So-net無料ブログ作成
検索選択
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

ジュエリー製作で使う薬品 [雑談]

桜が満開の季節ですね~[晴れ] ちょっと曇り空でしたが
週末はハイキングしてきました~[exclamation×2]
まったり桜を見ながらハイキング、そしてその後は飲み会(^^) 
いい感じにリフレッシュできました。 さぁ~、今週は納品ラッシュなので製作にがんばりまっす[パンチ]

ということで、今回のブログは薬品です[手(パー)]
01.jpg
ジュエリーの製作では欠かせない。 たぶん、6~7年ぶりに購入しました。

危険物なので届出をしてからしか買えませんが、硫酸です。
ただ、ジュエリーで製作で使うものなので薄めたものを購入して、さらに水でかなり薄めて使用します。
なので、仮に服などについてもその時は大丈夫です。 でも次の日には穴が開いていますが[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

どういう時に使うかというと、、、、
ロー付け(溶接)などで火をを当てた際に地金が変色してしまいます。
03.jpg
こんな感じにゴールドは黒くなってしまうのですが、これを薄めた硫酸に浸けると、、、

ビーカーに入れて浸します。
04.jpg

すると、、、、 こんな感じに本来の地金が戻ってきます[ぴかぴか(新しい)]
05.jpg
という、ジュエリーの製作では、こういった薬品も使ってるというご紹介でした~[exclamation×2]

・・・ あまりにもアッサリ終わってしまったので、製作中のワックスもご紹介です[手(パー)]
01.jpg
表面です。 22Kで製作予定で全長45mmほどあるので、かなり大きめのペンダントになります。
神奈川県在住のお客様だったので、メールで何度もデザインのやり取りをしてデザインを絞り込み、
ようやく形にできるところまで来ました。

裏面は文字がびっしりです。
プレートペンダント ワックス
いきなり22Kで製作するのはちょっと心配なので、一度シルバーで製作して
仕上げのテクスチャーを確認してから本番製作です(^^)

さぁ~、今日もがんばって製作です~[ダッシュ(走り出すさま)]



nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 4

ken

こんにちは、検索から来ました
手作業ではできない物ですね。個人レベルでは無理でしょうが差支えなければcadソフトと機材を教えて頂けませんか?こちらの分野に興味が出てきました。
by ken (2017-04-13 21:45) 

dosanko

kenさん、書き込みありがとうございます。
cadはライノセラス5.0を使っています。 参考本が少ないのがつらいですが使いやすいcadソフトですよ。 僕は本を見ながら独学しました、同じ本を何度も真似してやってみると、だんだん分かってきます。

切削機はローランド製のMDX-15を使っています。 価格が安いのに使い方の工夫することで、プロでも十分対応できるレベルだと思います。 ただ今は廃盤になっています。 ヤフオフで安く購入できるので、そちらで検討してみてはどうでしょうか。

両面切削の方法などもブログでご紹介してるので、ぜひそちらもご覧ください(^^)  http://atelier-egg.blog.so-net.ne.jp/2014-05-06

by dosanko (2017-04-14 09:42) 

ken

ご多忙中失礼いたしました。ありがとうございます。
手作業の味も良いですが、このように機械でしか出来ない小さい物もワックスで精度が出るものだなと感心していました。
cadデータを描くまでに時間はかかるのでしょうが、データが有れば試作が出来てしまうのも有利ですね。
最近の安価なCNCから来ていたのですが、本当に踏み込まないと難しい、でも趣味としてはアリなのかなという価格です。

by ken (2017-04-15 19:53) 

dosanko

kenさん、書き込み遅くなりました(^^;)

切削機はほんとに気軽に使えるので、試作をドンドン作れるのはいいですよ。 ぼくはCAD上の画面ではデザインの検討をあまりしなく、削ったワックスを見てから絞り込んでいくほうです。 なので切削機はぴったりでした(^^)




by dosanko (2017-08-25 14:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0