散る汗)]

まずは、指輪を広げる際に地金が割れることを少しでも防ぎたかったので
ラブリング カルティエ 変形直し03
地金をなまし(柔らかく) ながら、ゆっくりと広げていきました。 

顕微鏡で金属のシワや割れが出ているのかチェックしながら少しづつ広げていきます。
ラブリング カルティエ 変形直し04

ようやくここまで広がってきました[あせあせ(飛び散る汗)]
ラブリング カルティエ 変形直し05

別角度から見ると[目]  割れが入っています。
ラブリング カルティエ 変形直し06
できるだけ ぴったりと合うようにしてから溶接(ロー付け)し、補強します。

最終的にはここまで、円に持っていき研磨していきました。
ラブリング カルティエ 変形直し07

少しでも減りをなくしたいので研磨はほんとに軽くです。でも取れる傷は取っていきたい。
ラブリング カルティエ 変形直し08
バランスを見ながら研磨していきました。 なので、深い傷はそのまま残してあります。

別角度から見ると、、、[目]
ラブリング カルティエ 変形直し09
ラブリング カルティエ 変形直し10

変形による金属のシワを取るため、カルティエの刻印もかなり薄くなってしまいました。
ラブリング カルティエ 変形直し11
そして、なんとか無事納品できました[晴れ]

今回思ったのは、修理ってほんと難しい、、、です。
修理はマイナスの状態から どこまで回復させれるか、 だと思うのですが
その回復のレベルがお客様と僕とで統一されていればいいのですが
ぼく自身もどこまで回復できるか、分からない時があるんですよね。
そうなると、やれるだけ やってみます[exclamation×2] みたいな感じになってしまいます。

また、仕事を引き受けるか、受けないかでも
もしウチが断って、他のお店で直したほうがもっと上手に直せる可能性も
十分あります。 そう考えると断ったほうがいいの? などなど、、、
考えると修理の対応の仕方が広すぎるんですよね、、、[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

できるだけ修理前と修理後の画像をブログなどでUPしてアトリエエッグのレベルを
いい意味でも、悪い意味でも知ってもらう。 そしてあとは任せてもらう。
それしか今は思いつかないです。。。 修理の対応の仕方って難しい。。。[たらーっ(汗)]


※今までのアフターケアをエッグのホームページで見ることができます。
指輪の修理やサイズ直し ← こちらから移動できます。 ぜひご覧ください[晴れ]



結婚指輪の修理 [修理]

梅雨も明けて暑くなってきました~[晴れ]
そして久々の更新です[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
ちょっとサボりすぎたので、ここからドンドン ブログUPしていきます[手(グー)]

本日は結婚指輪の修理のご紹介[exclamation×2]
結婚指輪の修理01
娘さまの結婚式で身につけたい、ということで修理のご依頼でした、、、
ただ、もう永いこと身に着けていなかっため、結婚指輪はダイヤも取れ、、、

そして、サイズも合わない状態になってました。
結婚指輪の修理02

ということで、まずはサイズUP[exclamation×2] メンズは3番分のプラチナを差し込みました
結婚指輪の修理03

レディスはサイズ1番分 +1mmのプラチナを足します。
結婚指輪の修理04

そして、ダイヤ留め直そうと思い顕微鏡で確認したところ。他のダイヤも取れそうだったので
結婚指輪の修理05
一度、全部外しました[あせあせ(飛び散る汗)]  簡単に外せたため、いずれ全部取れていたと思います。

石留めの仕方は前回とは違います。 玉グリのよる4点留めにしました。 
結婚指輪の修理06
以前と同じようにレール留めると とても手間の掛かる修理となり、工賃が上がってしまいます。
なので、こんな方法もありますよ、ということでご提案しました。

これなら地金を盛るといった大きな手間も掛からず、すぐにダイヤを留めに入れます。
またデザイン的にも悪くないと判断しました[exclamation×2]

そして、石留めをして最終研磨、完成です~[晴れ]
結婚指輪の修理07

横から見ると[目]
結婚指輪の修理08
厚みムラ等はありますが、これは修理が難しいので、最初のままでいきました。

サイズ直し部分も綺麗に仕上げられたと思います。
結婚指輪の修理09
今回の修理では元々のデザインから、少し異なった修理となりました。
もちろん最初のデザインと同じようにしたかったのですが、難易度がかなり上がって
工賃も上がってしまうので、デザインと工賃的なことを考慮して仕上げました。

そして無事納品[exclamation×2] お客様にも喜んでもらえてよかったです(^^)

※今までのアフターケアをエッグのホームページで見ることができます。
指輪の修理やサイズ直し ← こちらから移動できます。 ぜひご覧ください[晴れ]



CADと切削機とワックス [製作]

暑いですね~[晴れ][晴れ][晴れ]
今年はかなり暑くなるということなので、ちょっと心配[あせあせ(飛び散る汗)]
エアコンはあまり得意ではないので29度設定の扇風機でがんばっています[手(グー)]

さて今回のご紹介は、、、
以前、CADを教えたことある子がCADデータを仕上げたので切削をすることに[手(パー)]
CADと切削機とワックス01
一度にまとめて切削したいのでこんな感じに配置にして切削用データにしました。
アイテムはピッケルのピアスです。

このデータで切削をかけると、、、
CADと切削機とワックス09
こんな感じに切削完了[exclamation×2]

こちらのCADデータも、、、
CADと切削機とワックス02
全長は約30mm 薄いところは0.8mmで作成しています。

切削完了~[exclamation×2] いい感じに切削できたと思います(^^)
CADと切削機とワックス05

先ほどのピッケルは角を落として丸みをつけます、、、
CADと切削機とワックス03
なんで、CADで最初から角落とさないの? と思われるかもしれませんが
データ作成の難易度が上がるためです、ハイ (^^;)
慣れてきたらもちろんCADで角丸めます[exclamation×2]

そして、こちらも角を丸めてピアス2セット終了~[晴れ]  全部シルバーで製作です。
CADと切削機とワックス04
このピッケルのピアス、実は一度製作しているんです[晴れ]
なにやら会社の方にプレゼントするとかで、、、(^^)
ただ、製作してみたら可愛いので自分用もほしいとのことで、今回は自分用に製作[手(グー)]
前回の気になった箇所もチャッチャとデータ修正できたみたいだし、少しづつCADに
慣れてきてるようです。 次は角を丸めたタイプのCADデータに挑戦してもらいます[パンチ]


さて、こちらはエッグのお客様のCADデータ
CADと切削機とワックス06
唐草柄の中にお互いのイニシャルが入っています。

そして仮製作のワックス。 これを見ながら気になった箇所にデータ修正を加えていきます
CADと切削機とワックス08

と、いう感じに今回はCADと切削したばかりのワックス、、、
そしてキャスト前の整えたワックスを載せてみました(^^)

さぁ、今日はこの後飲みです~ 九州の職人さんとの飲みです~ (^^)/
いろいろ勉強になるお話しを聞きながら美味しいビール、、、 最高です[晴れ]



槌目風 ダイヤ付き結婚指輪 [オーダーメイド]

今回のご紹介はオーダーメイドで製作した槌目風 ダイヤ付き結婚指輪です[晴れ]
槌目風 ダイヤ付き結婚指輪

エッグの【NO.23 】凹凸柄の結婚指輪を気に入られて、これをアレンジして製作しました[ひらめき]
※ ↑ 青色の文字部分から リングの詳細ページに移動できます。
槌目風 ダイヤ付き結婚指輪02


メンズはリング幅4.5mmにアップ、レディスは見た目はシンプルなレール留めの指輪ですが、、、
槌目風 ダイヤ付き結婚指輪03

でも、レディスの裏側は槌目風の凹凸柄が入れてあり、メンズと合わせています。
槌目風 ダイヤ付き結婚指輪04
画像だとちょっと分かりにくいですけど[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

最初にワックスを製作した時に比べるとだいぶデザインの修正が入っています。
槌目風 ダイヤ付き結婚指輪05
やはり、大きめのCAD画像では分かりづらい所も実寸のワックスだと好みと違う箇所が
見えてくるのかなぁ、と思います。 今回はリング幅が彼女さまのイメージと違ったようで
出来るだけ細くしてほしい とのことでした。 
なので、強度面を考えるとリング幅2mmはほしかったので、最終的には2.3mmで製作。

エッグではオリジナルの結婚指輪にちょっとしたアレンジから、大きく変更(オーダーメイド)
も可能です。 小さい工房の強みを生かしてこれからも製作していこうと思います[手(グー)]