So-net無料ブログ作成
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

結婚指輪のサイズ直し(出来るだけ刻印を消さずに) [製作]

12月に入って、一気に結婚指輪のご注文が増えてきました!!
お得意様のオーダー店も調子いいみたいです(^^) ふぅ~、ウチも助かります~[晴れ]

今回は前回の引き続き、結婚指輪のサイズ直し[exclamation×2]
最近、ブランドさんの結婚指輪をサイズ直ししたい、、、でも刻印は消したくない。
というお問い合わせを最近いただくので、刻印は薄くなります。
もしくは消えます。 と答えていますが、どのくらい薄くなるのか言葉では難しいので
画像で載せることにしました[手(グー)]

まずは、、、 最初の状態の結婚指輪
カルティエ 刻印 結婚指輪
このリングをレディスは+3番、メンズは+1.5番にサイズアップです。

カルティエ 刻印 結婚指輪02
そして、ネックはカルティエの刻印と文字入れ(M to Y)が近すぎることです。。。 [あせあせ(飛び散る汗)]
なので、お客様にはできるだけカルティエ刻印を残しながら文字入れ直しをしますが
①カルティエ刻印を優先する場合は文字入れ直しが綺麗にできない
②文字入れ直しを優先する場合はカルティエ刻印が消える可能性があります。
と、お伝えして作業にかかりました。

上の画像のMの左側にPt950の地金を差し込んでサイズUPさせます。
また、文字入れ直しした際に書体が変わってしまうこともお伝えしました。

最終的には、、、 文字入れ直しもカルティエ刻印も消えることなくできました[exclamation×2]
カルティエ 刻印 結婚指輪03

もう一枚[exclamation×2]
カルティエ 刻印 結婚指輪05
カルティエ刻印の左側は少し曇ってはいますが、これ以上文字消しを追えば
カルティエ刻印が一気に薄くなると思い、ストップしました。

表面は、、、
カルティエ 刻印 結婚指輪04
綺麗になりました~[晴れ]
と、このぐらいの感じに刻印を残せるというお話でした。。。

今回は滋賀県からわざわざサイズ直しのために京都までご来店[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
3年間、結婚指輪を身に付けていなかったいうことなので、これからはずっと身に
付けてくださいね~☆ 

それでは今日は帰りますー[ダッシュ(走り出すさま)]


エッグのホームページでは今までのアフターケアの内容を見ることができます。
結婚指輪のサイズ直し、修理 ← こちらから移動できます。


※ アトリエエッグ【京都】は結婚指輪や婚約指輪をオーダーメイドで作っている工房です。
  ホームページでは過去に製作した結婚指輪やオーダージュエリーをたくさん載せている
  ので ぜひご覧ください☆ ⇒  京都西陣で製作する結婚指輪|アトリエ エッグ

カルティエ 3連リングの修理、そして、、、 [修理]

いよいよ12月です[exclamation×2] ほんとに早い[あせあせ(飛び散る汗)]
そして、あっという間に年末になってしまうんですね~[たらーっ(汗)]

さて、今回のご紹介はカルティエ3連リングの修理、、、
そして作り直しです。。。

持ち込まれたカルティエの3連リングは、、、
カルティエ 3連リングの修理
こんな感じ、、、[目][あせあせ(飛び散る汗)] いつもとは別の指につけたところ外れなくなってしまったとのこと。

結局ニッパーで切ってしまったので、、、、
カルティエ 3連リングの修理02
切り口もザックリの状態。。。  そして、切り口のすぐ横にはダイヤが留まってます[あせあせ(飛び散る汗)]

カルティエ 3連リングの修理03
ダイヤも取れている状態でした。

カルティエ 3連リングの修理04
まずはゆっくりと圧を加えて変形を直していきました。
今回は指輪自体にねじれ(タオルを絞ったような)がはいっていたので、
ヤットコでねじれをとりながら、リングの波打ってる状態を修正。

ピンクゴールドなのでとにかく硬い。。。 
08.jpg
およそ変形がとれてきたところで、、、
ザックリの切り口を糸ノコで切り取って溶接できるようにしました。
ダイヤも一緒に切り取って、後で留め直すことを選択。

溶接[exclamation×2]
カルティエ 3連リングの修理05
何とか真円を出すところまで持ってきました。 これでリングサイズが分かるので
どのくらいピンクゴールドを足せばよいのか分かります。

横から見ると、、、 こんな感じ。
カルティエ 3連リングの修理06
そして、修理はココまでと判断しました。。。
変形の修理の際に強度的に弱い箇所に負担が掛かります。
このリングでいうとダイヤの留まってる箇所がそこになりますが、ダイヤの穴が
広がってしまったこと、厚みが元々薄いのですが、さらに薄くなったことで決めました。

想定していたので極力そうならないように修理していましたが、
これ以上追ってもよくはならないという判断です。

今回の修理ではこうなる可能性もあることをお客様に伝え、それでも良ければ
お引き受けしますよ、ということで修理と作り直しの2通りのお見積もりを出していました。
もちろん、作り直しの場合は修理にかかった工賃はご請求しません[手(パー)]

カルティエさんや他のお店にもご相談してくださいね、とお伝えしていますが
それでもウチへ持ってきてもらえたので、アトリエエッグとしてできる範囲の対応を
していきます。

そしてココからは作り直し工程へ[ダッシュ(走り出すさま)]
カルティエ 3連リングの修理07
鋳造あがり

カルティエ 3連リングの修理08
リングを通して溶接[exclamation×2]
他の2本にはダイヤが留まってるため、水につけながらの溶接になります。

カルティエ 3連リングの修理09
指輪の裏側を整えて、サイズが出ているか確認します。

カルティエ 3連リングの修理 10
内側の次はリング側面を整えていきます。

カルティエ 3連リングの修理 11
そして、表面を整えて、、、 ちょうどピンクゴールドの正面部分がサイズ直し部分。

カルティエ 3連リングの修理 12
元の指輪からダイヤを外して、留め直しです。
一個無くなっていたダイヤは補充して留めました。

最後に磨き~[exclamation×2]
カルティエ 3連リングの修理 13
そして、完成~[晴れ]
カルティエ 3連リングの修理 14
ホワイトゴールドとイエローゴールドの指輪も軽く研磨。
ダイヤの近くと深いキズはほどほどの仕上げで止めてあります。

こういった修理はお店や工房によって、対応の仕方が違うので難しいです。。。
結婚指輪といった永く身に付ける物の修理は購入したお店や修理を受けてくれる
工房さんなど、何箇所かに尋ねて依頼することをお勧めします[晴れ]

それでは仕事に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)]


エッグのホームページでは今までのアフターケアの内容を見ることができます。
結婚指輪のサイズ直し、修理 ← こちらから移動できます。


※ アトリエエッグ【京都】は結婚指輪や婚約指輪をオーダーメイドで作っている工房です。
  ホームページでは過去に製作した結婚指輪やオーダージュエリーをたくさん載せている
  ので ぜひご覧ください☆ ⇒  京都西陣で製作する結婚指輪|アトリエ エッグ