So-net無料ブログ作成
検索選択
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

50年前の指輪のサイズ直し [サイズ直し]

50年前の指輪のサイズ直しのご依頼が来たのですが
#14から#8への-6番縮め、、、
メイン部分は正面に集中しているので、大丈夫だろうと思い、お引き受けしました。

デザインはこんな感じ、正面はオパールが留まっています。
50年前の指輪のサイズ直し01
かわいいデザインです[るんるん] ダイヤのカットも今とは違い、カット数だいぶ少ないです。

50年前の指輪のサイズ直し02
大きなキズや凹みはないですが、小キズは付いています。
また、腕に黒いラインが入っていますが、溶接した跡になります。

50年前の指輪のサイズ直し03
石枠の裏側はこんな感じに。
腕の側面にも黒いラインが入っているのでどんな形状のパーツを溶接したか分かります。

と、ここまでは勉強になるなぁ、、、と思い気軽に見ていたのですが
いざサイズ直しに取り掛かるとかなり焦りました[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

6番縮めということは6mmカットして繋げることになりますが、、、
えっ~~、地金が寄らない[雨]
腕が二股に分かれてるからか、テンションが掛かっていました。

その時になってこのサイズ直しはヤバい、、、
「50年前の指輪」という言葉がかなりの重しに。。。[雨][雨][雨]
あと1mmというところでほんとに地金が寄らなく、焦りました。。。[たらーっ(汗)]

無理に地金を寄せようとしたら溶接部分にヒビはが入る?! とも思い
木槌使用不可にしてペンチと万力でゆっくりと時間掛けて、、、
何度も何度もルーペでチェックしながら、、、[目]
ようやく地金を寄せることがきました~[exclamation×2]
そして、溶接~[晴れ] 

途中の画像を撮ろうと思っていましたが、まったく忘れていました[あせあせ(飛び散る汗)]
というか、それどころではなかったですが、、、(^^;)


仕上がりはこんな感じに[晴れ]
50年前の指輪のサイズ直し04
研磨で幅や厚みができるだけ薄くならないように、今回は無理に傷や凹みを
追うのはやめて、ほどほどの仕上げでストップしてあります[手(パー)]

50年前の指輪のサイズ直し05
石枠の裏側は綺麗に磨きました[exclamation×2]

50年前の指輪のサイズ直し06
真円はでていません。 できるだけ真円に持っていくというスタンスでサイズ直しです[exclamation×2]

50年前の指輪のサイズ直し07
爪なども軽く磨いて仕上げました。
全体を磨き上げるとうっすらピンク色が出てきたと思います。
50年前の仕上げた直後はこの色合いだったんですね~☆
また時間を掛けて、ゆっくりと黄土色になっていくと思います(^^)

無事納品できて本当によかったです。
Sさま、これからはコレクションではなく、大事に身に着けてくださいね[晴れ]

それでは仕事にもどります[ダッシュ(走り出すさま)]


 エッグのホームページでは今までのアフターケアの内容を見ることができます。
 結婚指輪のサイズ直し、修理 ← こちらから移動できます。


アトリエエッグ【京都】は結婚指輪や婚約指輪をアレンジやオーダーメイドで作っている工房です。
作り手さんが直接お客様の対応をするので、気になることがあればお気軽にお問い合わせください。
         オーダーメイドで製作する結婚指輪|アトリエエッグ

やさしいフォルムの結婚指輪 アレンジで細く [結婚指輪]

京都も少しづつ暖かくなってきました~[晴れ]
自転車を押しながら、歩いて帰るものいい感じです[るんるん]

今回、ご紹介の結婚指輪は、、、
やさしいフォルムの結婚指輪 アレンジで細く01
アレンジで指輪を出来るだけ細くしたいというご希望でした。
やさしい印象の結婚指輪でしたから、細くしすぎると柔らか味が消えてしまうと思い
幅何ミリというご注文の仕方でなく、柔らか味を消さないで できるだけ細く、、、
といって製作の進め方をしました。

やさしいフォルムの結婚指輪 アレンジで細く02
センターにはアレンジで品質の良いダイヤを一粒留めてあります[exclamation×2]

元々のオリジナル指輪を比べてみると、、、
やさしいフォルムの結婚指輪 アレンジで細く03
このぐらい細くしてあります[手(パー)]

 ※ エッグのオリジナル結婚指輪 ← こちらから結婚指輪を一覧で見れます。

アトリエエッグではいろんなアレンジに対応しています。
幅はもちろん、石を留める、テクスチャーの変更などなど、
こんなのできるの?というご希望あれば、お気軽にお問い合わせください (^^)

また、お客様の対応している作り手が製作するので、作り面とデザイン面の
バランスを考えながらアドバイスさせてもらっています。

と、今日はアレンジ対応のお話でした~[晴れ]
それではお仕事にもどります[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]



 

ダイヤのリング、ルビーのリングのサイズ直し [サイズ直し]

ブログでサイズ直しのご紹介をしているとサイズ直しのご依頼が増えてきます[晴れ]
サイズが合わなくて、着けられない指輪が結構眠っているのかもしれませんね[眠い(睡眠)]
もったいないので、ぜひご購入されたお店にサイズ直しをしてもらってください(^^)

ということで、ダイヤリングとルビーのリングのサイズ直しのご紹介[exclamation×2]
ダイヤリングとルビーリングのサイズ直し01
お母様の持っていた指輪、センターダイヤは約1.0ctあります。
それを娘様が使いたいということでー2番のサイズ直しです。

ダイヤリングとルビーリングのサイズ直し02
サイズ直し箇所を見てみると以前のサイズ直しの跡が分かります[目]
百貨店の宝飾売場に持ち込んでサイズ直ししてもらったそうですが、
直してもらった当初から線は見えていたそうです。
かなり昔にサイズ直ししたということで、今なら百貨店の検品で通らないと思う[あせあせ(飛び散る汗)]

ダイヤリングとルビーリングのサイズ直し03
以前のサイズ直しした箇所を利用して2㎜カット[exclamation×2]

ダイヤリングとルビーリングのサイズ直し04
ピタッと合いました~ (^^)

ダイヤリングとルビーリングのサイズ直し05
溶接~[exclamation×2]  をして、軽く整えてます[手(グー)]

ダイヤリングとルビーリングのサイズ直し06
ここからはひたすら研磨です。 磨き上げていきます[exclamation×2]
最後に石ガタがないかチェックして、、、

そして、サイズ直し完了~[晴れ]
ダイヤリングとルビーリングのサイズ直し07
超音波洗浄機でダイヤもピカピカに[ぴかぴか(新しい)]

ダイヤリングとルビーリングのサイズ直し08
サイズ直しと同時に新品加工もするので腕もピカピカ[ぴかぴか(新しい)]

ダイヤリングとルビーリングのサイズ直し09
最後にサイズ直し部分もこんな感じに[exclamation×2]


同じくルビーのリングも新品加工をしてあります。
ダイヤリングとルビーリングのサイズ直し10
ダイヤリングとルビーリングのサイズ直し11
ダイヤリングとルビーリングのサイズ直し12
アトリエエッグではサイズ直しと新品加工をセットでお受けしています。
なので、お値段が高めに、、、[あせあせ(飛び散る汗)]  m(_ _)m

という感じで、今回も指輪のサイズ直しのご紹介でした [晴れ]

それではワックス製作に~[ダッシュ(走り出すさま)]


エッグのホームページでは今までのアフターケアの内容を見ることができます。
指輪のサイズ直し、修理 ← こちらから移動できます。


アトリエエッグ【京都】は結婚指輪や婚約指輪をアレンジやオーダーメイドで作っている工房です。
作り手さんが直接お客様の対応をするので、気になることがあればお気軽にお問い合わせください。


シンプルな花柄の結婚指輪 [結婚指輪]

2月です[exclamation×2] 早く暖かくなってほしい、、、
工房はホント寒いです。。。[雪]

今回、花柄の入った結婚指輪をご紹介~[晴れ]  
シンプルな花柄の結婚指輪01
お二人とも庭園に関わるお仕事をされているということで、、、
彼女さまはワンポイントにコスモスの柄が入った結婚指輪で[手(パー)]
彼氏さまはシンプルなデザインで厚みがある結婚指輪で仕上げてあります[exclamation×2]

シンプルな花柄の結婚指輪02
彼女さまの指輪の幅は約2mm。 コスモス柄 全体入れるスペースがないため
大小2つコスモスをバランスを見て配置しました。

シンプルな花柄の結婚指輪03

そして、こちらの結婚指輪にはステキなこだわりが[ぴかぴか(新しい)]
シンプルな花柄の結婚指輪04
お二人の思い出に衛星があったため、ラインをリング裏側 一周に入れ、
お互いの誕生石を衛星に見立てて留めてあります。
そして、メンズとレディスでラインがぴったり合うことをご希望でした。

ワンポイントでセット柄が合うようにするのは やったことはありますが
リングの裏側全体で入れるのは初めてだったので苦労しました[あせあせ(飛び散る汗)]
なので、、、
シンプルな花柄の結婚指輪05
こんな感じに0.4mm厚のワックスと本体と接着することに、、、

こんなイメージで製作。。。
見えないですが、手前のリング裏側にも同じような溝が有ります[exclamation×2]
シンプルな花柄の結婚指輪06
正直、この製作方法が正しいのか分かりませんでしたが、、、
レザー刻印だとリング一周で柄を合わせられるのか? 
指なじみの部分でラインに歪みが出るんじゃないか?
など考えると この方法で地金になってから、指なじみとラインを入れ直すことを選択[exclamation×2]
なんとか無事仕上がることができました~[手(グー)]


Mさま、この度はありがとうございました[晴れ]
お二人の末永いお幸せをお祈りしております。
そして、素敵な庭園を造ってくださいね~☆

さぁ~、帰ろう~[ダッシュ(走り出すさま)]