So-net無料ブログ作成
検索選択
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

テクスチャーを入れる彫金工具 [道具]

 今日で9月も終わりですね~ (^^;)
 一年の早さを感じますが、この時期の気候が一番好きです[晴れ]
 通勤時の自転車も、そして御所でまったりも気持ちがいいです[るんるん] 

 前回は身近なもので指輪を仕上げています、というご紹介でしたが
 今回はジュエリー用の彫金工具のご紹介[exclamation×2]
 01.gif
 針金のようなものが何本も付いていますが、、、

 これをリューターに取り付けて、指輪にバチバチと当てます
 02.gif
 なので工具名は「バチバチ」と勝手に名づけています[手(パー)]

 これがどんな仕上げになるかというと、、、、
 03.gif
 少しテカリのあるつや消しで、微妙に線も入る仕上げになります [目]
 ( 言葉で表現するとまったく意味不明です、、、 (^^;)  )

 ちょっとクセのある仕上げになるので、購入後しばらく出番がありませんでしたが
 この樹木柄の結婚指輪で使用してから大活躍の工具です[手(チョキ)]

 最後に石留めをして、、、
 04.gif
 かなりぷっくりとした太い爪なので留め難いんです[あせあせ(飛び散る汗)] [あせあせ(飛び散る汗)]

 最後に爪先を整えます、、、、
 05.gif
 (すいません、ピンボケしてます。。。。)

 そして、仕上がりは、、、
 06.gif
 樹木が連なったような結婚指輪で、リング1周にこの柄が入っています。
 女性用にはアクセントにぷっくりとした爪でダイヤを留めてあり、かわいらしさも
 出しています。

 気になる方はぜひ工房に見に来てくださいね[晴れ]
 今日はジュエリーにテクスチャーを入れるための工具のご紹介でした~[exclamation×2]

 それでは10月もがんばっていきます [ダッシュ(走り出すさま)]



仕上げに使う彫金工具 [製作]

 今回は仕上げの時に使う彫金工具のご紹介(^^)
 ジュエリーの製作の時に使う工具って、専門の彫金工具で仕上げるって思われるかも
 しれませんが、、、、 身近なものを使って仕上げてもいます[手(パー)]

 たとえば、、、、 厚紙[晴れ]
 04.gif
 黒い円柱の道具は皮用の工具で、これを厚紙の上でポカポカたたくと[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

 05.gif
 こんな感じの丸い厚紙の出来上がり[ひらめき]
 かなり分厚い紙も切断できるので通常の厚紙なら、まったく問題ないと思います。

 これをどんな時に使うかというと、、、、
 06.gif
 こんな感じの凸の柄の磨きに使用します。
 といっても最後の仕上げの工程で使用するだけなんですけどね、、、(^^;)

 07.gif
 そして、、、 この厚紙の微妙なボソボソ感がいい感じで、これに研磨剤を
 塗りつけてから磨くといい感じなんです[exclamation×2]
 平らな部分を使ったり、角の部分を使って細かい部分を磨いたりと
 いろんなところに使用できる先端工具です[パンチ]

 と、いうふうに 今回は身近なものも彫金工具にして指輪を仕上げているというお話でした (^^)


 先日、今年最後の甲子園に行ってきました~[晴れ]
 08.gif

 そして、、、 甲子園といえば、、、
 09.gif
                     ビール~[晴れ]

 3連休は仕事だったけど、いい息抜きができました (^^)

 それでは月末、がんばりまっす[exclamation×2]


 

個性的な結婚指輪の製作風景 [結婚指輪]

 京都も朝晩はだいぶ涼しくなってきました~[晴れ]
 ただ、昼間はまだまだ暑いですが、、、 (^^;)


 今日は製品のご紹介ではなく、個性的な結婚指輪の製作のお話です。。。
 ウチではサンプルを金やプラチナなどでなく、シルバーで製作するので
 気になるデザインはどんどん作りこんでいきます[パンチ]
 なので結果的に個性的な結婚指輪が増えくるんですよね[あせあせ(飛び散る汗)]

 そしてサンプルを製作するには、日ごろからこんな結婚指輪はいいかも[ぴかぴか(新しい)]
 という頭の中のデザインをまず紙に描いてみます[exclamation×2]

 というわけで、おおよそのデザインを描いてみて、、、
個性的な結婚指輪のデザイン画
 こんな感じにデザインを描いみて、そこからどれを製作するか絞ります。
 今回は右上の赤丸、ちょっと個性的なデザインの製作です[パンチ]

 このデザインをどうやったら上手に製作できるか[exclamation&question] などをあれこれ考えながら
 製作面とデザインのバランスを取りながら仕上げたのですが、、、、
個性的な結婚指輪の製作 失敗
 はい、失敗~ (ToT)

 溶接を失敗した後にさらに修正しようと火を当てたのでさらにハマッテしまいました [あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
 と、こんな感じに失敗もしますが改善箇所もだいぶ見えてくるので次回につながるように
 すべて書き出します。
 個性的な結婚指輪の製作 失敗 02
 今回は溶接の際の火の当て方などというより、コンビの組み合わせ部分を
 根本的に見直すことに、、、 そして鋳造の際のサイズの縮みなどもデータを取り、、、

 再度チャレンジ[exclamation×2]
 個性的な結婚指輪の製作
 地金の種類はひっくり返ってしまいましたが、なんとか仕上がりました~ (^^)/
 狙っていたサイズもぴったりでました[晴れ]

 と、さらに改善したい箇所と地金の種類を変更できる方法が思いついたので、、、
 再々製作[exclamation×2]
 個性的な結婚指輪の製作 02
 ようやく自分が思っていたデザインに仕上がりました~[晴れ]
 こんな感じに製作上の失敗やデザインの変更などを繰り返して
 個性的な指輪たちのサンプルが仕上ってきます (^^)

 ちなみ上のリングと同じように製作したのが、、、
 岩肌と甲丸の結婚指輪
 こちらの岩肌と甲丸のコンビリング [exclamation×2]  こちらも個性的な結婚指輪です[手(パー)]
 デザインはぜんぜん違いますが、コンビの組み合わせ部分は同じ作り方。
 なので製作しやすいです。
 

 ということで、、、
 今日はせっかく要領がつかめたのでいろいろなデザインで使わないともったいない[手(グー)][手(グー)]
 というお話でした[exclamation×2]

 あ、いや今日は個性的な結婚指輪の作り方のお話でした (^^)

 それでは、みなさま よい3連休にしてください~[晴れ]


 今回の2組の指輪はホームページでもご紹介しています。
 個性的な指輪  ← こちらから移動できます。
 岩肌と甲丸の結婚指輪  ← こちらから移動できます。



ねじれ柄のシンプルな結婚指輪 [オーダーメイド]

 天気のいい日が続いていますね~ [晴れ]
 なので朝早くに起きて、、、 御所へ[ダッシュ(走り出すさま)]
 京都 御所
 大好きな、御所マックです [exclamation×2] (^^)


 そして、まったり朝食後はダッシュで工房へ[ダッシュ(走り出すさま)]
 アトリエエッグ 京都 工房
 今の工房の様子はこんな感じです。
 パソコン2台で2人でがんばっています[exclamation×2] [パンチ]

 2台目のパソコンは棚に乗せて簡単に移動できるように工夫してあるので
 お客様が来る際には以前と同じ接客スペースとなります。

 さて、今回ご紹介の指輪は、、、
 ねじれ柄のシンプルな結婚指輪
 ねじれ柄のシンプルな結婚指輪[晴れ] 
 ご結納も無事終わられ、今日から指輪をつけます[exclamation×2]
 との嬉しいメールをいただきました[るんるん]

 ねじれ柄のシンプルな結婚指輪 02
 ウチでは人気のねじれ柄の指輪をうねりのある形状にしてあり、ふっくらした面は磨きで
 逆Rにはつや消しのテクスチャーで仕上げてあります。 ダイヤは最高級のものを使用。
 

 このお客様、最初に工房に来られた際には、、、、
 ねじれ柄のシンプルな結婚指輪 03
 かなりデザインが詰められておりました~  (^^;)

 うぁ~、このお客様、絶対に建築系の方だ~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)] と思いましたが、、、
 正解でした [手(チョキ)]

 話を聞いていくと別のお店でも相談しましたが、あまりいい返事がもらえなかったとのこと。
 プラチナとゴールドの計4パーツでリングを製作するのはかなり難易度が高いと思います。
 こちらもチャレンジということでお引き受けさせてもらいました。

 ただ、ワックスで形状を詰めていくうちにプラチナのみで製作でテクスチャーで
 コントラストをつけようということに落ち着きました。

 ホッとした気持ちもありますが、個人的にはコンビで製作してみたかったで残念です。

 でも、お二人が気に入られるのが一番大事だし、両家のご両親にも好評だったようで
 ひと安心でした [晴れ]

 Aさま、Kさま、お式は来年ですが、指輪は身につけられるとのこと。
 お式の前にぜひこちらに送ってくださいね。
 新品加工をして綺麗な指輪にして、お式を迎えてください~!!


 さぁ~、それでは製作に戻ります[ダッシュ(走り出すさま)]