So-net無料ブログ作成
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

唐草模様の結婚指輪を製作中!! [製作]

 今年もいよいよ終わりですね~[あせあせ(飛び散る汗)]
 ほんと一年は早いです[ダッシュ(走り出すさま)]

 ということで今年中に納品できるようにオーダーメイドの結婚指輪に奮闘中[exclamation×2]
 01.jpg
 後ろの指輪たちは取引先のお店からのご注文なのでぼんやりです、、、 m(_ _)m

 なので、先頭の唐草模様の結婚指輪をアップでご紹介[exclamation×2]
 02.jpg
 まったくデザインは違いますが、お二人がお気に入りの結婚指輪をセレクトされました。
 彼氏さまはウチのオリジナル結婚指輪を幅増しアレンジで4mm→5mmへ。
 彼女さまはセミオーダーで7mm幅の指輪を選択され、唐草柄に大き目のミルを
 入れてあります。 

 最初は下の唐草模様の結婚指輪を7mm幅で話を進めていました。
 結婚指輪 唐草 03
 頭の中ではこの指輪の7mm幅がイメージできたのですが、実際ワックスにしてみると
 唐草の柄がどうもしっくりこない。。。[あせあせ(飛び散る汗)]

 なので、急遽唐草の柄を修正したワックスも一緒にご提案させていただきました。
 2つのワックスを見比べてもらい、結局修正版の唐草で進めることに決定[exclamation×2]

 Uさま半完成品のサイズ確認まで、もうしばらくお待ちください m(_ _)m



 そして、、、
 今年は最後の最後にドタバタがありました
 04.jpg
 実はこのペンダント、来年上映される映画で使用されるかも、、、 ということで
 映画の小道具を担当している会社からのご依頼。
 大急ぎで製作したペンダントです~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)] (※ 一部ボカシが入れてあります)

 ただ[手(パー)]、実際には台本の修正が入ったとの理由で決まりませんでした。
 もしかしたら、デザイン的に他の作り手さんに競り負けたのでは、、、
 とも思っています、、、 (ToT)

 かなりテンション上がって[グッド(上向き矢印)] その後の[バッド(下向き矢印)] 凹みました [雨]
 まっ、こんなこともあるでしょうが、来年もめげずにがんばっていきます [晴れ]

 それでは製作に戻ります [ダッシュ(走り出すさま)]



結婚指輪の修理と加工 (画像掲載) [製作]

 今回は指輪の修理と加工を画像多めでご紹介[exclamation×2]
 画像が多いと文章が少なくていいので、助かります、、、 (^^;)

 さて、お客さまのお持ちになった指輪は、、、
 指輪の修理と加工 01
 今は使用していない2本の結婚指輪です。 
 この2本の結婚指輪を2連風の1本の指輪に加工して、また身につけたいとのご依頼でした。

 まず修理と加工の前に指輪の確認です。。。[目]
 指輪の修理と加工 03
 2本とも唐草の彫りが入れられたそうですが、、、
 小キズが多くてほとんど面影がありませぬ、、、[たらーっ(汗)]

 
 指輪の修理と加工 04
 こちらはサイズ直し箇所が少し割れかけています[あせあせ(飛び散る汗)]
 なので、まずはここの修理です。 ロー材を流して補強します[手(グー)]

 その後、そんな小キズの多い指輪を、、、
 指輪の修理と加工 05
 とても硬い素材でできた先端工具で小キズを取って修理します。 
 これはリング表面を削って小キズを取るというよりは地金のねばりを
 利用して表面を滑らかにしてキズを取るという感じです[手(グー)]


 この工具を使って結婚指輪の表面をなぞると、、、、
 指輪の修理と加工 06
 どうでしょう、、、 キズと細かい凹凸が取れているのがわかるでしょうか。。。
 これで取れないキズは地金を盛って修理するつもりでしたが、大丈夫でした (^^)/

 この後、形を整えながら慎重に研磨です。
 甲丸リングは面ムラがあると一般の方でも分かってしまいます。
 なので、表面の丸みにムラが出ないように丁寧に研磨です。
 指輪の修理と加工 07
 キレイに研磨をして、輝きが出てきました~[ぴかぴか(新しい)]

 さらに2本を溶接するために面をつけて、、、
 指輪の修理と加工 08
 できるだけ地金を削りたくないので、側面をコンコン叩いて面をつくって
 最後にヤスリで加工して整えます[exclamation×2]

 そして、溶接~ [パンチ]
 指輪の修理と加工 09
 いつものことですが、ここが一番不安でした [あせあせ(飛び散る汗)]
 地金に炎を当てるとプラチナと金の収縮率の違いで変形が生じることがあるので[手(パー)]
 ただ、なんとか無事にロー付け(溶接)終了~ [晴れ]  ふぅ~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

 真円とサイズの確認をしてから、 ロー付け部分を整えながら、もう一度磨きをすると
 指輪の修理と加工 10
 こんな感じに[るんるん] 最終研磨(バフ掛け)の前の状態です。

 そして、最後にバフがけと文字入れをして、、、
 指輪の修理と加工 11
 完成~[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

 指輪の修理と加工 12
 リングの裏側には元々刻印されていた内容を入れ直してあります。
 裏側にはロー剤の後が残っています、、、 が[手(パー)]
 これは元々は1本づつだった指輪を加工したため、どうしょうもないんです。。。
 なので、お客様には事前に了承済みでした。

 というのも指輪にはつけ心地を良くするため指なじみといって内側の角を
 ゆるやかに落としているため、指輪の内側の接合部分にはどうしても
 凹みが出来てしまいます。

 地金を一度溶かして、一から2連のリングを作る方法もありましたが、
 それだと無駄な地金が出てしまう可能性があったので、今の指輪を
 そのまま使って製作することを選択しました。

 あとはお客さまに喜んで使ってもらえればいいのですが、、、

 今回は指輪の修理と加工のお話でした~[晴れ] 

 それでは仕事に戻ります [ダッシュ(走り出すさま)]


  エッグのホームページでは今までのアフターケアの内容を見ることができます。
  結婚指輪のサイズ直し、修理 ← こちらから移動できます。



お休み ♪ [雑談]

 ついに12月、、、 今年も早いです [ダッシュ(走り出すさま)]

 11月はいつも忙しいのですが、今年はがんばりました~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
 01.jpg
 スケジュール表はこんな感じ、、、 
 後半はお店へのオーダーメイドの納品ラッシュでした。
 ちなみにSH-●●● のSHはシノザキ ヒロシの略です、、、  分かりやすい、、、(^^)

 なので、ひと段落ついた先週末はお休みを取って (^^)/
 02.jpg
 ちょっとお出かけ、、、

 03.jpg
 外でランチをとって、、、


 そして行った先は、、、
 05.jpg
 人生初の宝塚歌劇でした~[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]  館内は満員状態[exclamation×2]
 100周年ということで、踊りのところどころで100の人文字が[目]

 歌とダンス、、、そして、背中からでてる ふっさふさの羽根 (^^)
 おぉ~、宝塚歌劇という感じでした [るんるん] 

 工房に篭りがちだったので、ちょっと華やかな世界を楽しんで
 いいリフレッシュできました~[晴れ]

 さぁ~、12月もがんばります[パンチ]




 アトリエ エッグ は京都の西陣に工房をひらき、ジュエリーリフォームから結婚指輪と
 いったブライダルまで オーダーメイドを中心に製作している工房です。  たくさんの
 結婚指輪サンプルもご用意しているのでお気軽にご来店ください

〒602-8452 京都市上京区元中之町500 宮崎屋ビル M号室
TEL 050-3047-1819

タグ:宝塚歌劇