So-net無料ブログ作成
このブログと同じ内容を画像の目次ページ有りのワードプレスでもご紹介しています。
興味のある内容を探しやすくなっていると思うので、見やすいほうでご覧ください☆
       結婚指輪やオーダーメイド ジュエリーの製作の日々

前の10件 | -

オリジナルの結婚指輪(唐草柄) [結婚指輪]

9月も もう終わります[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)] ほんと早いです。
ただ、ハイキングにはちょどよい季節~[晴れ]
週末は登山にハイキング[exclamation×2] 久しぶりに土日の2日間 お休みもらっています(^^)

そして、やっとオリジナルの結婚指輪(唐草柄)が出来上がりました~[exclamation×2]
オリジナルの結婚指輪(唐草柄) 01
リング幅6mm、幅の太くボリューム感のある結婚指輪です。[パンチ]

そして、オリジナルが完成する前にご注文を頂き、製作したのがコチラ
プラチナでリング幅4.8mmで、少しボリュームダウンでのご依頼でした。
オリジナルの結婚指輪(唐草柄) 02
コ、コレ、、、いい~ (^^)/  と思いました。 (自画自賛モード突入中[たらーっ(汗)]
同時に18Kゴールドで試してみたい、、、 と思い。。。。


早速、ワックス製作、そして鋳造へ[ダッシュ(走り出すさま)]
オリジナルの結婚指輪(唐草柄) 03

そして、仕上がりました~[晴れ]
オリジナルの結婚指輪(唐草柄) 04
ちょっと、実物と画像で雰囲気が違います[手(パー)]
凹み部分はこんなに黒っぽくないです、実物の指輪は。。。。 [目]
ただ、何度撮影しても黒味が強いので、そのままUPしちゃいました[あせあせ(飛び散る汗)]

いいと思う~[晴れ]   2回目の自画自賛モード突入中。。。 (^^;)
オリジナルの結婚指輪(唐草柄) 05
リングという限られたスペースに唐草の柄を入れるって、結構難しいんです。
曲線の滑らかさや強弱、、、 そして空きスペースとのバランスなどなど、、、、
そういう意味では今回の蔦(ツタ)の唐草柄を良かったと思う (^^)

ということで、オリジナルの新作は6mmバージョンと4.8mmバージョンで製作することに[あせあせ(飛び散る汗)]
急ピッチで他のデザインも4.8mmのものを製作しています[exclamation×2]

10月中にはホームページでご紹介します[手(パー)]
それではちょっと散歩に行ってまいります。
週末は登山なので、ハイ[あせあせ(飛び散る汗)]



nice!(3)  コメント(6) 

ふぅ~、ひと段落(^^;) [雑談]

今日は天気がよかった~[晴れ]
手こずってた製作も終わって、ちょっと休憩、、、(^^)/
自転車で御所へ[ダッシュ(走り出すさま)] 
京都 御所
やっぱりいいです、御所は。。。 リフレッシュできます[exclamation×2]

そんな 手こずって製作していたのは、、、 こちらのリング[目]
リフォームで 取り巻き&共有爪は大変でした[あせあせ(飛び散る汗)]
お預かりしたダイヤの大きさも、形状も、質も違うからです[雨]
取り巻きの指輪 リフォーム
完成品はお客様に納品してから、ブログでUPしますm(_ _)m

もう一つ、K18で製作中の唐草(ツタ)の指輪。
唐草(ツタ)の指輪 ゴールド 18K
こちらもいい感じに仕上がる予感[るんるん]
仕上がったら、こちらもブログでUPします。

今日のブログはあっさり、バッサリ終わります。。。
たまにはこんなブログもアリだと思う、、、 無事に指輪も完成したし(^^)


nice!(3)  コメント(2) 

多肉植物を彫刻した結婚指輪(だるま秀麗) [オーダーメイド]

秋ですね~[晴れ] 窓全開の工房は気持ちがいいです[ぴかぴか(新しい)]
気持ちよすぎて、サイクリングに行きたくなってしまいますが、、、(^^;)

さぁ、いい頻度でブログupしていますが、、、
今回のご紹介は多肉植物(だるま秀麗)を入れた結婚指輪です[exclamation×2]
多肉植物を彫刻した結婚指輪01
お花を指輪に入れたいというのは何度もありましたが、多肉植物は初めてでした[あせあせ(飛び散る汗)]

ただ、お客さまのほうではほぼイメージが出来上がっていたので、極力それに近づけるように
製作していきます [パンチ]  お客さまからのデザイン画です[exclamation×2] 上手だ~(^^;)
多肉植物を彫刻した結婚指輪02

デザイン画を見ながら、CADで立体的にどう置き換えるかを確認してきます[パンチ]
って、難しいこと言ってますが、こうしたらいい感じに仕上げられるかな[exclamation&question]
多肉植物を彫刻した結婚指輪03
という感じでドンドンCADデータ作成です[exclamation×2]

そして、ドンドン形にしてきます。
形にすることで、アイデアが出てきますから[手(グー)] 下のリングは微妙にデザインが違います。
多肉植物を彫刻した結婚指輪04
何個か候補を作って、お客宅にお送りして、反応を確認します、、、が
今回はお客様のほうから、こうしてほしいと具体的な指示があったので形にしていきます。

上手なデザイン画が描けるぐらいなので、デザインイメージも出来上がってます。
そして、本番用のワックス完成~[晴れ]
多肉植物を彫刻した結婚指輪05

そのまま、キャストへ~[ダッシュ(走り出すさま)] プラチナとイエローゴールドです。
多肉植物を彫刻した結婚指輪06

今回のデザインは工具の当たらない箇所があるので、一度下地の色味を統一します。
ということで、サンドブラストを当てて、全部つや消しです。
多肉植物を彫刻した結婚指輪07
そして、ココからは研磨です[exclamation×2] 丁寧に磨いていきます~[ダッシュ(走り出すさま)]

そして完成~[ぴかぴか(新しい)]
多肉植物を彫刻した結婚指輪08

ちょっと見づらいですが、表面はつや消しです。
多肉植物を彫刻した結婚指輪09
その他、斜めの面や多肉植物は磨きです[ぴかぴか(新しい)]

多肉植物の隙間は磨けません。 その磨けない箇所(いじれない箇所)は色味に
ムラが出たりするので、、、 なので、サンドブラストを当てて色味を統一しました~[るんるん]
多肉植物を彫刻した結婚指輪10
そして無事納品できました~[晴れ] 気に入ってもらえて、ひと安心です(^^)

話はちょっとそれますが、今回の結婚指輪にはちょっと ご縁を感じました[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
というのは、一度ワックスOKを頂いて鋳造のため、東京の工場に送ったんです。
そして、工場内で工程に回ろうとしていた時にお客さまからデザイン修正のご連絡が[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
ストップ、間に合いました~[exclamation×2](^^)/
しかも、その日はぼくはお休みを頂いていたんですが、偶然忘れ物をして工房に[exclamation&question]
その時にご連絡があったんです。  こんな偶然あるんだなぁ~、と思いました。

そして、エッグもお客様のためにとてもがんばったのであります[手(グー)]
という自画自賛モードでブログは終わるのでした。。。

さぁ、製作しよ[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]



nice!(4)  コメント(2) 

ピラミッドスタッズ柄の結婚指輪(18K/Pt900) [結婚指輪]

今回のご紹介はピラミッドスタッズ柄の結婚指輪です[exclamation×2]
ただし、彼女さまはコンビ(プラチナ/ゴールド)でのご注文でした[あせあせ(飛び散る汗)]
男性はプラチナで製作[るんるん]
ピラミッドスタッズ柄の結婚指輪(18K/Pt900) 01
中央のピラミッドスタッズはプラチナで、両端はゴールド(18K)でのご注文。

ということで、ワックスではこんな感じに2つに分かれます[目]
ピラミッドスタッズ柄の結婚指輪(18K/Pt900) 08
両端の金の部分がとても細いので、ロー付け(溶接)の際の熱で変形しないかが
心配でした、、、(^^;)  でも、引き受けたからにはやるしかない[手(グー)]

ということで、キャストへ~[ダッシュ(走り出すさま)]
ピラミッドスタッズ柄の結婚指輪(18K/Pt900) 03
無事、キャストからあがってきました(^^)/
ココで変形が入っていたら、大変だったと思う[たらーっ(汗)]

慎重にゴールドのいらなくなった柱をカットして、プラチナパーツを差し込みます。
ピラミッドスタッズ柄の結婚指輪(18K/Pt900) 04
ほんとにピッタリでした[exclamation×2]  隙間をできるだけなくしておくことで、
その後のロー付けや整える際の手間がまったく変わってきます[手(パー)]

からげ線(細い針金)でガチガチに固定してから、ロー付け(溶接)です[手(グー)]
画像ありませんが、下準備をしながら火はこう当てようとか、全体をあっためるイメージとか
いろんなこと考えていると気分は、、、、[雨][雨][雨] こんな感じ(^^;)


そしてドキドキしながら、ロー付け完了~[晴れ]  
もうこの工程が終わった時にはホッとしすぎて放心状態。。。[いい気分(温泉)]
ピラミッドスタッズ柄の結婚指輪(18K/Pt900) 05
プラチナとゴールドの境目に18Kロー材が流れ込んでるのが分かりますかね?[目]
でもピラミッドスタッズとピラミッドスタッズの間の凹み部分には
ロー材が流れ込まないように適量の18Kロー材を使いました。
長い距離のロー付け(溶接)はほんと手強いです[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

別角度から見ると、、、 
ピラミッドスタッズ柄の結婚指輪(18K/Pt900) 06
途中から中央のピラミッドスタッズもゴールドです。
後々、サイズ直しができるようしました。 サイズ直しも難易度高そうです[あせあせ(飛び散る汗)]

リングの裏側から見ると、、、 綺麗に境目があるのが分かります。
スという小さな凹みをなく、いい感じに溶接できてます[晴れ]
ピラミッドスタッズ柄の結婚指輪(18K/Pt900) 07
ただし、磨いていくと照りが出てくるので境目が見えにくくなります[ぴかぴか(新しい)]
今回は真円を出した時にはほぼ目標の#8.5号もでて、助かりました(^^)


ココからは製作は一気に進みます[ダッシュ(走り出すさま)] 画像は撮り忘れましたが(^^;)


そして無事完成~[晴れ]
ピラミッドスタッズ柄の結婚指輪(18K/Pt900) 09

コンビもいい感じです[るんるん] 
ピラミッドスタッズ柄の結婚指輪(18K/Pt900) 10

レディスの指輪のサイズ直し部分は18Kゴールドのみです。
ピラミッドスタッズ柄の結婚指輪(18K/Pt900) 11
そして無事納品できました~[晴れ]
気に入ってもらえたとのメールも頂き、よかった~(^^)
サイズも製作途中で変更があったので心配でしたが、ぴったりということでした[exclamation×2]

今回のお客様は三重県在住のお客様からでした。 
ずっとメールや郵送でのやり取りで仕上げまでもっていきましたが、エッグでは遠方からの
ご注文も多いです。 ぜひこんなの出来るの? 等あればお気軽にお問い合わせください。

それでは製作に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)]


nice!(2)  コメント(4) 

唐草(ツタ)の結婚指輪 [オーダーメイド]

唐草(ツタ)の結婚指輪できました~[exclamation×2]
唐草(ツタ)の結婚指輪 01
蔦(ツタ)は枯れにくく育ちが良いことや、壁や木などに絡まると離れないことから、
「永遠の愛」「結婚」などの花言葉なので、結婚指輪にはデザイン的にも花言葉的にも
ぴったりだと思います[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]  個人的にはとてもお気に入りの柄です(^^;)


今回は埼玉県在住の方からのご注文で、ブログのこの画像を気に入られたということでした。
唐草(ツタ)の結婚指輪 02
サンプルの指輪として製作途中でしたが、ブログに載せていました。
あ、ありがとうブログ~[exclamation×2](^^)
広告など出せないエッグにはブログくんは大事な営業部長さんです[手(グー)]

上のサンプルはリング幅6mmで製作していますが、お客様のご希望で4.8mmに。
唐草(ツタ)の結婚指輪 03
細かい部分でデータ修正を加えて、、、、

ワックス製作です[手(グー)] 切削機でいったあと、手作業で柄の修正を加えました。
唐草(ツタ)の結婚指輪 04
いい感じに仕上がる予感[るんるん]

そして、キャストへ~[ダッシュ(走り出すさま)]
リング一周に唐草の柄が入っているため、内側に湯口が付いています。
唐草(ツタ)の結婚指輪 05
今回のキャストは全部 内側に湯口、、、
リング一周に柄が入っているので仕方ないのです[あせあせ(飛び散る汗)]

湯口のカットも慣れました(^^;)
唐草(ツタ)の結婚指輪 06

サイズ出しをして、柄の細かい箇所を整えます[目]
唐草(ツタ)の結婚指輪 07
溶けた金属を型に流し込む関係でワックスでいじらないで金属になってから
整えたほうが良い[手(パー)] ということがあるんですよね。
特に柄の入っているものはそういう箇所が多いです[あせあせ(飛び散る汗)]

凹み部分は強めのつや消しにするのでサンドブラストを当てました[exclamation×2]
唐草(ツタ)の結婚指輪 08
画像をよく見ると小さな白い点のようなものが見えますが、それがガラスのビーズです。
それをエアー利用して強く当てることで、こんなグレー色になります。

そして、ココからは凸部分の唐草などを磨いていきます。
唐草表面の丸みを崩さないように丁寧に研磨です。
その後、両端のミルも一つ一つ彫金工具を使って整えていきます。

ようやく完成~[晴れ]
唐草(ツタ)の結婚指輪 09

別角度から見ると、、、[目]
唐草(ツタ)の結婚指輪 10

唐草柄は今までたくさん製作してきました。 今回のツタはいい感じです[るんるん]
唐草(ツタ)の結婚指輪 11

この画像も好きです☆  自画自賛モードに突入中です。。。。ハイ(^^;)
唐草(ツタ)の結婚指輪 12
そして無事納品もできました~[晴れ] いつもながら気に入ってもらえるとホッとします(^^)
こちらはエッグのオリジナルリングなので18Kでサンプルを作ってみることにしました[exclamation×2]
テクスチャーの付け方も決めています[パンチ]

仕上がりましたら、またブログでUPしていきます。
それでは製作に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)]  いい週末を~[ぴかぴか(新しい)]


nice!(3)  コメント(2) 

パール付きリングのサイズ伸ばし [サイズ直し]

9月はいいですね~、散歩やサイクリングするにはちょうどよい季節です[晴れ]
帰宅の際には遠回りして、ブラブラしながらサイクリング~(^^)

パール付きリングのサイズ直ししました[手(グー)]
デザインはシンプルで、両脇にダイヤも留まっているタイプです。
あまり使用していないのか、綺麗な指輪でした。
パール付きリングのサイズ伸ばし 01
こちらのパール付きリングを#12号から#15号へサイズUP[exclamation×2]

サイズ直しする前に指輪をよく見て、チェックすると、、、[目]
パール付きリングのサイズ伸ばし 02
以前、サイズUPしているようです。 ロー目が残っています~[雨]
このままの状態から地金を足してサイズ直しをするとロー付け箇所が3箇所になるし、
ロー目が見えてるのも好きではないので、、、(><)

以前サイズ直し箇所をカットしました[exclamation×2]
パール付きリングのサイズ伸ばし 03
お預かりした指輪なので、できるだけ いじらないようにサイズ直しするのが基本です[手(パー)]

ただ、ウチで使用するロー材は融点が高いため、 以前使用していたロー材が悪さをする
可能性があり、ロー付け箇所が3箇所に増えるぐらいなら、カットして大きめパーツ1個で
ロー付け箇所も2箇所のままいこう[exclamation×2] という判断です。
そのほうが強度的にもいいし(^^)

パーツ製作して、挿しこみます。 
パール付きリングのサイズ伸ばし 04
うん、いい感じ、ちょうどサイズ15号になりそうです[晴れ]

苦手なロー付け(溶接)~、、、 ココから画像取り忘れ[あせあせ(飛び散る汗)]

一気に最終仕上げの画像です[たらーっ(汗)]
パール付きリングのサイズ伸ばし 05

そして最終研磨をしてサイズ伸ばし、仕上がりました~[晴れ]
パール付きリングのサイズ伸ばし 06

側面もピカピカ~[ぴかぴか(新しい)]
パール付きリングのサイズ伸ばし 07

サイズ伸ばし分も、、、 うん、いい感じです(^^)
パール付きリングのサイズ伸ばし 08

リング裏側も、、、綺麗に[ぴかぴか(新しい)] ロー目も消えてスッキリです[exclamation×2]
パール付きリングのサイズ伸ばし 09
という感じに、ほんのちょっと気配りしながら サイズ直ししているのでした、、、(^^;)

「サイズ直し」 どこでやっても同じだよと思われそうなので、、、、
エッグはがんばってます[exclamation×2] アピールしてみました(^^) 納期は遅いですが、、、[たらーっ(汗)]

それでは製作にもどります~[ダッシュ(走り出すさま)]



 今までのアトリエエッグでしたサイズ直しや修理をホームページで見ることができます。
  結婚指輪のサイズ直し ← こちらから移動できます。 ぜひご覧ください[晴れ]



nice!(2)  コメント(0) 

自分ができない修理の時、、、 [修理]

今回はいつもと違う内容。。。。  ちょっと独り言です。
いつかブログで書きたい内容だったんですけど、なかなか書けない内容でした(^^;)

お客様から修理のお仕事を頂くようになって、どのくらいたったんだろう、、、?(突然)
カルティエ 結婚指輪 サイズ直し
エッグのブログで一番読まれてる記事です。 カルティエの修理(サイズ直し)です。
    http://atelier-egg.blog.so-net.ne.jp/2013-07-21

いままでいろいろな修理やサイズ直しを受けてやってきましたが
どうしてもアトリエエッグでは修理できないご依頼もきます。
きわどい修理でレーザー溶接機などを必要とする修理です。
エッグにはそんな高価な機器はないので、もちろんお断りしますm(_ _)m

ただ、ほんとに困ってる方のお話を聞いてると、、、
ココならレーザー溶接機も有り、やれるかも、、、とお教えしています。
ブログやフェイスブック等を見ているとほんとに上手い職人さんっているんです。

んじゃ、どうやって、その薦める職人さんやお店を判断してるの?ということになりますよね。
ぼくは修理箇所の大きめ画像で判断しています。 
ウチのお店には腕の良い職人がいます。とか、 有名ブランドで働いました。とか
そういうところはあまり見てないかなぁ、、、 

ブログやフェイスブックをフラフラ~っと見てると、おっ、上手い[exclamation×2] っていうのを見つけると
過去の書き込みを見てみると、やっぱり上手なんですよね

大きめの画像で修理箇所を何枚か載せてるのは、お店や職人からしてもリスクがあります。
それだけ粗が見えるので、、、(><)
実際の指輪の3~5倍くらいの大きさでUPしている画像は一般の方が見ても、んっ?!
ロー目が見えてる、とか、なんか不自然、、、、とか感じると思います。
それでも載せてるということは、、、 書く必要もないですよね(^^)

ただ、そういう工房は工賃も高いと思います、それだけ修理に時間が掛かるので。
なので、大事なジュエリーはそういうところに依頼する。 というのがいいかもしれませんね。

ちなみにエッグも大きめ画像で載せていますが、、、、 違う理由です(^^;)
良くも悪くも修理のレベルはこのぐらいです、というアピールのために大きめ画像にしてます。
修理って、お客様の修理済みのイメージと実際の修理のレベルが一致していたら問題ないのですが、
言葉だけの説明ではそこが難しくて、、、 とくに説明下手な自分にとっては。
なので、修理内容を大きめ画像で載せています。


もし、お近くで修理屋さんを探すのであれば、お値段や修理の説明、そして、、、
大きめでハッキリした画像を載せてるか、ということで判断されるのも良いかと思います(^^)
今回は独り言、参考にしてもらえればです~☆

さぁ、今日は帰ります[exclamation×2] この後、焼肉であります[手(グー)]







nice!(3)  コメント(4) 

8月に納品、製作中の結婚指輪たち [結婚指輪]

8月はあっという間に過ぎそう、、、
なので、今月納品した結婚指輪や製作中のもをサクッとご紹介[exclamation×2]
また個別にCGのデザイン画や製作過程のワックスなどブログでUPしていきます~☆

まずはセミオーダーで製作した結婚指輪[ぴかぴか(新しい)]
桜の柄の結婚指輪 セミオーダー
エッグではお馴染みの桜の柄の結婚指輪です[手(パー)]
男性用はシンプルめで、女性用は桜を多めに配置してあります。
何度もデザイン修正、仮ワックスを製作しながらデザインを絞り込みました。

こちらもセミオーダーで製作した唐草柄の結婚指輪[exclamation×2]
唐草柄の結婚指輪 セミオーダー 01
正面には1.8mmのダイヤを留めてあります。

最初は唐草は凹みでご提案していましたが、ワックス確認の段階で唐草が凸に変更[exclamation×2]
唐草が凸か凹みで何が変わるかというとテクスチャー(色味)が真逆になります。

唐草はリング一周に入れてあります。 
唐草柄の結婚指輪 セミオーダー 02
なのでサイズ直しの際は柄が合わなくなる部分が出てくるんです[あせあせ(飛び散る汗)]


エッグのオリジナルの結婚指輪[exclamation×2]  地金でミル打ちと彫りを入れました。
アトリエエッグのオリジナルの結婚指輪
ミル打ちがウネウネしてるのはワザとですよ~[手(パー)]
手作り感をというか柔らか味を出したかったので、こういうデザインにしました(^^)

ちなみに、、、 ミル打ちや彫りを入れる前の状態[目]
アトリエエッグのオリジナルの結婚指輪02
リング全体にサンドブラスト(強いつや消し)を当てた状態です。


さぁ~、ココからはオーダーメイド&アレンジのワックス[exclamation×2]
ただ今 キャストのため東京に行っております[ダッシュ(走り出すさま)]

一見、唐草柄にみえますが正確には縁起の良いツタを彫刻してあります。
ツタの結婚指輪
蔦(ツタ)は枯れにくく育ちが良いことや、壁や木などに絡まると離れないことから、
「永遠の愛」「結婚」などの花言葉の意味を持ちます[ぴかぴか(新しい)]


こちらはお客様がデザインを描かれて、植物をデフォルメして表現した結婚指輪。
植物をデフォルメして表現した結婚指輪
なかなか手こずりました[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

最後はエッグのオリジナル、ピラミッドスタッズの結婚指輪です。
ピラミッドスタッズの結婚指輪
男性用はプラチナで、女性用は18K/Pt900でコンビで製作します[手(グー)]
なので、女性用はパーツ分けして、地金でロー付け(溶接)であります。

今週中にはキャストから上がってくるので、そこからは製作に全力投球です[パンチ]
月末はドタバタ状態になりそう、、、  がんばらねば (^^;)

では、サイズ直しに戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)]



nice!(2)  コメント(0) 

8月は、、、早い(汗) [雑談]

久々の更新になってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]
夏休みもあったせいか、ほんと一瞬で過ぎていく、、、8月

そんな夏休みはちょっと涼しい立山に行ってまいりました(^^)
02.jpg
左端が自分であります[目] 朝から温泉に入ってまったり登山、、、 ココまでは(^^;)

そこから目指す山は、、、 剱岳
01.jpg
とっても迫力のある山です。 見るからに[たらーっ(汗)]

実際、近くまで行ってみると、、、
04.jpg
こんなところを登ったり

こんな箇所を横切ったり、、、、
03.jpg

そして、なんとか無事に剱岳頂上へ~[晴れ]
05.jpg
ガスもかかっていなく、最高の眺めでした(^^)/  360度、こんな眺めです。

画像ではかなり怖いところをのぼっていますが、実際には鎖や鉄の杭が打ち込んであり
足場が確保されていたりで、整備されてる印象。 ただ、僕にとってはいっぱい いっぱいでした[あせあせ(飛び散る汗)]

という、リフレッシュできた夏休みでした~[exclamation×2] (^^)
さて、次回からは納品した結婚指輪や製作中のジュエリーたちをご紹介していきます[手(グー)]

では製作に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)]



タグ:夏休み 剱岳
nice!(2)  コメント(2) 

細かい部分を切削する刃(最研磨) [道具]

梅雨もあけましたね~[晴れ] 夏本番です[exclamation×2]
学生さんはもう夏休みなのか、通勤時も道に人が少なくなります。
そんなことでも夏を感じます(^^)

今回ご紹介は、、、 工具です[手(パー)]
03.jpg
切削機で使う刃で再研磨をして東京から戻ってきました[ダッシュ(走り出すさま)]

どんな形状かというと、、、
05.jpg
こんな感じに尖っていて、細かい柄なんかを彫刻する際に使います。
これを機械にセッティングして高速回転でワックスを切削していくんです[exclamation×2]

刃先は0.1mmということですが、、、 実際に切削すると結構太い線になったりします[あせあせ(飛び散る汗)]
まぁ、刃の形状を見ると分かりますが、だんだん太くなってますから、、、(^^;)
なので、細かい部分は顕微鏡で見ながら、手で柄を彫刻していきます[手(グー)]

シャンク径は4mmで、最研磨は1900円[exclamation×2]
新品で購入すると6000円(税込み)くらいだったと思います。
今回は5本再研磨したので、これで2~3年は大丈夫かな(^^)

ちなみにこの刃は購入も再研磨も下の会社でできます。
株式会社 シノダ   http://www.shinoda-es.com/
最近はジュエリーとは関係のない方からも切削機のお問い合わせメールを
頂くので、ご紹介しますね


最後はこの刃を使って切削&手で彫刻したワックスをご紹介[るんるん]
ミル打ちの柄を入れた結婚指輪
ミル打ちの柄を入れた結婚指輪

鴨川を表現したペンダント  空いたスペースに亀くんが入ります(^^)
鴨川を表現したペンダント

シンプルなカレッジリング
カレッジリング
という感じのものが彫刻できる刃です[exclamation×2] 青字に部分をクリックすると完成品が見れます。

さぁ~、製作に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)] よい週末を~[晴れ]



前の10件 | -