So-net無料ブログ作成
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

オーダーメイドの吹き上がり(キャスト上がり) [製作]

おはようございます~[晴れ]
天気がいい~!!  なので自宅から工房まで歩いてきました
気持ちがよくて、テンションが高め^^

5月も最後の週です、今週もがんばっていきまっす[exclamation×2]
キャストも無事上がってきました。 
オーダーメイドの吹き上がり(キャスト上がり)01
今週一週間かけて仕上げていきます[パンチ] 、、、の予定[あせあせ(飛び散る汗)]

オーダーメイドの吹き上がり(キャスト上がり)02
18Kエンゲージ。 お客様のお手持ちのダイヤを両サイドに留めます。

オーダーメイドの吹き上がり(キャスト上がり)03
エッグのオリジナルリングで、お客様のご希望でリング幅を4mmにUP。
あと、オリジナルに比べてホワイトゴールドが幅太に見えるように比率を変更してあります。
ホワイトゴールド、、、少し黒っぽいほうです。

オーダーメイドの吹き上がり(キャスト上がり)04
セミオーダーの結婚指輪、桜柄です。
桜の配置や大きさのに気を配りながら彫刻しました。

オーダーメイドの吹き上がり(キャスト上がり)05
エッグのオリジナルですが、レディスはスタージュエリーさんのエンゲージと
セットになるようにアウトラインの修正をしています。

オーダーメイドの吹き上がり(キャスト上がり)06
お手持ちのダイヤをペンダントに、とご依頼をうけました。 ダイヤの大きさ約5mm。

さぁ~製作です[exclamation×2] 
5月も最後まで、がんばっていきます[ダッシュ(走り出すさま)] [ダッシュ(走り出すさま)]



作業の改善のために棚を作ってみました [道具]

5月納品の結婚指輪を製作中[ダッシュ(走り出すさま)]
工房の改善01
この後にキャストから上がってくるのも今月中[あせあせ(飛び散る汗)]
月末はバタバタ状態になりそうな予感が。。。。[たらーっ(汗)]

さて、今日ブログは
以前から机とバフの間の隙間が気になっていたのですが、、、
工房の改善02
なので、、、


こんな感じにキャスターの付いた作業棚を作ってみました~[ひらめき]
工房の改善03
棚には彫刻台が2つ[exclamation×2]
工房の改善09
右側はリングを固定して石留めをしたり、ミルを玉グリで押さえたりに使用。

左側は昔使っていたもので、ホコリの被っているの引っ張り出してきました[あせあせ(飛び散る汗)]
刻印を手押ししたり、キャラ目を打ったり、文字入れのほんの少しの修正の時に使用。
主にリングの裏側をいじる時に使ってる感じです(^^)
  
そして、コイツのいいところは、、、 作業机の下に潜り込むこと[手(グー)]
ステレスの柱の棒をカットして、高さを低くしました。
工房の改善04
作業中は両足で固定しています、ハイ (^^;)

そして、作業机の下に潜り込ませることで、、、
工房の改善05
スコープが使用可能になりました~[exclamation×2]
乱視のひどい 自分にとってはキャラ目打ちや、薄くなった刻印の入れなおし、
文字入れの修正、リング裏の石留めなどがつらかったんです[あせあせ(飛び散る汗)]
それがかなり改善した感じです。 今のところですが、、、、

工房の改善06
二段目にはキャラ目や彫刻台のオプションを置いてあります。

製作中はこんな感じにいつでも使えるように作業机の横に。
工房の改善07
こうして動かないおっさんになってしまうんですね、、、 (^^;)

工房の改善08
ちなみに以前はこんな感じで使っていました。

これも良かったのですが、
・彫刻台の下の板を出してくる
・スコープの位置を大きく上にずらさないとピントがあわない
 それに合わせて椅子の高さもずらす必要があった。
・重い彫刻台を運んでくる
というのが難点でした。  それが改善されたという感じです[パンチ]

今回の改善は集めたポイントで購入したのでタダです☆
「節約して、その分工具を買おう~[exclamation×2]」 企画はがんばっております(^^)

それでは仕事に~[ダッシュ(走り出すさま)]
よい週末を~[晴れ]



タグ:作業の改善

鍵の柄、メッセージが彫刻した結婚指輪 [結婚指輪]

今回ご紹介の指輪は、、、、
鍵の柄、メッセージが彫刻した結婚指輪02
鍵の柄、メッセージが彫刻した結婚指輪01
鍵の柄が入った結婚指輪[exclamation×2]
その他、レディスにはアイスブルーダイヤとメッセージが彫刻されています。

エッグのやさしいフォルムの結婚指輪【No,34】をベースにご希望の柄を入れたいという
ご依頼でした。  ちなみにオリジナル マリッジ【No,34】は、、、
or-m-34C[1].jpg
コチラ、、、  写真の撮り方で上のリングとだいぶ雰囲気は違いますね (^^;)

メンズの結婚指輪はオリジナルままのように見えますが
鍵の柄、メッセージが彫刻した結婚指輪03
リングの裏に鍵穴が彫刻されています[目] 
最初はレディスと同じように表面に入れる予定でいましたが、表面は無地のほうが
良いということでリングの裏側に入れることにしました。


そして、今回はこの指輪のワックスの製作工程もご紹介
鍵の柄、メッセージが彫刻した結婚指輪11
まずはレディス、、、  メッセージの入り具合を確認中。
リングが柔らかい感じの形状などで、書体はカチッとした感じではなく、
ちょっと崩れた感じでバランスをとってみました。

お客さまにワックスで確認してもらったところ、鍵柄やダイヤの位置関係を修正したいとのこと。
大丈夫です[手(パー)] ワックスであればデザイン修正可能です[パンチ]
レディスはデザイン修正後はOKをもらってプラチナで製作へ進みました[ダッシュ(走り出すさま)]

次にメンズです[exclamation×2]
鍵の柄、メッセージが彫刻した結婚指輪10
最初は表面に少し傾けて、彫ってご提案してみました。
ワックスをお見せしたところ、表面はシンプルが良いということで、、、
リングの裏側に鍵穴を彫刻することに。  実はそれはちょっと面倒でした[あせあせ(飛び散る汗)]

ただ[手(パー)] ワックス時はデザイン修正可能と謳っているので対応していきます[exclamation×2]

まずはリング裏側に入れる鍵柄のパーツを作製。
鍵の柄、メッセージが彫刻した結婚指輪04
画像、ちょっと見難いですね、、、
中央に鍵柄、そして指なじみ(リングの内側の角を丸めている箇所)も一緒に製作。

鍵の柄、メッセージが彫刻した結婚指輪05
リング本体も作って、パーツを差し込みました。
パーツの寸法、本体の切り取り部分も計算どおりで、サイズもぴったりでたので、、、

鍵の柄、メッセージが彫刻した結婚指輪06
接着~[exclamation×2]

鍵の柄、メッセージが彫刻した結婚指輪07
内側をならしていきます。
その際、ヤスリは出来るだけ使用せず、デザインカッターで盛ったワックスのみ切り取ります。
ヤスリだと削ってる最中に他の部分も当たる可能性があるのでそうしています。

鍵の柄、メッセージが彫刻した結婚指輪08
盛った部分をできるだけデザインカッターで切り取った後にならすため、
かる~くヤスリがけ (^^)

最後は表面を整えて、ワックス完成~[exclamation×2]  (上側が柄入れしたパーツ部分です)
鍵の柄、メッセージが彫刻した結婚指輪09
っと、こんな感じにサクサクとご紹介しましたが、実際には鍵柄の大きさや深さなど
微妙に違うものを何個も製作してからご提案するものを選んでいます[あせあせ(飛び散る汗)]

作り手さんによっては手でリング裏側に鍵穴を入れる方もいれば、
レーザー刻印で入れるところもあると思います。
エッグでは何個かワックスを作って見比べたい、というのがスタンスがあるので、
この方法で製作してみました。 

ということで、今回はワックス製作のご紹介をしてみました[晴れ]
さぁ~、これから大阪[ダッシュ(走り出すさま)] 石買ってきます[exclamation×2]
散策してきます~ (^^)/



パールのリングのサイズ直し [サイズ直し]

忙しい~[あせあせ(飛び散る汗)] なんか意味もなくバタバタしてる感じです。。。 (^^;)
なので、ブログは文字少なめでサクッ っといこうと思います[ダッシュ(走り出すさま)]

今回はパールリングのサイズ直しのご紹介[exclamation×2]
パールのリングのサイズ直し01
大きいパールでした、今回の南洋パールは[目]
しかも腕がゴールド(K18)なのでサイズ直しがし難いです。 -4番のサイズ縮め。

パールのリングのサイズ直し02
そして同時にルビーのリングもサイズ直し。
こちらもゴールド(K18)で、-4番のサイズ縮めです。

写真を撮り忘れしまってのですが、パールには両面テープを巻き、
その上にタコ糸を巻いて、さらにテープでタコ糸を固定しました。
できるだけ工具がパールに当たらないように仕上げていきますが、念のためです。

その後に4番縮めるので、4㎜カットして金属を寄せて密着させます。
そして難関の溶接~(ロー付け)[あせあせ(飛び散る汗)]
  
パールを熱から保護するために何重にもティツュを巻いて、水にドボンです。
リングの後ろ半分くらいが水から出てる感じで炎を当てて溶接しました。
パールのリングのサイズ直し03
腕が太くて厚みもあるので溶接は苦労しました。
正面側のパールは冷やして、サイズ直し箇所は溶接のために高温にします。
それって無理ありますよね~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

溶接箇所をヤスリで整えますが、キチンと溶接されてるかドキドキです (^^;)
パールのリングのサイズ直し04
無事、溶接が出来ていたので、さらに整えていきます[ダッシュ(走り出すさま)]

ちょっとビビリながらサイズ直ししたので、途中の画像がほとんどありません[手(パー)]

なので、、、

一気に仕上がり画像~[晴れ]
パールのリングのサイズ直し05
全体を新品加工したので18Kが黄土色からレモン色っぽくなっています。

パールのリングのサイズ直し06
側面もこんな感じ[ぴかぴか(新しい)]

パールのリングのサイズ直し07
そして、サイズ直しをした箇所です。

パールのリングのサイズ直し08
溶接した箇所が分からないように、そして元々のリングの形状を変えないように
サイズ直ししました。

ルビーのリングは、、、途中の画像なしでいきなり仕上がり画像です (^^;)
パールのリングのサイズ直し09
新品加工できれいになりました[晴れ]

パールのリングのサイズ直し10  
パールのリングのサイズ直し11
腕も小キズや軽い凹みをとって仕上げました。

パールのリングのサイズ直し12
そしてサイズ直し箇所[晴れ]
サイズ直し箇所がU字にゆるいカーブをしているとサイズ直しし難いんです。
4㎜もカットしてつなげるとU字からV字のようにカクッ っと角が出てしまうためです。
なので、出来るだけリングの幅を変えないように、でもアウトラインは滑らかに、、、
っと、気をつけながらサイズ直ししていきます。

さぁ~今月も中旬まで来てしまいました~[exclamation×2]
今月末は納品が集中しているので、がんばっていきます~[ダッシュ(走り出すさま)]


エッグのホームページでは今までのアフターケアの内容を見ることができます。
結婚指輪のサイズ直し、修理 ← こちらから移動できます。




アンティーク調の結婚指輪 [結婚指輪]

GWももうすぐ終わり。。。
今年はGW前に風邪をひいて、3日間もダウンしてました[あせあせ(飛び散る汗)]
社会人になってから、こんなこと初めてです。

今回は製作途中のアンティーク調の結婚指輪 のご紹介[exclamation×2]

お客様のご希望の柄が細かいこともあって
柄が上手く表現できる? というのと、正確なサイズ確認のため
一度シルバーでサンプルを製作することにしました。

あまりブログでお見せすることがないCAD画像です(^^;)
アンティーク調の結婚指輪01
切削機が動いてくれれば良いので、隙間の空いたスカスカなデータです[あせあせ(飛び散る汗)]

自分で最終的な指輪まで製作するため、時間を掛けて綺麗なデータを作成すると
いうよりは手作業で加工することも考慮しながらCADを使用しています。

葉脈がとても太く作っているのも、これを実際の指輪サイズに縮小すると
ペラペラな凸の線になってしまうため、出来上がりを考慮してデータ作成してあります。

アンティーク調の結婚指輪02
切削機で削りだした後、細かい部分はスコープで覗きながら手作業で彫刻していきます。
でも、、、 写真では柄見えませんね(^^;)

そして、シルバーで軽く仕上げたサンプルの指輪。
アンティーク調の結婚指輪03
サイズ確認とデザインのOKもいただけました[るんるん]
なので、ココからは一部 個人的に気になった箇所を修正しながら、
ゴールドで本番の指輪を製作します[パンチ]

ふぅ~、もうひとガンバリです[exclamation×2]